大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ふゆのよるのおくりもの」 みんなの声

ふゆのよるのおくりもの 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年11月
ISBN:9784591033869
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,640
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • クリスマス絵本

    園に置いてあって、お迎えにいくたびに娘が読んでと持ってきます。
    こちら、クリスマス絵本ですね。
    サンタクロースさんが待ち遠しくて泣いてしまう気持ち、とてもよくわかります。
    そしておばあちゃんが、一番嬉しかったプレゼントは二人が生まれてきてくれたことだよと伝えるシーン。じーんときました。
    素敵なクリスマスですね。

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が初めて気に入った本

    いつも通う耳鼻科の病院にたくさん本があり、娘が一歳の時、生まれて初めて気に入った本です。通院のたびこの本を、読んで〜と持ってくるので購入しました。ツリーや赤ちゃんやクッキー、泣くシーンの絵など娘が興味があるものがでてくるので、楽しい本のようです。内容も、夢があるストーリーになってます。お父さんがクッキーを取りに行くシーンは、もしやプレゼントをおいたのは。。?と大人が読むと、あ!って思うところもあり私も好きです。娘はただいま2歳半ですがまだ好きなようで、これ読んでと持ってきます。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳の娘と一緒に読みました。
    モミの木を飾ったり(モミの木を買いに行くところから描かれているのがいいですね!),サンタさんにお手紙を書いたりと,クリスマス雰囲気たっぷりの絵本なので,まさにクリスマスシーズンに読みたいですね。
    サンタさんの存在がこの季節の子供にとってどれだけ大きいかが感じられ,愛らしい絵本でした。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のお友達の家には、クリスマスイブよりもちょっとだけ
    早くサンタさんが来たところが何軒かあったようです。
    イブにおでかけしてしまうから・・とか、23日がお休み
    だから、その日にもらったプレゼントで遊びたいからサンタ
    さんにお願いした・・とか。
    最近のサンタさん事情っていうものがあるのだなあと
    しみじみしていたのですが、この絵本でも、イブにおでかけ
    してしまうティモシーとサラが、サンタさんが留守にしていても
    きちんと来てくれるのか、とっても心配しています。
    泣いて「おでかけしたくない」とまで言い出します。
    そうですよね、子ども達にとっては重要なことですものね。
    でも大丈夫、サンタさんはきちんと来てくれていました。
    イブにおでかけする予定があるおうちではこの絵本を
    事前に読んでおくといいかもしれないですね。

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 留守の日は…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    クリスマスにはサンタさんが来るから留守にしたくない!
    …言われてみればこどもからしてみればそうですよねー。あまりその発想はありませんでした。
    こどもにとっては気になるお話。いったいどうなるのかなーと思いながら読みました。
    かわいい絵柄のクリスマスのお話でした。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賛否両論が面白い。

    図書館のすみに ゴソっとした絵本の山積みがあり、その中から、息子が、宝物を見つけたかのように ティモシーとサラの本を取り出しました。
    なんとなく時代遅れな絵柄に、書庫にでも入れられる絵本がまとめてあるんだな、と勝手に思い込んでました。

    ところが、ティモシーとサラがのびのびと遊ぶ世界に 息子は夢中になり、シリーズで借りたり、息子の中で「ティモシーとサラブーム」になっていました。

    ちょうどクリスマスの時期、今度は書店で、「ふゆのよるのおくりもの」が平積みされてるのを発見し、「まだ再刷されてたんだ!」と私がびっくり。

    ティモシーとサラって一体なに!?
    気になって、絵本ナビのレビュー見まくりました。


    色々な意見がありましたが、結局、息子の喜ぶ顔が見たいなーと思い、クリスマスに「ふゆのよるのおくりもの」をプレゼントしました。

    仲良しの双子や、おいしそうなおかし、優しい家族。
    このお話には、かわいい赤ちゃんが登場していて、息子はくぎづけでした。
    子どもが夢見るキラキラ素晴らしい世界が描かれていて、大人だったら面食らっちゃうくらい…。
    目を輝かせて 絵本を見ている息子を見て、「不思議な本だな」と思いつつ、そんな息子がとても羨ましく感じられる本でした。

    レビューでの賛否両論。これぞ絵本ナビって感じで参考になりました。
    本当に、子どもと大人の評価の温度差があり、そのモヤモヤした気持ちを皆さんのレビューを見ながら、そうそう!と納得することで落ち着かせることができました。

    掲載日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の愛は続いていく

    「わたしがうまれたとき、うれしかった?」
    本の中に出てくるフレーズですが、
    この本を読んでから娘がニコニコしながら家族中に聞いてまわっています。
    おともだちとの関わりや、親にしかられたりして自信を無くしても
    自分が生まれてここにいることでみんなが笑顔になってくれる、
    そんなことを小さいながら感じているのかもしれません。
    …感じてくれているといいなと思っています。
    子供がこの本に出会ってから祖父母に対しても優しい言動が増えたのが嬉しかったです。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いよいよ12月にはいると あちこちでクリスマスモードです

    双子のこねずみのティモシーとサラは家族でお買い物に行き クリスマスノ飾り付けしたりクッキー焼いたり お父さんお母さんたちと幸せな時間を過ごしています
    でも〜 
    心配なことが おじいちゃんおばあちゃんの家に行くことになり哀しくて・・・サラは泣いてしまいました
    山の中を車で走って 車の中で眠っている姿が何とも愛らしいのです
    おじいちゃんお婆ちゃんの家でクリスマスパーティーはとても楽しそう
    おじさんの所の赤ちゃんもかわいい
    お婆ちゃんは 二人が生まれたときのことを話してくれたり お父さんのことを聞いたり
    かぞくっていいな〜と思える絵本です
    何より子どもたちに取ったら クリスマスは夢のようなとても大切な事なのですね!
    いいな〜 いいな〜 子どもに戻れたら こんな気持ちでサンタサンを思うことができるんですね

    かわいいお話しで 目がキラキラしていました

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスのお手本です!

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    もう、かわいくてかわいくて、大好きです。
    クリスマス準備のお買い物に行って、家でツリーの飾りつけ。赤い実とポップコーンを糸でつないでもみの木に飾るなんてオシャレです。そのあとは、パパも参加で家族そろってクッキー作り。クッキーはおじいちゃんの家に行く時のお土産とサンタさんへのプレゼント。クリスマスにおじいちゃんの家に行くのに、サンタさんが子どもがいない家と思ったら大変と涙ぐむ子どもたちに、お母さんがサンタさんに手紙とクッキーを置いて行きましょうと提案します。おじいちゃんの家から帰ったら、ツリーの靴下はこんもり膨らんでいて、置いておいたクッキーはちゃんと食べてあるのです。
    家でクリスマスを楽しむ演出の参考になる絵本です。もちろん絵本の子どもたちもパパママの演出はわかっていません。子どもにばれる心配はないので大丈夫です!

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても可愛い

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と2歳の子供達に読んでいます。とっても可愛い絵で、ゆっくり隅々まで眺めたくなります。
    娘の方がこの絵本に愛着あるようですが、5歳の息子もとても楽しんでいます。家族構成が我が家と一緒なので親近感を持って読んでいます。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット