もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
アンデルセンの絵本 空とぶトランク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンデルセンの絵本 空とぶトランク

  • 絵本
作: 角野 栄子
絵: スズキ コージ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784097641124

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

トランクに乗って旅する男のゆかいな物語。
 空とぶトランクに乗ってトルコにやってきた男。楽しい物語を作って王子様を喜ばせ、お姫様との結婚を許されるのですが、お祝いの花火でトランクが燃えてしまい、高い塔の上に住むお姫様には二度と会えなくなったとさ…。

ベストレビュー

ろくでなしは、やはりろくでなしで…

【内容】原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1839年ごろ刊行された作品)
お金持ちの商人が死に、息子が商売を継ぐが、浪費ばかりして財産を使い果たしてしまう。何もなくなった息子に、友達が古いトランクを与える。「何か入れるように」と言われるが、居れるものがないので、自分を入れる事にした。
すると、トランクが飛行機のように空を飛び、外国に向かい…
…その後の展開は、是非とも本を読んで楽しんで欲しい。奇想天外なお話。

【感想】
ずいぶん昔の話なのに、全く古臭さを感じさせない。設定を変えれば、今の時代でも十分にあり得そうな話だと思った。仕事で大成功した人の、子どもはろくでなし。苦労知らずで、お金を湯水のように使い倒すダメ人間。彼の良いところは、明るくて、積極的に人生を楽しもうとするところだろう。そのため、途中まではうまくいくのだが、最終的には手堅い幸せは手に入らない。
人生はそんなにうまくいかないもの。空飛ぶトランクで大幸運をつかみ損ねた男が、その後どうなったか、物語には書かれていない。だからこそ、いろんな想像をして楽しめる。今の時代でも、親の財産を使いつぶしたり、いろんな事業を立ち上げてはつぶしてを繰り返したり、途方もない計画をいつまでも追い求めている人はたくさんいる。時々、努力が実る人もあるけど、多くは、はかなく消えていく。派手な花だけ咲かせるだけで、後には何も残らない。それも、一つの生き方で、その人なりに人生を楽しめればそれでいいのだろう。(親類縁者は大迷惑だが)童話というよりも、人生教訓的に私は受け取った。

絵描きの腕前が素晴らしく、限られた色数で無限の世界を表現していて圧巻。特に、最後の場面が感無量だ。
どうでもいいつっこみだが、落ちぶれた友達にトランクをあげた友人の、ファンキーな感性が面白い。あまり実用的でも、すぐに役に立ちそうなものでもないものをプレゼントするなんて、素敵じゃないか。お洒落だ。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / わたしを わすれないで / おばけのアッチとくものパンやさん / さあ、なげますよ / わたしおべんきょうするの / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん

スズキ コージさんのその他の作品

やまのかいしゃ / コーベッコー / ドームがたり / でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

アンデルセンの絵本 空とぶトランク

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13




全ページためしよみ
年齢別絵本セット