モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ほるぷ出版の大きな絵本 おばけパーティ」 みんなの声

ほるぷ出版の大きな絵本 おばけパーティ 作・絵:ジャック・デュケノワ
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\6,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784593723300
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ほるぷ出版の大きな絵本 おばけパーティ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ハロウィーーーン!!」

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子19歳、女の子17歳、女の子15歳

    教室に入ったとたん1年生たちが色めきました。
    「あっ!おばけの本だよ!。」「このお話知ってる!」
    大型絵本ですから、目立ちますよね。
    そして私は質問しました。
    「さて、なぜ今日はこの本を選んだのでしょうか?」
    期待通りの大合唱「ハロウィーーーン!!」

    あとは、ページをめくるたび、大きな笑い声。

    でも、あるページで女の子が一言。
    「チーズ食べるとなんで穴があくの?」
    ごもっともなご意見で…まだまだ穴のあいているチーズは日本では
    定着してませんものね。

    そして私にも分からない食べると消えてしまう特別メニュー。
    突っ込まれたらどうしよう…と思いながら読んでいましたが、
    子供たちには透明になってしまうという事が大うけで難なく
    くぐり抜けられました。

    大型絵本は子供たちにうけた上に、老眼の始まった私の目にも
    やさしかった!!

    掲載日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • おしゃれな おばけ絵本

    おばけの存在に怖がる年齢になったころ
    何か 面白い絵本がないかなーと思ったころ

    この絵本に出会いました

    おしゃれなセンスを感じ
    おばけらしい特徴を持ち合わせていて
    言葉が並ぶ リズムも少し心地よい

    透明になったおばけたちが
    牛乳を飲むことで白いおばけの姿に戻るなんて
    外国の絵本らしさを感じます
    このジャック・デュケノワのおばけシリーズの中でも一番面白い絵本です

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / まどから おくりもの / てぶくろ / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット