貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

写真でわかるなぜなに 4 しょくぶつ」 みんなの声

写真でわかるなぜなに 4 しょくぶつ 監修:柳 宗民
出版社:世界文化社
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年
ISBN:9784418958047
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,363
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • へえ〜

    子供と出かけた時に、これなに?どうして?
    などなど色々質問されることが多くなり。い
    つも適当に返事をするのもちょっとな・・・
    なんて思い、半分自分のために購入。

    子供に分かりやすいように説明してあるので
    まさに親子でへえ〜って感じでした。

    植物に関する30個ぐらいの、なぜなにに、
    Q&Aで答えている形なので、何度か見てしまえば
    飽きてしまうかなとも思ったのですが、子供は
    気に入っているのか、今でも良く見ています。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


あの漢字検定が絵本を出版!?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット