なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

はーたんのママさんの公開ページ

はーたんのママさんのプロフィール

ママ・40代・茨城県

自己紹介
絵本を読むのが好きで、子供と図書館に行っては、
色んな絵本や紙芝居を借りて一緒に読んでいます。
好きなもの
絵本や紙芝居の読み聞かせをすること。
また、絵本の感想を書くこと。

はーたんのママさんの声

56件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ひつじくんの気持ちがはじめてわかったとき  掲載日:2011/7/4
くまのこうちょうせんせい
くまのこうちょうせんせい 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
本屋で、初めて手にとり読みました。

ほんとは、大きな声でおはようと言いたいのに、
いざとなると、できない。
ひつじくんの気持ち。

どうして、そんなことができないのか?と
周りは思ってしまうのでけれど、
本人は、怠けているわけでもなく、ふざけているのでもない。
真剣にいっしょうけんめいなのに、できなくて、
つらいと思っているのだ。

わたしの娘も5歳なのに、お返事やあいさつができません。
本当は言いたいんだけど、どうしてもはずかしくて、
言えないんです。

私自身、そんな娘を見てきて、悩んだり苦しんだりしてきたただけに、
校長先生が、病気をきっかけに、ひつじくんの気持ちを、
はじめてわかったとき、涙がとまりませんでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わず言葉がつまりました  掲載日:2010/9/17
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
本屋さんで娘が何気なく手に取ったこの本を
その場で、初めて読んであげました。

小さなお姉ちゃんが、がんばっている姿、
複雑な気持ちが、小さなお姉ちゃんの視点で、
やさしく描かれていて、素直に惹きこまれます。

クライマックスでは、読んでいる私が
思わず言葉がつまってしまうほど、
胸にせりくる切なさと愛情があります。

この本を買って、家に帰ってから、また
4才の娘に読んであげると、自分で冷蔵庫を
あけて牛乳を取り出し、コップに入れて
飲もうとしていました。
娘なりに、自分もできるよと思ったのかな?

子どもなりに、お母さんの大変さを感じて、
自分でできることを自分でしなくっちゃと
頑張っている。

その姿に気づかされると、ぎゅっと抱きしめて、
ほんとに、いつも、ありがとう
と素直に言いたくなりますね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい こんな遊園地に行きたい  掲載日:2010/4/21
ピヨピヨ もりのゆうえんち
ピヨピヨ もりのゆうえんち 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
ピヨピヨファミリーが、今回は遊園地に出発。

ママも朝から、おいしいお弁当作り。
子どもたちも、朝から、わくわく、ルンルン気分。

広大な森の遊園地には、楽しい乗りものがいっぱいで、
ピヨピヨちゃんたちが、迷路に入ったり、気球に乗る場面は、
娘も身を乗り出して、自分もやりたいと絵本に見入っていました。

まだ遊園地に行ったことのない娘も、こんな遊園地に行きたい!と
夢をふくらませてくれる、お気に入りの一冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ピクニックしたくなっちゃう  掲載日:2010/4/21
むぎちゃんのピクニックシート
むぎちゃんのピクニックシート 作: ますだ ゆうこ
絵: ひだ きょうこ

出版社: 偕成社
穏やかに晴れた日にお庭で、お母さんが洗濯物を干しているとき
むぎちゃんは、ピクニックシートを敷いて、遊んでいます。
そんな春風を感じるような、ほんわかしたお話しです。

この絵本を読んでいると、ピクニックシートの上で、お友達と
お茶しながら、そんな春を感じたくなります。

むぎちゃんシリーズは、子どもが大好きな愛らしい動物たちがでてきて、
ほのぼのとした、かわいいの絵本で、娘もお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとちょっと きいて  掲載日:2010/4/15
ねずみちゃんとりすちゃん なかよしの巻
ねずみちゃんとりすちゃん なかよしの巻 作・絵: どい かや
出版社: 学研
「ちょっとちょっと、きいてきいて。こんなことがあったの。」
女の子同士の仲良しって、いくつになっても、そんなやりとりですよね。

楽しいことがあったときに、真っ先に教えたくなる。

悲しいことがあったときも、きいてくれるととっても気持ちが和らぐ。

うれしさや感動も、大好きなお友達と一緒に感じれば、不思議と
もっと大きなものに感じられる。

お友達って、とっても幸せで大事なものだと、読んでいる大人も
思い出させてくれる、とってもかわいくて、素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰かを助けたいって気持ち  掲載日:2010/3/13
まほうよりもすごいもの
まほうよりもすごいもの 作: さえぐさ ひろこ
絵: 狩野 富貴子

出版社: 金の星社
愛らし動物たちが温かいタッチで、描かれている表紙に惹かれ、
図書館で借りました。

なかなかできなくて悩んでいることって誰でもあること、そして、
それは時に、何とかして誰かを助けてあげたいという強い気持ちが、
自分を無我夢中にさせて、自然と克服できてしまうことがある。

それは、魔法よりも、すごいもの。

誰もが持っているもの。

もうすぐ幼稚園に入る娘にも、この絵本を読んだあとに、
お友達に思ったことを言えないで、困ったときには、
『スープラプイッ!』って言うとできるかもよと教えると、
自分にもできるかもしれないと少し勇気をもらった表情をしていました。

魔法を使うことは簡単なことだけど、自分自身で成し遂げることの
感動より勇気と自信が持てるようになるもはないと、教えてくれる
すばらしい絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 公園遊びがスタートしたら…  掲載日:2010/2/26
ちいさないっぽ いっぽくんのごめんね
ちいさないっぽ いっぽくんのごめんね 作・絵: とよた かずひこ
出版社: ポプラ社
公園のお砂場で遊んでいると、おともだちと道具の取り合いになる
こどもなら誰もが経験すること。

この頃のこどもは、みんな自分のことで精いっぱい。
取り合いになった時に何と言ったらいいのか言葉もうまく出てこない。

でも、そうやっておともだちと取り合いになる経験を重ねることで、
人との関わりを覚えていくんですよね。

そして、気がつけば、さっきまでの取り合いを忘れて、一緒になって
夢中で遊んでいる。

そんな公園でのやりとりを幼いこどもでも自然に思い出させてくれて
ケンカをしても、また仲直りできるんだということを教えてくれます。

この絵本を読んだら、いっそう公園に行きたくなると思います。

赤ちゃんから、読んであげられる内容なので、公園遊びがスタート
したら、ぜひ読んであげたい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 森の中の一軒家  掲載日:2010/2/22
とんとんとめてくださいな
とんとんとめてくださいな 作: 小出 淡
絵: 小出 保子

出版社: 福音館書店
どうぶつたちが訪ねた一軒家は、暗く霧深い森の中から、一転して
薪ストーブが置かれ、ランプが灯った、あたたかそうなお部屋でした。

家の中は、山小屋の暮らしぶりが感じられるようなものがいっぱい描かれていて、
読んでいると、いったい誰の家なのか?とっても気になります。

特に、この家の主が帰ってくるシーンは、怖くてちょっとドキドキ、
何度読んでも惹きこまれます。

こいで氏の絵本作品は、登場するどうぶつたちがいつも表情豊かで
わたしも娘も大好きです。この絵本もすぐにお気に入りの一冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 砂場は子供の夢がいっぱい  掲載日:2010/2/21
むぎちゃんのすなば
むぎちゃんのすなば 作: ますだ ゆうこ
絵: ひだ きょうこ

出版社: 偕成社
こどもにとって、お砂場は、何を作ろうかとわくわくする場所。
遊んでいるといろんなおともだちと出合う場所。

そんな、こども達が大好きなお砂場を舞台に、
思わぬおともだちが次々に集まってくる愉快なストーリー。

次はだれが来るかなぁ〜とわくわくしたり、気がつけば、
みんな泥んこになって掘っているむぎちゃん達に惹きこまれます。

絵本を読んだあとには、きっと、公園に行きたくなるのでは。

公園遊びが大好きな時期にいっぱい読んであげたくなる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんのときから  掲載日:2010/2/21
ボードブック はらぺこあおむし
ボードブック はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
赤ちゃんの頃から、この絵本のうたとともに、
歌いながら読み聴かせ、こどもといっしょに、
何度も読み込んだ絵本で、ママにとっても、
この本なくしては、絵本時代を語れないほど
想い出深い一冊です。

小さなあおむしが、成長して、やがて、きれいな
蝶になるシーンは、何度見ても親子の心に響きます。

特にミニサイズ版は、持ち歩くのにぴったりで、
いつでもどこでも絵本を読んであげることができて
一ページずつ丈夫な厚紙でできているので、
絵本までもお口に入れてしまう赤ちゃんの時期から
長く愛用できます。

赤ちゃんが生まれたら、最初に買ってあげたい絵本です。
参考になりました。 1人

56件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット