ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

いちばんつよいのはオレだ」 みんなの声

いちばんつよいのはオレだ 作・絵:マリオ・ラモ
訳:原 光枝
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784582831993
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,711
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「微笑み」から「大爆笑」

    表紙カバーに、「微笑みから大爆笑の世界」というコメントがあったのですが、読んでみて納得しました。
    まさに、その通りです。

    「自分が一番強い」と思っているオオカミですが、最後の最後で、その考えがひっくり返るようなことが・・・

    赤ずきんちゃんや3匹のこぶたのように、オオカミに関係するお話のキャラクターが登場するので、同wあを知ってからのほうが、お話の中のちょっとしたエッセンスを感じられて、より面白いと思います。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • いちばんつよいのは…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    会うもの会うものに一番強いのは誰か聞オオカミ。オオカミを恐れ、みんなは「オオカミさん」と答えますが、最後は…。
    オオカミさん、わかりやすいですね(笑)。
    あかずきん、七人の小人など、絵本のキャラクターがちょこっと出るのが私は好きです。
    子供は「いちばんつよいのはオレだ」というタイトルが印象的だったみたい。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後は意外

    赤ずきんちゃんや3匹の子ブタなど、おなじみのキャラクターが出てくるかと思えば、最後は意外な登場人物(?)でした。

    息子はまだ赤ずきんちゃんや3匹の子ブタを知らないのと、オオカミと犬の区別がつかないようなので、あまり反応なしでした。
    もう少し大きい子むけの絵本かもしれません。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでもらうととっても楽しい

    図書館のおはなし会で読んでもらいました。前に自分で読んだことのある絵本なのですが、読んでもらった方がずっと楽しい絵本でした。
    オオカミが「いつばんつよいのはだれだ?」と森で出会う人たちに聞いていきます。赤ずきんちゃんや三びきのこぶたなど、オオカミにまつわる童話のキャラクターが出てくるというのが楽しいです。3匹のこぶたが登場する場面では、一緒に聞いていた息子と目を合わせて笑いました。
    最後のオチも最高!大勢への読み聞かせで、私も読んでみたいなと思いました。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡単すぎたかな〜

    3〜5歳児に読みました
    オオカミクンが森を歩きながら「一番強いのはだれだ?」と聞きまわっていきます
    その相手にはどこかの物語に出てくるような、動物や女の子・・・
    子どもたちも「あれあれ〜?」と言った表情をして見せます
    でもラストに表れたのは、カエルの子・・・?
    5歳児にはちょっと簡単すぎたかな〜

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ・・れれ?

    7歳(男)4歳(女)に読みました。
    はじめちょっと自信のないおおかみが、森をお散歩して、自信を付けていく。そのうちに鼻高になっていって・・・・
    オチが待っていた。
    ちょっと分かりにくいけど、裏に隠れた作者の心はなんだろうと母は考えます。
    やっぱり、自分は自分。回りの評価に頼ら内で、自分の持っているところを発揮して

    最初に出てきたちょっと自信なさめのおおかみが、この絵本のおおかみ君らしいのかな、と思いました。
    (「誰が強い?」と確認するってことは、それだけの心配性だったり、気が小さい証拠♪
    でも、そこがこのおおかみ君の憎めないところなんだと思います。)

    狼にまつわるお話の頂上人物が登場するところも、とてもユーモラス。
    ぜひ、お勧めします。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチが秀逸

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マリオ・ラモと言えば「ママ」「さかさま さかさま」を初めとして、一発ギャク的なオチが秀逸がフランスの人気絵本。
    「いちばんうつくしいのはオレだ」を先に読んでいたので、待ち焦がれていた一冊です。

    オオカミが森の中を、出会う動物や人に、誰が一番強いか尋ねて散歩します。
    赤頭巾ちゃん、三匹のコブタ、七人の小人とか、オオカミが一番と答えるので、オオカミはどんどん好い気になっていきます。

    ここまで来るとオチが見えてきてしまうのですが、そのオチの動物が何とも言えません。
    こう来たかという感じですが、パパでなくママが一番強いというのが、大きなポイントでしょう。
    世のママは、強い者ということを暗示しているようで、読み手のパパとしては一寸やりきれないかも知れません。
    とは言え、オチとしては、なかなかの作品で、子供に大受け間違いのないところだと思います。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 井の中の蛙?

    森の中で一番強いのは自分だと思っているオオカミ。
    それを自分だけで思っていればまだいいのだけれど、人にそう言わせたい。そしてそれを確認したい。井の中の蛙、とはまさにこのことでしょうが...
    そこでオオカミに質問される面々がおもしろい。
    うさぎに、赤ずきんに、3匹のこぶたに7人のこびと。
    どれも、物語に出てくる登場人物ばかりです。
    ちょっと笑える。
    考えてみれば、オオカミっていろんな話の中で、いつも悪い役なのね。
    でもね、世の中は広いのです。
    小さな森の中でさえ、もっと強いものはいるのですよ。
    顔さえも見えないくらい大きな怪物(?)の前で、しゅんと静まり返るオオカミが、なんだかかわいらしい。
    オチありの1冊です。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミのまけ?

    オオカミはいちばんつよいのはオレだと、言い張っています。

    オオカミは確かに怖そうな顔で アナウサギ 赤ずきんちゃん 三匹の子豚 七人のこびとに 「一番強いのは あなたです」と言われて・・・得意マン目面

    オオカミの 得意な顔が 微妙にちがって笑えるのです・・

    それにしても ちびひきがえるの様なもの見付けて・・・

    いちばん強いのは 「ママ」といわれて、「なんだと?」と

    牙をむきだした顔のすごいこと!  おお怖〜い!
    本当に怖い顔ですもの
    でも・・・ 

    そこにいた 大きな怪獣?

    オオカミの顔のなさけなさ 「オオカミの負け!」
    と軍配が上がりそうですね!

    この絵本は 本当にうまく描かれていて う〜ん! 私も感心しました 
    きっと 子供たちなら もっと いい顔して喜んでくれるのではと想像してます

    こんな オオカミの姿 誰かさんもそうかもね?

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんもいえねぇ! です(笑)

     皆が自分をどう思っているかを知るため、森を散歩するオオカミ。
     出会う動物や人物たちは、怯えへりくだり、オオカミに賞賛の言葉を浴びせます。
     中には、褒め言葉とは思えないものもありますが、オオカミ本人が気に入っているようなので、先へ進みました。 
     どんな結末が待っているんだろうと思いながらワクワクしてページを捲ったら、とっても可愛い子と出会います。
     オオカミの予想しなかったこの子の答えに、逆鱗する次ページで、もう一度聞き返すオオカミにクスッでした。
     そして、ラストはま〜読んでみてください。
     なんもいえねぇ! です(笑)。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット