新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
うさぎ屋のひみつ

うさぎ屋のひみつ

  • 児童書
作: 安房 直子
絵: 南塚 直子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1988年02月
ISBN: 9784265928361

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
A5判 22.0×16.0 132頁

出版社からの紹介

夕食配達業をはじめたうさぎを描く表題作ほか、「春の窓」「星のおはじき」「サフランの物語」を収載。第2回赤い鳥さし絵賞。

ベストレビュー

人間の欲望は限りなく

「うさぎ屋のひみつ」「春の窓」「星のおはじき」「サフランの物語」が収録されています。
「うさぎ屋のひみつ」は、若い奥さんの描写から始まります。

「この人は、とてもかわいらしく、気だてがよかったのですが、困ったことに、たいへんなまけ者でした」と。「かたづけもめんどう、おそうじもめんどう」と、書き出しで妙に共感してしまいました。

そんな奥さんのところにやって来たのは、「夕食配達サービス」のうさぎ屋でした。

初出は1985年の「母の友」、80年代のバブルの時代、家事の代行や配食サービスが始まった時期と重なりそうですね。

さて、うさぎ屋の代金の支払いは、アクセサリーを一個なのです。それで、とびきりおいしい食事が提供されます。

こうなった場合、頼んでみたいという奥さんはいるでしょうか?気軽な気持ちで始めたことなのに、気がついたら泥沼にはまっていたということが現実でもありそうですね。

人間の欲望は限りなくそこに怖さを感じます。

最近、「雪の女王」を読み返してみて、安房直子大切な人を取り戻しに行くお話は、アンデルセンに影響を受けているのではないかと思うようになりました。

「サフランの物語」は、女の子をおばあさんに連れ去られて、行方を探すお母さんのお話です。「声の森」や「初雪のふる日」などの安房作品を彷彿とさせます。

安房作品といえば、異界や異形のものとの交流。「春の窓」はそこにロマンスも加わったロマンチックな作品だと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,540円
1,650円
1,320円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

7,700円
11,605円
495円
847円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

うさぎ屋のひみつ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら