ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

くまの アーネストおじさん とおいひのうた」 みんなの声

くまの アーネストおじさん とおいひのうた 作・絵:ガブリエル・バンサン
訳:もり ひさし
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784892387357
評価スコア 4
評価ランキング 18,960
みんなの声 総数 4
「くまの アーネストおじさん とおいひのうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アーネストおじさんの心のうた

    いつもはセレスティーヌを包み込んでくれる、包容力のアーネストおじさんが、街角で耳にしたバイオリンのメロディーで別人になってしまいました。
    遠い昔にアーネストおじさんの母親が歌ってくれた歌だったのです。
    ルーマニアの歌だというところに、アーネストおじさんの思い出に隠されている深い悲しみと傷を感じました。
    内政や諸外国に翻弄されたルーマニアの歴史を考えると、決して幸せな生い立ちではないのでしょう。
    それだから今の、セレスティーヌに優しいアーネストおじさんがいるのです。
    セレスティーヌには、有り金をすべてバイオリン弾きに渡してしまうアーネスト、パスタを頭から被って子どものようにふざけるアーネスト、自分のことをかまってくれないアーネスト、何かに取りつかれてしまったようなアーネストが理解できません。
    それだからこそアーネストおじさんの哀愁がひしひしと伝わってきました。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • アーネストの感情

    アーネストとセレスティーヌの物語を、すでに何冊か読んでいます。
    その中でもこの一冊は、アーネストが自分の感情のままに過ごしている、珍しい光景が見られたと思います。
    セレスティーヌの後を、頑張ってついていくアーネスト。
    そんな姿が定番かと思っていたのですが、アーネストだって心のままに考える時間があるのですものね。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向きの故郷への哀愁が漂う絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    バンサンの絵は嫌いじゃないし、フランス映画っぽい絵本はとても素敵です。
    また、アーネストの過去もいろいろ知りたいなぁ。と、思いますが、今回のお話はなんか、暗かったです。
    長く生きてくれば、「思い出の歌」の1つや2つ誰にでもあると思いますが、アーネストのこだわり様はそりゃすごかったです。
    セレスティーヌがこんなに不安がっているんだから、もう少し周りにいる人の気持ちも考えてあげればいいのに!
    思い出の母より、目の前にいる家族を想ってよ!と、ちっとばかり憤慨してしまいました。
    他の話でも、アーネストはちょっと後ろ向きになりやすいタイプと思っていましたが、この話はそれが出過ぎていて、個人的にあまり好きになれませんでした。

    故郷への哀愁やら、過去の思い出やらがあふれているっぽいアーネストがメインで出ずっぱりな話なので、この絵本はある程度いろいろなことを経験した大人の方が読み手に適している気がします。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 郷愁

    • 花明りさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子2歳

    「アーネストどうして泣いてるの?」
    道でバイオリンを聴いて泣き続けるアーネスト。
    その理由が分かるまで、ずっと気になって引き込まれます。
    遠い日のルーマニアの歌。
    バイオリン弾きのおじさん。
    内容もそうですが、セピア色の淡い色彩が、より一層郷愁をかきたてます。
    ほっとかれている時のセレスティーヌの孤独は、大人も子供も分かるのではないでしょうか。
    抱っこしてもらえたときの絵が、とてもゆったりと幸せな雰囲気で、こちらまでふかふかの毛と心に包まれているようで暖かくなります。
    どこか懐かしく切ない気分になる絵本でした。

    掲載日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット