だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

こわくなんかないっ!」 みんなの声

こわくなんかないっ! 作・絵:ジョナサン・アレン
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784566008786
評価スコア 4
評価ランキング 18,282
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フクちゃん可愛い!

    本当は怖いのに、強がりを言うフクロウのフクちゃんがとても可愛いで

    す。相棒のちびフクちゃんはちっとも怖がっていないのに、ちびフクち

    ゃんのせいにいてしまうのがとっても可愛いです!

    そんな年齢になってフクちゃんのように成長した孫を見たいなあって思

    って愉しみにしている私です。癇癪を起こしているフクちゃんのもとに

    現れたパパの存在にどんなに嬉かったフクちゃんでしょう・・・・

    その役を私もやりたいなあって思いましたが、やっぱりパパが適役の

    ようですね!強がりを言ってるフクちゃんがとっても可愛くて癒されま

    した。

    掲載日:2011/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 強がりがかわいい

    フクちゃんは男の子なのかな?みんなに「怖くないよ」って慰められるけど、「怖くなんかない」と強がってパパに文句を言います。そして、怖がってるのはチビフクちゃんだ、と言うのですがそのチビフクちゃんは、どうやら絵を見ているとぬいぐるみみたいなんですね。

    自分が怖いのに、ぬいぐるみのせいになんかしちゃうところ、強がっていてかわいいです。娘は、この絵もかわいい、と言って割と気に入ったみたいです。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほわほわ

    本当は怖いのに、一生懸命強がっているフクちゃんが
    かわいらしかったです。
    ほわほわの見た目も、フクちゃんが連れているあいぼうの
    ちびフクちゃんもかわいかった♪
    娘は鳥好きですし(フクロウなんて、特に鳥に興味がない人でも
    かわい〜って思うだろうし)喜ぶかな?と思ったら、それほどでも
    なかったのでした。。
    かわいいということより「こわい」方に気持ちがいってしまった
    のかな?

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくなんかないっ!  そんな強がりをいう ふくろうの子どものフクちゃん

    一人で寄るの森の散歩 アナグマ クマにいさん コウモリさん
    みんなが 子どもだから こんなに夜遅く 出歩いちゃ だめじゃないの!って心配してくれるけれども・・・・

    「よるおそくまで おそとに いるのが フクロウの やくめなんだい!」 じたばたして フクちゃんがだだこねてるの。
    子どもって 強がり言いたいものなのかも知れませんね
    でも パパふくろうはちゃんと 受け止めてる 
    パパうまいな〜  子育て上手ですね!

    お休み前の絵本も読んであげて 「ちょっとくらい こわいことが あっても、 ぜんぜん はずかしがること ないんだよ」
    こんな優しい言葉かけする パパに 感動です!!

    フクちゃんは幸せ!  愛情いっぱい受けてる、フクちゃんの成長が楽しみですね

    絵もマンガチックでかわいい

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がり

    フクちゃんがビクビクしているのがとっても面白かったみたいです・・・。なんていじわるなんでしょう!!って思いました。そんな自分も結構怖がりなので、このお話を聞いてからトイレに行くときに、「ついてきて」って言っていたのが面白かったです!!フクちゃんと変わらなかったです。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなパパになりたいもの

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    フクロウのフクちゃんが主人公の第2弾。
    前作は「かわいくなんか ないっ」

    物語は、フクちゃんが夜の森に繰り出すところから始まります。
    森の中では、アナグマおばさん、クマにいさん、コウモリさんと出会うのですが、みんな一様に言うのが「こわがらなくて いいよ」

    図星なのですが、フクちゃんは、こわがってないと強がりを言うのです。
    これって、よくある子供の心理。
    それを受け止めるのが、パパというところが最高です。
    パパは「ちょっとくらい こわいことが あっても、ぜんぜん はずかしがること ないんだよ」と言うのですが、すごく素敵な言葉だと思います。
    こんな言葉をかけられる親でありたいと思った方も多いのではないでしょうか。

    ユーモアある絵として人気なようなですが、一寸テイストが合わないかなというのが正直なところ。
    好みが分かれる絵だと思います。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいっ!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    こわいのをひっしにこらえて、夜道を歩くふくろうのフクちゃん。一生懸命、立派なふくろうの姿を見せようとしているところがかわいくて仕方ありません。
    あいぼうのちびフクちゃんを抱えているところが、「実は怖い」っていう気持ちの表れでしょうか。おかしいです。
    お父さんがそんなフクちゃんをちゃんと受け止め、はげましてくれます。大きな愛情につつまれてフクちゃんは立派なふくろうになっていくんだろうなあ。
    寝る前に子どもに読んであげると、子どももぐっすり眠れそうな、安心に包まれる絵本です。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキの森の中

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳、男の子2歳、男の子1歳

    フクロウのフクちゃんは、相棒のぬいぐるみのちびフクちゃんを連れて森の中へ・・・。いろんな動物が現れて、その度にちょっと「ビクッ」。みんなに怖がらないでって言われるけど、「こわがってないもん!」って強がって。そんなつよがりがまたかわいらしいです。聞いてる子供達も夜の森にドキドキ。フクちゃんと同じ気持ちなのかな?最後にパパが現れて一緒に家に帰り、フクちゃんの気持ちを和ませてあげますがパパと一緒に寝てるフクちゃんは嬉しそう。この絵本はパパに読んでもらってもいいかもね〜。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • み〜つけた!

    「かわいくなんかないっ!」のフクローのフクちゃんがかわいくて、
    本やさんで見つけたときには「おぉ〜!!み〜つけた!」
    子どもたちと一緒にうれしくてにっこりしちゃいました。

    そのフクちゃん、今回は小さな相棒、“ちびフクちゃん”ぬいぐるみを持って
    深夜のもりのなかを一人で歩いてます・・・

    森のみんなも「こわくない?」って声をかけるけど、ここは相変わらず強がりなフクちゃん!
    でも、そこがフクちゃんの持ち味でかわいさを感じるんですよね〜

    ホントは怖がってるフクちゃんを優しく安心させるのがお父さんで
    その場面も絵本好きの私たちにもよくある場面もあって、
    ほっこりしてきます。
    とにかく可愛いフクちゃんにまた出会えた事がうれしくてたまらない!
    第2作が出たってことは、次回作もあるのかな?
    そちらも楽しみです♪

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • またも会えました♪

    『かわいくなんかないっ!』のフクローのフクちゃんにまた会えました!!!
    嬉しくて見つけたときには恥ずかしながら声をあげてしまいました^^;
    フクちゃん、今回は夜の森の中を出かけます。
    あいぼうの“ちびフクちゃん”ていうぬいぐるみを持って。
    アナグマおばさんとかクマにいちゃん、こうもりさんが
    深夜に一人でいるフクちゃんに「怖くない?だいじょうぶ?」と声をかけてくれるのだけど
    フクちゃんの強がりは相変わらずです。
    こわがってないかなーい!とプンプンに怒ってしまいます。
    ま、確かにフクローさんは夜行性だから夜に活動するのがアタリマエなんだけど。
    そんな怒り心頭のフクちゃんを受け止めてくれるのは
    今回はお父さん。優しく穏やかに諭してくれます。

    フクちゃんはみんなのアイドル。
    森の皆が何かと言っては構ってあげたくなる存在なんですね、きっと。
    今回のエピソードもほほえましいですね。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット