雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ことばえほん」 みんなの声

ことばえほん 作:つちだ よしはる
出版社:グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1992年
ISBN:9784906195244
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,701
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ことば辞典

    生活の中で使っている言葉をイラストと一緒に書いてあります。
    すっごく活用できました。言葉が段々理解できて、大人が話していて耳にするけどなんのことだろう?って思っていたことがクリアできるようです。

    普段の生活で自分がしている仕草の名前も理解できます。
    生活の言葉の辞典といってもいいぐらい、色々なことが網羅できていて語彙を増やすにはもってこいです。大活躍しました。

    ひげを剃る、お湯を沸かす、口をゆすぐなど・・・・
    いっぱい言葉を覚えることができました。

    大型絵本ですが、病院の待合室や車の中とかにも持ち込んで説明しながら読み聞かせしました。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子は結構好きなようです

    1歳のころ、「せいかつえほん」とともに息子にいただいた絵本。

    男の子、クマのぬいぐるみ、お父さん、お母さん、おばあさんの家族の
    生活の挿絵と、その動作の動詞などが主です。
    いろいろな言葉を覚えるのにちょうどいいです。
    かわいらしいタッチの絵で、息子は気に入っているようで、
    「これ、なんなの?」と指差ししながら、興味津々です。

    「せいかつえほん」よりは少し大きいサイズなので、
    持ち運びはちょっと難しいかな。

    2歳半前の今でもまだまだ活躍しています。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の練習におすすめです。

    2歳直前、言葉の爆発期に突入したらしい息子、たくさんの言葉を話すようになりました。
    ちょうどその頃から読み始めたのが同じ作者さんの絵本「せいかつえほん」です。そちらの絵本は、物の名前を覚えるのに良い絵本です。
    次に読み始めたのがこの「ことばえほん」です。
    こちらの絵本は、動作(とぶ、たべるなど・・・)や
    「いただきます」「ごちそうさま」等のご挨拶、体の部位などの名前が載っています。

    とにかくたくさんあるので、途中で飽きてしまって最後まで読みきれたことがありません(^^ゞ
    後ろから読み始めたり、ページを飛ばしてみたりどのページも読めるように工夫をしています。

    2歳ちょっとの息子には物の名前に比べると動作の言葉はまだ難しいようです。
    舌足らずで??という言葉も返ってきますがそれもまた可愛いです。
    言葉の練習におすすめです。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • せいかつえほんの次はこれ

     「せいかつえほん」では物足りなくなったので、サイズも大きくていろんな動作や体の名前・職業などたくさんのっているので、購入しました。

    「せいかつえほん」同様すぐにお気に入りになるかと思ったのですが、一度読んでそのまま本棚でしばらく眠っていました。しかし、ある時期から毎日欠かさず読んでいたので、当時はその文字の多さに親のほうがつらくなるくらい、何度も繰り返し読みました。
     どんなにいい絵本も、子どもが読みたい時期まではなかなか読まれないんだなと、あんなに好きだったのに読まなくなったりと、読み聞かせしていて新しく発見する事もたくさんあります。そんなこともあるけど、身近に絵本があればいつでも手に出来るし、子どもと一緒に近くの図書館をのぞくことで、いろんなチャンスやタイミングをこれからも見逃さないようにしたいです。絵本ナビさんでいろんな方の意見を聞くことが、親としては本当にためになります。

    掲載日:2007/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ことば」の図鑑みたいで良かったです☆

    • akinoさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、女の子1歳

    娘が2歳のときに購入しました。

    「せいかつえほん」がお気に入りだったので、これもどうかと思ったのですが、初めのうちはあまり興味を示しませんでした。

    娘はわりと言葉がでるのがゆっくりな子でしたので、まだよくわからなかったのかもしれません。
    しかしそれが一変して、3歳すぎた頃からこの絵本の虜になりました。

    パパが休みのときに、寝る前に必ず見る絵本でした。
    パパでも簡単に読めるし、何よりひらがなに興味を持ち始めた頃でもあったので、「かるた」のように
    「あらう」はどこ?
    とゲーム感覚で見ていることもありました。

    覚えることは難しくても、とにかくいろんな言葉に接することができるし、ただ見るだけでもおもしろい絵本だと思いました。

    掲載日:2006/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳の娘のおきにいり

    ことばが遅かった娘が二歳のとき購入しました。優しい絵とその絵ひとつひとつに、その行動の言葉が書かれています。家族の日常の暮らしが描かれていて、娘はくいいるように毎日毎日みていました。はじめは読み聞かせましたが、一人で見る絵本の第一号でした。しばらくすると、字にも興味をもち、なんてかいてあるかたずねてきました。おばあさんが遊びにきて、ケーキを食べたり、喧嘩をしてお母さんにしかられたり、お風呂のシーンとか特にすきなようでした。今でも時々みています。とても楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朝から晩までの流れが自然です

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    最近、ご無沙汰で、あまり読んであげてなかったんですが、
    4歳すぎて、ひらがなの「読み」をほぼマスターした今、
    一人で読んで、ゲラゲラとハマってます!
    ああ、高かったけど、購入して良かった、、、(涙)。
    本には「2歳から」と書いてありますが、ウチはまさに
    「4歳すぎた、今が旬!」です。

    朝から晩までの日常の動作を、ひたすら紹介してある絵本です。
    「おきる」「おこす」からはじまって「きがえる」「たべる」
    そして最後は「ねる」です。
    流れがとても自然で、絵も非常に分かりやすいので、
    特に意識しなくても、言葉が頭に入ってくるような感じです。

    「(水がバケツから)もる」「(おにぎりを)ほおばる」
    「(お店に)よる」「(ご飯を)よそう」
    「(お風呂に入りすぎて)のぼせる」
    「(目薬を)さす」
    など、ちょっと理解しづらそうな言葉も、自然に覚えてくれました。

    おしまいに、身体の名称の紹介(目、鼻、腕、爪など)と、
    大人の職業の紹介(消防士さん、コックさんなど)と、
    1月〜12月までの簡単な紹介があります。
    (2月は豆を「まく」7月は「ねがう」など)

    娘が好きなのが「甘える」と「しょげる」です。
    普段の生活でも、食事中、いきなり大きな口をあけて
    「あ、ま、え、る、、、」と言ってみたり。
    私にしかられたりすると
    「しょ、げ、る、、、」と言ったりして、笑わせてくれます。

    ストーリーのある絵本ではないので、こういうタイプの
    本でも絵本ナビで紹介できるのかな?と調べたら、
    ちゃんとあったので驚きました〜〜〜!

    掲載日:2006/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばを覚えよう♪

    最近、単語の数が増えてきた娘にぴったりの絵本でした。物の名前、行動、行事など日常使かう言葉がたくさん紹介されています。その一つ一つにかわいいイラストがあります。
    くまくんがところどころ登場するのですが、それがまたとってもかわいいんです。
    この絵本でまた話せる単語の数がぐんと増えました。
    少し大きめサイズの絵本で、分量はたっぷりあります。

    掲載日:2003/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • これで、かなり言葉をおぼえました。

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    名詞の絵本は何冊かありますが、これは、主に動詞や形容詞が書かれています。おこす・おきる・あらう・みがく・のる・ころぶなどの生活動作や、つむ・おどる・ぬる・かくなどの遊びで使う動作があり、聞いていて興味ぶかいようです。好きで何度もよまされました。

    同じ作者の「せいかつえほん」は名詞が主なので、これと併用して使っていました。せいかつえほんが言葉の覚えはじめなら、「ことばえほん」は二語文が出たころ好かれるかもしれません。うちは殆ど一緒に読んでいましたが。この2冊でかなり語彙が増えたと思っています。

    この絵本は、動作や形容詞などしか書かれていないのですが、読むときは、イラストの言葉を補足して読みました。「(かおを)あらう」という具合に。自分なりに工夫して読むとよいようです。

    掲載日:2003/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみやすいイラストで言葉を学びます

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     おきる、おこす、あける、おりる、あらう、ふく…。一日の生活の中に登場する動詞を中心に、その行為を意味する言葉をわかりやすく紹介する絵本。イラストが親しみやすく、子供が受け入れやすい内容です。
     長男のときによく開いていた絵本だったのに、娘とはちっとも開いていないなーとちょっと反省しました。

    掲載日:2002/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット