だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

つのたくんのなかなおり」 みんなの声

つのたくんのなかなおり 作・絵:なかがわ みちこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784494002634
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,773
みんなの声 総数 10
「つのたくんのなかなおり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よくある風景

    子ども同士ならよくある風景。

    友達が持ってるものが欲しくて、泣く。

    大声で泣くので、みんなが寄ってきて慰める。

    その子が泣いたせいで悪者になり、悔しくて泣いてしまう。

    そんなよく見る風景が描かれています。

    さいのおかあさんからきれいなはこをもらい、

    さいのつのたくんとうさぎのうーちゃんが

    宝を探しに行きます。

    さいの子どもがつのたくんという名前がなんかイヤだ・・・。

    名字みたいで子どもの絵本らしくない。

    宝探しはとっても楽しそうでした。

    かわいい花や飛行機みたいな小枝。

    大人からみたら、なんともないものも

    子どもは宝と感じる、その気持ちがステキですね。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • つのたくんの気持ちがわかる

    2歳次女が選んで借りました。

    つのたくんとうーちゃんが物の取り合いっこから喧嘩に。先に泣いたのがうーちゃんなので、周りのお友達はうーちゃんを慰めに。でもつのたくんがいじめたわけじゃにないのに・・・。つのたくんから涙が。

    私もこんな思いをしたことがあります。そして、うちの娘達の喧嘩でもこういう場面が。似てるーと思いながら読みました。

    最後にうーちゃんがちゃんと謝りに。仲直りできて良かったね。

    次女は相当気に入ったようで、何度も読んでいます。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達っていいな〜

    「つのたくんのともだちできたよ」が面白かったので、こちらも読んでみました。

    とても可愛らしい絵が、子供達は大好きなようです。

    つのたくんとうーたんが「宝探しに行く」お話です。

    しかし、宝探しの最中にケンカが・・・前作で友達になったみんなが登場して、仲直りします。

    幼稚園児でも「お友達っていいな〜」と感じる、分かりやすくて、とってもいい絵本でした。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲直り

    物の取り合いになると、本当に大変です。
    双方満足という結果に導くことは、なかなか難しい・・・
    でも、この絵本では、子供同士で仲直りが出来ましたね。
    きっと、こんな経験を繰り返して、子供同士のルールや決まりごとを学んでいくのだと思いました。

    シリーズ物の2作目のようですが、こちらを先に読みました。
    前作を読んでいなくても、充分に楽しめるお話でしたよ。

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぎゅっ」と!

    うーちゃんの宝物とつのたくんの宝物は違うのに、うーちゃんはつのた

    くんの見つけた木の根っこが欲しくなりました。魔法使いの杖みたいだ

    ったので、うーちゃんも欲しくなったのです。

    つのたくんが、うーちゃんに取られない為に強く引っ張ったので運悪く

    うーちゃんが転んでしまったんです。悪気がなくてもそうなってしまう

    ことってあるものです。やっぱり泣いている方に、皆が心配してしまう

    から、寂しくなって悲しくなって相手も泣けてしまうことってあったな

    あって思いました。そんな経験はきっと誰でもあったと思いました。

    喧嘩相手から、優しくされて仲直りができるなんて最高に気分がいいだ

    ろうと思いました。うーちゃんのように泣いているつのたくんの手を

    「ぎゅっ!」と握るのがお気に入りの孫でした。いつも、「わっくん、

    ぎゅっ」と言ってしてもらえる私はとても幸せです。わっくんは、目が

    不自由なので孫に、「ぎゅっ」としてくれるのです。

    孫はわかっていないと思いますが、ぎゅっとしてもらうのが嬉しいので

    す。「ぎゅっ」って、なんにも言わなくても幸せになれます。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかがわさん

    なかがわさんの作品だったのでこの絵本を選びました。柔らかい雰囲気の描き方が主人公の性格とピッタリなのが良いと思いました。宝物を集める段階で夫々個性が発揮されるので魅せられました。自分は先ずは我慢するのも男らしくてカッコよかったです。宝物の箱が個性豊で気に入りました。私も娘と一緒に宝物を集めてみたくなりました。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • セインスいいじゃん

    仲良し→ケンカ→仲直り・・・
    内容的には、よくある感じなんだけど、
    「宝探し」っていうのがワクワク☆する。
    しかもこの「宝物」、なかなかいいセンスしてるんだなぁ。
    けんかの内容は、被害者が加害者のようになってしまう
    「泣いたもん勝ち」なのも面白い。
    ちょっとした誤解で生じる設定が共感するよね。
    最後は、ちゃんと仲直りするし、なかなか良い作品だと思う。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宝物を見つけにいく

    自分の宝物をみつけにいくという幼い子供が、ワクワクするストーリー。
    そして、そこで起きる出来事を、子供の視点で描かれていています。

    宝物は、みんな、それぞれ違う。

    外の世界には、色んな宝物があって、それを見つける楽しさを大人も
    思い出し、親子で感じることができる絵本です。

    幼い頃なら誰しも、つのたくんとうーちゃんのように、見つけたものを
    お友達同士取り合った記憶があるのでは。
    その大事な経験によって、お友達との仲直りのしかたを自然に学んで
    いくのだろうと感じる一冊でした。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちはわかるよ

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    つのたくんとうーちゃんがお母さんからもらったきれいな箱をもらいました。
    その箱に宝物を入れるために野原へ・・

    うちの子供たちも何に使うのか、箱をよく欲しがって
    いろんなものを入れています。
    何かを拾っては宝物にしてしまうのは、みんな同じなんでしょうか???

    そこで起こったハプニングも、子供ながらのトラブルで、気持ちはわかるよ〜と、声を掛けたくなってしまいました。
    どっちが先に謝れるか、そんな気持ちを大切にして欲しいですね。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな箱は宝物入れ!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子2歳

    つのたくんとうーちゃんがきれいな箱に宝物を集めるお話。
    男の子と女の子の宝物の違いが表れていて、ほのぼのとお話が進んでいったと思ったら、同じものを気に入ってしまった2人。取り合いになってしまいます。でも最後は仲直り。
    泣いていたつのたくんの手を握ってあげたのが、けんかしていたうーちゃんだったのが、何だか温かい気持ちにさせてくれました。
    この絵本を読んでから、娘もきれいな箱をほしがったので、あげると、その時その時の宝物を入れるようになりました。1週間前までは、公園で拾ったドングリや松ぼっくりが入っていたのですが、最近は、買ってあげたおもちゃが入っています。次は何を入れるのか?娘の宝物が何なのかを知るのも楽しみです。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット