しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

トリツカレ男」 みんなの声

トリツカレ男 作:いしいしんじ
挿絵:早川 純子
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784939029165
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「トリツカレ男」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 潤いを与えてくれるオアシスみたいな本

    ジュゼッペは街のみんなから「トリツカレ男」というあだなで呼ばれている。
    一度なにかにとりつかれてしまうと、もう他のことにはいっさい目がいかなくなってしまう。
    またそのとりつかれかたが、普通じゃない程の徹底ぶりなのだ。
    ジュゼッペはオペラ、三段跳び、探偵、サングラス集め、ねずみ飼育、ありとあらゆるものにとりつかれてゆく。
    そんなジュゼッペもある日出逢った少女に恋をした。
    少女にとりつかれてしまったのだ。

    冒頭ではいかにジュゼッペが色んなことに傾倒して、のめりこんでゆき

    そしてまた突然プイと他の事に興味を示し、またとりつかれてゆくーーというエピソードが滑稽に描かれていて、とにかく楽しんで読める。
    少女の喜ぶ姿を見たいがためのジュゼッペの行いはある種異常とも取れるが、自分を犠牲にしてまでのジュゼッペのひたむきさに心を打たれる。
    かわききった心にジュゼッペの純粋さは潤いを与えてくれる砂漠の中のオアシスみたいだ。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット