ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

とびきりおいしい スープができた!」 みんなの声

とびきりおいしい スープができた! 作・絵:ヘレン・クーパー
訳:かわだ あゆこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784900656475
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,154
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • さいごはほっとしました

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    ねことりすとあひるがいろんなスープをつくります。種類のちがう三びきだから、味の好みもちがいます。かぼちゃがないからと別の材料でスープをつくれば、みんなそろって「おいしい!」といえるスープはなかなかつくれないものですね。意見をどうにかあわせようと、一生懸命つくる姿は、自然に「がんばって!」って応援したくなりました。
    魚のスープやきのこのスープ、ビーツのスープなど、人間からみるととてもおいしそうなんですが、あひるの口にはどれもあわなくって。それで、むだになって捨てちゃうんですが、とってももったいなあっと残念に思いました。ほかの二ひきで飲んじゃえばよかったのになあと。
    三びきのやることなすことを虫たちが観察していて、小さくコメントを入れているところがおもしろかったです。
    それにしても、空腹になると、人間と同じく、あひるも短気になってすねちゃうんですね。あひるさんに同情しつつ、思わず笑ってしまいました。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 2度楽しめます

    「かぼちゃスープ」「こしょうできまり」に続く3冊めです。
    どちらも面白かったので第3弾も読むのがとても楽しみでした。

    ねこ、りす、あひるの仲良し3人組がスープにするかぼちゃがないので、他の材料で美味しいスープを作ることに。
    美味しいスープが出来てもあひるだけは頑として食べません。かぼちゃスープが食べたい!と。あひるの強情でわがままなところは健在です。

    私ならこの時点で放棄してしまうところだけど、ねこは違いました。
    知恵を絞ってなんとかしてあひるに食べさせようと考えます。
    そしてかぼちゃ色のスープが完成。
    結果は… ねこの勝ち〜!

    前作にちらっと登場していた虫たちが今回は3人組に負けないくらいに登場しています。
    3人組と虫たちの世界が同時進行していてとっても面白いです。
    イラストが細かく丁寧に描かれているので見るたびに新しい発見があり、親子の会話も広がっていきます。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野菜のスープを作りたくなる絵本です

    大判の絵本で、表情や、かっこうなど、絵がとてもかわいいなと
    思います。
    ねこさんと、りすさんは、栄養満点!美味しい!と喜ぶスープなのに、
    あひるさんはどのスープもお気に召さないようです。
    好き嫌いの激しいおちびさんみたいですね。
    困ったことにかぼちゃは熟れず、市場でも見つからず、ねこさんが考えて奮闘して作ったオレンジ色のスープは、4種の野菜でそれは美味しそうです。
    虫さんたちが、もったいない、もったいないとスープ救済におおわらわですが、同時進行の、その様子もとても面白いです。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「かぼちゃスープ」のあの3匹が出てくるお話でした。今回もまた、アヒルの行動がちょっと問題に。どんなに探してもかぼちゃがまだ実ってなかったので、3人でさかなのスープやキノコのスープをつくってはみたものの、アヒルだけが「ウエッ」と言って食べません。そして、捨てられるスープ。もったいない!でも、こっそりスープを大事に飲んでいる虫たちがいたので、ちょっと安心しました。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃがない!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    かぼちゃスープがだいすきな3人のこのシリーズ。今回は熟れたかぼちゃがない!ということで、別のスープつくりに挑戦しますが…。
    失敗したスープを捨ててしまうのはもったいないと虫たちが影ながら活躍しているのもナイス!と思いました。
    さてさておいしいスープはできるのでしょうか。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • わがまま〜

    この絵本に出てくるあひるがとってもわがままでした。ネコとリスは優しいのでそんなことは言ってなかったのですが、うちの子は、「こんなことばっかり言ってたら友達いなくなっちゃうよ!!」って言って説教しながら聞いていました。三人組のヘンテコ友情物語でした。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快な3ひき

    「かぼちゃスープ」を読んで、親子ともにファンになりました。今回はかぼちゃがないので、さかなスープやきのこスープを作るのですが、あひるが食べないんです。わがままあひる。でも、3人兄弟の末っ子みたく、
    何か憎めないんです。あひるのためにねことりすがビーツスープを作っても「かぼちゃじゃないとダメ。
    オレンジ色の」とわがまま。そこで、ねこは「オレンジ色のスープ」を作ることに。最後のあひるがスープを
    食べるとこ、とっても可愛いです。やっぱり憎めない。とっても面白いお話です。絵も可愛いし、
    4歳の長女もお気に入りの1冊です。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怒れちゃう。

    申し訳ないけれど、かぼちゃスープシリーズでは、一番好みでない。
    いつもは許せるあひるのわがままにイラっとする。
    なんでだろう・・・ビーツのスープで十分だろう!大きい声で言いたくなる。
    作ったものを拒絶されるって、ママの日常によくある光景だからかな?

    そんな親の気持ちが伝わるのか、息子も「好き嫌い言っちゃいかんよねぇ」と私にゴマをすってくる。

    かわいい絵だけど、ちょっと怒れちゃいます。
    子供がもう少し大きくなって、ウチの子にもそんな時代あったよねぇ〜、
    と思えるようになったら、この本のことも懐かしい気持ちで見られるのかな、と思いました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかよし?三人ぐみ♪

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    あひるのわがままには、ほとほとあきれてしまいました。

    『かぼちゃスープ』で活躍したねことりすとあひる。
    世界一おいしいかぼちゃスープを作る三人ぐみですが、
    肝心のかぼちゃがない!
    仕方がないので、ほかの材料でスープを作ることに。

    ねことりすが、さかなスープを作っても、
    あひるは、スープのにおいを嗅いだだけで、口をつけようとしない。
    きのこのスープを作っても、やっぱり、においを嗅いだだけ。

    どこまで、わがままなんだろう・・・

    でも、ねこはえらい!

    「ぼくが、あひるを だましてやる。」

    と、かぼちゃスープの色そっくりなスープを作ったのです。
    さて、お味は?

    ねこの努力に乾杯です。
    優しいですね〜。

    「これ かぼちゃスープと ちがう・・・」
    と言われたときは、ドキンとしましたけど。

    あひるの満面の笑顔を見て、
    ねこの努力が報われて良かったと思いました。

    虫たちのサイドストーリーも、なかなか面白いですよ。

    娘は、この『かぼちゃスープ』のシリーズが大好きで、
    ゆくゆくは購入しようと思っています。

    「けんかのレシピ」というのもありました♪

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • あひるのお好みの味は

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    表紙を見て、息子が『スープをこぼしちゃダメだよね?』と
    動物たちに注意していました。
    『かぼちゃスープ』『こしょうできまり』に続く三冊目の
    作品だということで、息子もすっかりネコとリスとアヒルと
    友だち気分です。

    ピンクのような紫のような不思議な色のスープが気になるなあと
    読んでいくと、いつものようにおいしいかぼちゃスープが出てくる
    かと思ったら、なんと肝心要のかぼちゃが手に入らず、ねこと
    リスが別のスープを作ると言うじゃありませんか!

    2つのスープに謎のピンクスープをネコとリスは作ります。
    一つ目のスープを作るため、川?に出かけた3人でしたが
    リスは、可哀想にあひるのせいで、川に落っこちて
    びしょぬれに…。
    その絵を見て、息子が『りすさん可哀想だねえ。』と言って
    同情していました。

    あひるは、せっかく作ってもらった3つのスープでは
    気に入らず、最後にネコとリスが作ってくれたオレンジ色の
    素敵なスープはお気に入りになったのでしょうか?
    うちは、この絵本を読んだ日は、このオレンジ色のスープを
    作りました(*^_^*)

    このシリーズに出てくる虫が、この絵本でキクイムシだと
    いうことが分かりました。キクイムシ建築協同組合なる集まりが
    あって、虫たちが何やら怪しい動きをしています。
    虫たちの動きを追っていくのも、また楽しいです♪

    このシリーズは、お話の面白さも素晴らしいのですが、
    可愛らしい絵を見ると、こんな風に描けたらいいなあと
    いつも羨ましくなります。

    ちなみに、謎のスープの作り方が載っています、注意書きに
    『包丁を使う時、ねこの手が借りられない場合は、大人に
    手伝ってもらおう!』となっているところが遊び心があって
    面白かったです。

    それから絵本に載っている楽譜の説明も最後のページに
    載っています。作者のヘレンさんは音楽の先生になるお勉強を
    していたそうですよ♪

    3歳児でも、しっかり楽しめていましたが、大人が読んでも
    読み応えのある作品です。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット