しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ミシンのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミシンのうた

  • 絵本
作: こみねゆら
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月13日
ISBN: 9784061325678

読み聞かせ:4歳から 
ひとり読み:6歳から
220×270mm/32ページ

みどころ

街の古い洋裁店で見習いをする女の子。朝からずっとおつかいに届け物、そしてお店が終わればお掃除をして。そんな彼女がいつも気にしているのは、ウィンドーに飾られている古い小さなミシン。
「まわしてみたいな てまわしミシン きっとかわいい おとがする。」

ある満月の夜、女の子はミシンに呼ばれているような気がして、屋根裏部屋から降りてきて、誰もいない店の中でミシンをそっとまわしはじめるのです。
カタカタカタ カタカタカタ、ミシンは歌い出します。
知らない村の、知らない歌。
気がつくと、女の子は大きな服を完成させています。
店の主人には怒られたけれど、その服はお客さんに買われていきます。
一月たった次の満月の夜、更にその次の満月の夜も女の子はミシンに誘われるままに服をつくります。
でもある満月の夜、なんだか懐かしいような気がして・・・。

100年も前の小さな手回しミシンをめぐる、不思議な物語。
ミシンが過ごしてきた日々や、縫い上げてきた様々な服が女の子に触れられることによって思いだされていくのでしょうか。カタカタカタと音をきざみながら美しい音色と風景が浮かび上がっていきます。その中で夢中になってミシンを回す女の子の姿は本当に幸せそう。そうやって彼女は自分の運命をも切り開いていきます。

作者のこみねゆらさんのお宅にあるアンティークの手回しミシン。普段から愛用されているそのミシンの美しい姿は絵本の最後に紹介されています。どんな思い出から生まれてきた物語なのでしょう。想像をめぐらせながら、この女の子の紡ぎ出す世界を存分に味わってくださいね。なんだかこの絵本を読みながら、叔母さんに作ってもらった一張羅のワンピースを着て外を思いっきり駆け回りたい!と夢見ていた子どもの頃の自分を思い出しちゃったりして・・・。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ミシンのうた

出版社からの紹介

見習いの女の子が、ミシンを動かしたことで、いろんなお客に出会い、新しい運命がひらかれます。どこかなつかしい、ふしぎなお話。

ベストレビュー

満月の夜の魔法

こみねゆらさんの絵本だったので、図書館から借りてきました。満月の夜に起きるとても不思議な出来事は、まるで魔法のように思いました。満月の夜に洋裁店の見習いの女の子が、カタカタカタと小さい歌を聞きながらチョンチョンチョンハサミで切ってカタカタカタ ミシンをまわす。するとミシンが歌いだして、女の子は、服を作り出して・・・・・・・・とても落ち着いたお洒落な絵も素敵でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こみね ゆらさんのその他の作品

こどもべやのおともだち アンナとビイプ / もりのちいさなしたてやさん / 若草物語 / もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

ミシンのうた

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット