庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

こびとのくつや」 みんなの声

こびとのくつや 作:グリム
絵:バーナデット・ワッツ
訳:ささき たづこ
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年
ISBN:9784890138029
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
「こびとのくつや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ろうそくのあかりで

     グリム童話のお話。いろいろな方が挿絵を描かれているので、読み比べも楽しいです。
     貧しいくつやのために、こびとたちがくつを作ります。そのくつは、どんどん売れていきます。最後のページ、大きなお店になりましたね。

     ろうそくのあかりで、こびとたちが靴をつくっている場面が、ほほえましいです。こびとたちのおそろいの服も、カワイイなと思いました。

     やさしくあたたかい色で描かれた大型の絵本なので、小さな子も楽しめます。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心あたたまる童話

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子15歳、女の子10歳

    大好きな童話なので、読み聞かせボランティアで読んでみたいと思っていました。
    この絵本は絵がとても素敵で、大きさもちょうどよかったです。
    年末に2年生の教室で読みました。

    こびとが歌う場面は「森のくまさん」のメロディーに載せてみました。
    歌うのはすごく恥ずかしかったのですが、子供たちは話に入りこんでいたせいか、何も言われませんでした。
    自信がついたのでまた冬になったら読みたいと思います。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落ち着いた絵と文章

    • Eryさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    画集のような絵本を探していたところバーナデット氏の絵に一目惚れし購入しました。
    3歳児に読むには絵と文章が落ち着きすぎているかなと思いましたが、意外にも気に入っていました。
    小人というとかわいらしい子供を想像しますがこの絵本に出てくる小人は裸のおじさんです。娘は「おれたちゃほんとにすてきなこびと くつやのしごとはもうおしまい」の台詞を適当なメロディに乗せて歌うのがお気に入りです。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 背景に奥行きがあります

    『こびととくつや』と『こびとのくつや』。
    同じ話なのに微妙に違うこのタイトル。
    心なしか、バーナデット・ワッツの絵本は貧しい靴屋さん一家の姿が印象的です。
    夫婦だけではなく、子どもたちもいたのですね。
    小人たちは小人たちのままの大きさで描かれていて、靴を作るのも、靴の生地が置かれたテーブルに昇るのも大変そうです。
    この絵本には絵のストーリー性と家族の温もりを感じました。
    でもタイトルにあるように主人公は小人たち。
    小人たちも立派な靴屋さんです。
    お礼を受け取った二人はゆったりと退場します。
    これからどこに行くのでしょうか。
    心温まるお話です。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本

    幼稚園の発表会で「こびとのくつや」の劇をしたことがあり、子供のリクエストで、絵本で振り返ってみました。

    短めにまとめられたお話で、漢字には振り仮名もあったので、子供が自分で読むことができました。

    温かみのある素敵な絵は、このお話の雰囲気にぴったりだと思います。

    掲載日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい

    バーナデット・ワッツの絵、素敵です。
    元々あったかい物語ではあるけれどこの絵のせいで
    もっともっとあったかい気持ちになります。
    こびとさん達のためにおかみさんが作ったお洋服も
    素敵!このページを眺めているだけでも楽しいです。
    考えてみれば、「靴屋さん」というお仕事も誰かの
    ために愛情こめてもの作りをするいいお仕事ですものね。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    2歳8ヶ月の息子に読んでやりました。

    有名な話のようですが、恥ずかしながら私は初めて読みました。大きな版の絵本で、繊細な絵が隅々まで楽しめます。

    話の展開は、私はどうもピンとこなかったのですが(単に文化的に馴染みがないというのでしょうか・・・)、息子は気に入った様子で、何度も読んでくれとせがまれました。

    これ1冊だけ借りて来ただけなので、他のとも読み比べてみたいと思います。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ストーリーは説明するまでもない有名なグリム童話です。
    この絵本はバーナデット・ワッツさんが絵を描かれていて、全体に色調が暗めながら、繊細で美しい一冊です。
    貧しくても、家族仲睦まじくあたたかい暮らしを営んでいる様子が伝わってきて、読んでいると心がほっこりとしてきます。
    あちこちに顔を出すネズミ探しをするのも楽しいですよ。
    文章はそれほど長くないので、幼稚園の年少さんくらいから楽しめると思います。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても美しい絵本

    ワッツの絵が好きなので、読んでみました。

    グリム関係の絵本をたくさん出していますよね。

    小人が裸なのに驚きました。息子が言うには「だから服を作ってあげるんじゃないか」と。

    それはもっともな話ですよね。

    「こびとのくつや」の絵本はたくさん出ているようですが、繊細で美しい色づかいはワッツならではでしょうね。

    とても美しい絵本だと思います。

    読んでいてクリスマスが出てくるのにも驚きました。

    前は気にも留めていなかったのですが、クリスマスの話でもあるんですね。気がつきませんでした。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!グリム童話絵本

    有名なグリム童話のお話の1つ。
    幼少のころ大好きなお話の1つでした。
    文庫では結構色々グリム童話のお話もでていますが、なかなか絵本ではお目にかかる機会がありませんでした。

    この絵本バーナデット・ワッツの挿絵がすごくほんわかとしており、素敵に仕上がっています。
    くつやの亭主、奥さん、小人、それぞれがとっても可愛らしく描かれていて、奥さんの作った洋服を着た小人の姿がほほえましい。

    そんな素敵な挿絵に可愛らしい小人たちがでてくるお話とあって息子も聞き入っていました。

    ただ少し翻訳が堅いというのか、私には読みづらかったのが残念です。

    掲載日:2006/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おちゃのじかんにきたとら / キャベツくん / ピン・ポン・バス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット