大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

あたまにかきの木」 みんなの声

あたまにかきの木 作:小沢正
絵:田島 征三
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年07月
ISBN:9784774604169
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,114
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 酒飲みで怠け者

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    日本の民話ということで、柿の季節にぴったりです。
    じろべえさんは酒飲みで怠け者、ということで、
    る日酔い覚ましに柿を食べた時、うっかり種を飲み込んでしまったのです。
    すると、頭に柿の木が生え、柿が豊作、ということで、
    じろべえさんはそれを茶店で売って、飲み代にしてしまうのです。
    苦情が来て、木が切り倒されたら、その切り株にきのこが生え、
    またまた飲み代に、でもまた苦情が来て、と次々展開していきます。
    民話らしい、大ボラ話、と言えなくもありませんが、
    発想が面白く、なんと大らかなお話でしょう。
    田島さんの豪快な絵がマッチしていて、愉快です。
    酒飲みで怠け者で過ごすというのは、
    ある意味、毎日働き尽くしのみんなの理想だったのかもしれませんね。
    民話の大らかさを体感してほしいです。

    掲載日:2011/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • トンでも発想に脱帽

    上方落語『さくらんぼ』の頭に生えた桜の木の発想に度肝を抜かれていたら、今度は頭に柿の木が生えてくるというお話に遭遇。
    話は似ているものの、かなり性格を異にしておりました。
    飲兵衛で怠け者のじろべえさん。
    毎日仕事を休んではお酒を飲んでおります。
    二日酔いの薬にとおかみさんが差し出した柿の実。
    種もそのまま飲み込んでしまったら、あらあら頭から柿の木が出てまいりました。
    根が明るいじろべえさん、頭の柿の木に出来た柿を売ってまた酒浸り。
    商売の邪魔をされた、柿作り農家の者たちが柿の木を切ってしまうと、次はキノコが…。
    こうして、頭の上が次ぐ次と様変わりするのですが、全く動じないじろべえさん。
    最後まで酒を飲み続けでありました。
    このようなお話にうってつけの田島征三さんの絵。
    ダイナミックな絵を背景にしているだけに、読み聞かせに適していると思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • むかしの人のお笑いセンスはすごいです。

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子17歳、男の子13歳

    読みながら、むかしも今も酒好きはいるもんだなあとか、二日酔いに本当に柿は効くのだろうか?といろいろなことを考えながら読んでいたのですが、そこからのお話しの展開は、度肝を抜くおもしろさです。あまりにありえないことばかりで、むかしの人の想像力は今の人にはとてもおよばないことを思い知らされました。
    じろべえさんに起こるできごとは、ある意味災難の連続ですが、それでもお酒のためになんとか前向きに生きようとする、その生命力の強さに笑いを超えた賞嘆の気持ちをおぼえました。
    今を生きる私たちも、このようなむかし話を読んで,つらいことも笑いに変えられるような、そんな心の強さをもちたいものです。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひきこまれる

    お酒がだいすきなじろべえさん
    毎日飲んだくれの日々
    しかし、おかみさんから今日は稲を刈ってくれと頼まれ、
    酔い覚ましに柿を食べるんですが種を飲み込んでしまい…
    頭から柿の木が、、、!
    民話らしい繰り返しのお話ですが
    話がどんどんとんでともない展開になり
    飽きずに聞いてくれました
    田島征三さんの豪快でダイナミックな絵が
    生命力にあふれていてお話に引き込んでくれます

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柿が豊作なのが羨ましい!

    じろべいさんは、ぐうたらでお酒が大好きです。自分で、酒代を稼いで(笑)しまうところが、すごくいいなあって思ってしまいました(大笑い)
    柿の種まで食べたら頭から柿が育って豊作なのがもうなんとも羨ましい限りです。次女の誕生記念に植えた柿が豊作ですが、カラスにつつかれて困っているこの頃です。じろべえさんのように、おおらかに生きるのもいいなあって思ってしまいました。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • すべてはお酒のために

    長く読み聞かせボランティアをされている友人に教えてもらった楽しい昔話です。
    酒飲みのじろべえさんが、酔っぱらって柿の種を飲み込んでしまいます。すると頭から木の芽が出てきてドンドン大きくなり、なんと柿の実がなってしまうのです。
    それを売って酒代にするじろべえさん。木が切られてもキノコが生えて、またお酒が飲める。次々と邪魔が入っても、なんだかんだとそれが酒代になって、いつまでも飲んでいられるじろべえさん。なんだかうらやましいです。
    大らかでとても気持ちのよい絵本です。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • グロイ・・

    秋らしい一冊を探していてめぐり合いました。

    酒飲みのじろべえさんが
    柿の木をあたまに生やして・・・結果ウハウハな余生というお話。

    柿の種を飲み込んで頭に柿が生える絵面が、少し不気味です
    そのうち頭の木を切ったり、土を耕したりということになってくると
    ますますグロく、スプラッターな感じになってきて
    娘は、聞きながら「キモイ」を連発。
    昔話にしては、教訓めいたオチでもないラストにも
    キモさが先にたち、早く聞き終えたいと言う感じで
    「これはちょっと・・・」と・・。

    ぐうたらがぐうたらなまま終わるオチが
    ちょっと面白いのに・・。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後までぇ!?

    仕事もせずに、一日中お酒ばっかり呑んでいる じろべえさん。
    頭がスッキリするからと、おかみさんに勧められた柿を種ごと食べたことから変なことに!!

    なるほど、これは、ぐうたらすることへの戒めなんだろうな〜と思いながら、読んでいましたが、まさかこんな結果が待っていたなんて!?
    ラッキーというか・・・、いいのかなぁ・・・?

    教訓を求めるなら、いかがなものかと思いますが、これはコレで楽しかったです。
    娘の反応も良かったし。
    世にも奇妙な面白話、不思議なこともあるもんです(笑♪)

    掲載日:2012/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑っちゃった

    お酒が大好きなじろべえさん。
    酔いざましに柿を食べたのはいいけれど、種まで飲み込んでしまい
    頭から柿の木がはえてきてしまいます。
    でも、困ったり心配したりなんてしないのね、じろべえさん。
    ぐうたら、おさけを飲んでいられるように、頭の柿を茶店の
    おやじにあげるかわりにお酒を飲ませてもらうことにします。
    怒った柿売り達に柿の木を切り倒されても、おかしなことは
    次々に起こり・・きのこがはえたり、鯉が泳ぐ池ができたり。
    頭の上で繰り広げられる荒唐無稽な物語に笑ってしまいました。
    だって、頭の上に池ですよ!しかも鯉が泳いでいるんですよ!
    茶店のおやじは「あたま鯉」なんていって売ってるし(笑)。
    柿売りやきのこ売りや鯉売り達が怒ってじろべえさんの頭の
    上で活動している時の音もいい感じです。
    げしげしげし、とか、どさどさどさっ、とか。
    しかもみんな頭の上にのっかって作業してますし。
    どんだけ頭が大きいのかじろべえさん(笑)。
    これだけ頭が大きいから柿の木がはえたりするのかしらん。
    最後に反省して終わるかと思いきや・・
    「えっ!それでいいんかい!」ってこれまた呆れながらも笑って
    しまった私です。

    いいなあ。こういうの。
    おおらかで。
    娘より楽しんで読んでいたかも。
    夫にも読ませたい。小さな子どもよりもぐうたらしたい大人の
    方が楽しめるかもしれません(笑)。
    読んだ後は、娘と「あ!頭に桃の木が!」「あ!りんごの木が!」
    などと楽しく遊びました。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • えーー?あたまに!!

    次々と展開していくお話です
    こんなことありえない!
    と思うような・・・場面満載です

    あたまにかきの木が生えてきたところは
    まぁ
    昔話だから!と思いましたが
    つぎからつぎへと
    出てくる!出てくる!
    ・・・
    なにがでてくるかは
    ・・・
    ぜひ
    お子さんと読んでください!

    想像力も養われることでしょう!!

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット