庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かえるくん すやすや」 みんなの声

かえるくん すやすや 作・絵:奥野 涼子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784591089781
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「かえるくん すやすや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かえるが大好きな娘に購入しました。

    しかけ絵本でかえるが色々な場面で泳いだり動いたり、ことりさんも出てきてとても楽しいです。

    安くて小さい絵本でかわいい絵で赤ちゃんにはぴったりでしたが、ただ、すぐ壊れちゃいました。

    掲載日:2008/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるさんって子どものアイドル♪

    • KANAさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子9歳、男の子6歳、男の子3歳

    「かえるさん」「動く」「小さい」(手のひらサイズ)
    こんな要素って 子どもの心にビビビって来るのでしょうね。
    かえるくんの うごきや まわりのうごきなど かわいいです。
    言葉も とてもリズミカル。
    こどもが 小さい頃は この絵本 結構便利でした。
    小さいので バッグにも入って ぐずった時とか さっと 取り出せます。
    また 出掛けるときは 子どもが手に握っていることの多い絵本でした。
    作者さんを見てみたらたくさんの仕掛け絵本を 出版されている方ですね。

    掲載日:2007/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいけれど、大きな存在パート2

     いろいろなポップアップやしかけがあって、なかでも私と子どもたちが気に入ったのが、「はっぱでぷかぷか」といって、かえるくんとことりちゃんが水に浮かんだ蓮のはで休んでいるところで、その場面にくると誰からともなく「かえるのうたが〜」と歌い始めてしまうことです。
     蓮のはながひらひら〜と開くところもすてきです。
    シリーズで3さつあって、3シリーズとも購入しましたが、息子は特にこのほんがお気に入りのようで、主人が帰宅すると、「みてみて〜」と読み聞かせしてましたよ!

    掲載日:2006/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット