ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いちばんうれしいおくりもの」 みんなの声

いちばんうれしいおくりもの 作:マックス・ルケード
絵:セルジオ・マルティネス
訳:松波史子
出版社:いのちのことば社
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年
ISBN:9784264023104
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「いちばんうれしいおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あなたがいてくれたから

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    温かみがある絵にひかれて読みました。木彫りの小人パンチネロが、彫刻師エリへ、感謝の気持ちを伝えようと一生懸命になる姿が、心をうちました。

    「つくり主の日」というコトバがでてきます。人間でいうと、母の日や父の日かな?クリスマスかな?わたしという人間をこの世に送ってくれてありがとう!わたしはそのことに感謝します。あなたが大好きです!と素直な気持ちになって言いたい日です。
    この本を読んで、つくり主に感謝することが、つくり主にとって一番のプレゼントであることを知りました。出合ってよかったと思える本です。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしい贈り物

     木彫りの小人パンチネロのお話です。このシリーズは、本当に読んでいてとっても穏やかな気持ちにさせてくれます。そして、子どもだけでなく大人のための絵本だと思います。

     つくり主の日に、自分をつくってくれたエリに今年は何か特別なことをしたいと考えたパンチネロ。それを、エリに伝えると「私のそばでただいてくれるだけ、うれしいんだよ」と言われますが、何をしようかと考えながら、ウイミック村の他の小人たちの様子を見に行きます。それぞれが自分のが一番の贈り物だと一生懸命です。
     当日になっても、パンチネロは特別なことを見つけられずにいましたが、ある大事件がおこって全部がめちゃめちゃになるんですが、その時パンチネロがずっとおもっていた素晴らしい言葉を歌にするのです。

     その歌詞が本当にすばらしく、何か特別なことをするのも悪くないのですが、その日の本来持っている意味を深く理解する事が大事なんですよね。なんだか、自分はクリスマスの主旨も分からず大騒ぎしているのを思い出して恥ずかしくなりました。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット