十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

そばがらじさまとまめじさま」 みんなの声

そばがらじさまとまめじさま 作:小林 輝子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784834023787
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,627
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「がんの まなこさ、はい はいれ」

    知らないお話だったので、読んでみました。
    欲深く意地悪なおじいさんと、正直者で気の優しいおじいさんが
    出てくるあたり、いかにも日本の昔話という感じです。

    魚を捕ろうと仕掛けた網に、偶然入っていた子犬がポイント。
    大きく育った子犬が、なんとも不思議な連鎖を巻き起こすんですね。
    命を助けてくれたお礼に、恩返しという感じでしょうか。
    こういう流れも、日本昔話のあるあるパターンではありますが、
    内容が結構奇抜で、驚かされる感じでした。

    作者が岩手の方ということで、お話の中に方言が使われており、
    私自身が岩手出身でしたので、本場の訛りを入れつつ読み聞かせた
    ところ、子どもには大ウケでした。方言は、言葉の言い回しが
    とても楽しいですよね。

    そして、なんといっても赤羽末吉さんの絵がストーリーをより
    際立たせていたように思います。
    成長した子犬の表情、そして、欲張りなおじいさんの身の上に起きる、
    数々の嫌な出来事の描写、正直、9歳の息子に読み聞かせてみて、
    こんなにウケるとは思いませんでした。

    結末がかなり残酷に思えますが、これぐらいの刺激があった方が、
    「悪いことをするとこうなるよ」的なメッセージを子どもも受け取り
    やすいと思いますので、私的にはありだなと思います。

    「がんの まなこさ、はい はいれ」
    「とっぴん ぱらりの ぷう。」

    は、我が家では一時、ブームになりました(笑)

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっぴん ぱらり ぷう・・・が面白いね。

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    自分も幼い頃から馴染んでいる赤羽末吉さんの絵本。
    改めて目にするとその色の美しさに気づきました。
    川の水の青・白い犬っこの眩しいくらいの白さ。

    そして構図の大胆さ。
    まめじさまの絵は平和に。
    強欲なそばがらじさまにバチがあたるときは迫力いっぱい!
    画面いっぱいに身をよじるじさま・・・。

    それからちょっと難しいかな・・?と思うほどのなまり言葉。
    あまりに難しい言葉・知らないような言葉には下に小さく注釈が付いています。
    でもそれが楽しくもあり。
    「むりむり大きくなって」とか「ばんがばんがとたたいた」とか。

    我が子は「このお爺さん・・・ひどいね・・犬も殺しちゃったし、
    するすも壊しちゃって・・・なんでそんなことするんだろう・・」
    と眉をひそめていましたが、さいごの
    「とっぴん ぱらり ぷう」の響きが面白かったらしく
    最後だけもう一度読んで!とせがまれました。

    掲載日:2009/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • どこかで見たような・・・

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    自分が子供の頃には、触れた覚えのない昔話のタイトルだったので、手にしました。悪いおじいさんと良いおじいさんの対比、生き物を助けたらその生き物が恩返しするストーリー展開・・・どこかで見たような・・・そう、これはしたきりすずめ!?かと思われるストーリーでした。昔話には、よくあることでしょうか?

    掲載日:2015/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情け容赦無しのラスト

    昔の言葉なのか方言なのか、さだかではありませんが、20代の私が読んでもわからない言葉だらけだったので、子どもはニュアンスは伝わるかもしれませんが、内容を完璧に理解するのは難しいかもしれません。
    「欲張ってはいけない」という教訓がこめられているのだと思うのですが、欲張ったために最後は命を落としてしまうのは、昔話ならではの容赦がないラストだと思いました。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストに絶句

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    日本の昔話の再話ということで、ストーリーの展開は花咲かじいさんによく似ています。
    欲深いそばがらじさまと、善良なまめじさまのエピソード。
    川辺で魚とりの道具を仕掛けたものの、上流のそばがらじさまのにかかったのは
    子犬。
    怒って投げ捨てたその子犬は、今度はまめじさまのにかかり、助けられ、
    手厚く育てられるのです。
    もちろん、その犬のおかげで獲物が取れたり、米が手に入ったりする訳ですが、
    そばがらじさまが真似をしても、上手くいかずに散々な目にあうのです。
    しかも、ラストは大人の私でも少し絶句の結末です。
    方言で書かれていて、音読するだけで、昔話の雰囲気が漂います。
    赤羽さんの絵もバッチリですが、この結末は、聞き手を考えてセレクトする方が良いかもしれませんね。
    昔話ですから、そんなところも伝えるべきだとは思いますが。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっぴん

    小学校1年生の娘が、昔話をたくさん読みたいというので、いろいろと探しているときに見つけた1冊。ストーリーは「はなさかじいさん」や「こぶとりじいさん」と同じく、良いじいさんと悪いじいさんが出てきて対照的な行いをするというものでした。
    方言で語られるので、難しい言葉もたくさん使われているのですが、絵を読むとだいたいのことは分かるので、1年生の娘も、意味の分からない言葉も気にせず読み進めていました。
    繰り返し使われている「◯◯なんだと」という語り口が心地よく、本当に昔の人にお話をしてもらっているような気分で読むことができました。そして最後のひとこと、ちゃんちゃんといった意味の「とっぴん ぱらりの ぷう」が、残酷な最後をちょっと軽くしてくれて、気持ちよかったです。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花さか爺

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    お話は全体的に花さか爺さんに似ています。
    でも最後はこっちの方が怖いです!
    赤羽末吉さんの絵が更にそれを際立たせています。
    でもなぜかこちらの方が最後の落ちとしてはうまく納まっている気がします。
    第三者ではなく、自分たちの言動でこうなったからかもしれません。
    読み終わった後はスカッとしました。

    ただ、息子は押し黙ってしまいました。
    刺激が強すぎたかもしれません。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はやっぱり・・・

    はなさかじいさんの別バージョンのようなお話でした。

    赤羽末吉さんの絵で、独特の昔話の空気を醸し出しています。話の展開も、方言も面白かったのですが、やはり最後は枯れ木に花を咲かせる「はなさかじいさん」であってほしかったです。そこだけが残念でした。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子

    まめじさまが、そばがらじさまが捨てた犬を我が子のように育てたから
    犬の恩返しにとれました。めんこい、めんこいと我が子のように育てた犬を殺されたまめじさまの気持ち考えると可哀そうで胸が切なくなります。犬の上に乗ったまめじさまの幸せそうな顔がとても印象に残ります。一緒に暮らせた時の幸せだった頃があって思いでがいっぱいあってよかったと思いました。赤羽末吉の絵は、やっぱり昔話になくてはならない存在だと思いました。凄い怖い結末には、そばがらじさまに同情したくなります。

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見てほしいのは、おじいさんと犬の友情。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ナビの他の方も書いているように、「花咲かじいさん」的な昔話です。
    絵本には〈どこの〉昔話か書いてありませんでしたが、作者(再話者)の小林照子さんが、岩手県の昔話の再話者でいらっしゃるので、きっと『岩手の昔話』ですよね。

    桃太郎や一寸法師、笠地蔵など、地域によって言い伝えが違うので、この話は『花さかじいさん』的昔話と考えていいんじゃないかと思います。(後書きとかに詳しく書いてある訳ではないので、断言はできませんが)

    うちの下の子は怖がりなので、このお話の結末を見て、「やっぱり昔ばなしって、最後が怖いのが多い」と、怒ってました。
    うちの子は、「最後はみんなが幸せになりました」という結末のお話が好きなようです。
    なので、評価は子どもの意見も尊重して星四つで!

    どぎついシーンもありましたが、人のいいおじいさんと白犬との友情(?)が、赤羽さんの絵からすごく伝わってきてよかったです。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット