なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やっぱり智さん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

洋梨さんの公開ページ

洋梨さんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子16歳

自己紹介
愛子様と同じ2001年12月生まれの長女がおります。
絵本と出合うきっかけをくれた長女に感謝しています。

寝不足で身体もしんどくて、ここだけの話、
笑顔で読めない夜もありました(遠い目)。
今となっては懐かしい思い出です。
好きなもの
レオ・レオニ 五味太郎 長新太 林明子 せなけいこ 馬場のぼる いわむらかずお やまわきゆりこ
中川ひろたか&村上康成 宮西達也 島田ゆか 葉祥明 エリック・カール レイモンド・ブリッグズ
モーリス・センダック 長谷川義史 荒井良二 酒井駒子 アーノルド・ローベル

娘の好きな絵本 おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん、バムとケロのおかいもの、おへそのあな、14ひきシリーズ、がまくんとかえるくんシリーズ、さむがりやのサンタなど
ひとこと
がまくんとかえるくんシリーズ、バムケロシリーズには
ほんっっとうにお世話になりました。

クリスマスが近づくと、レイモンド・ブリッグズが登場します。

長谷川義史さん、村上康成さんが函館に来てくれたときは
親子でコーフンしまくりでした。
またどなたか来て下さると嬉しいなー。

2013年12月、函館に、蔦屋書店がオープンしました。
楽しませてもらってます♪
ブログ/HP
「洋梨の函館生活2」というブログを不定期で更新中です。
函館旅行の際は、どうぞご活用下さい。

洋梨さんの声

245件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 秋から冬にかけておすすめ  掲載日:2014/10/7
たのしいふゆごもり
たのしいふゆごもり 作: 片山 令子
絵: 片山健

出版社: 福音館書店
寒くなったらぜひ読んでほしい、心温まる一冊です。

慌ただしい毎日を送っていますが
この絵本を読んでいると、少し立ち止まって
ゆっくり子どもと向き合おう、と思わせてくれます。

北海道在住なので、冬は本当に大変だし、億劫なんです。
車のタイヤ交換しなくちゃ、外の水道の水落とししなくちゃ、
庭の冬囲いしなくちゃ、雪かきしなくちゃ、と、
自転車を手入れしてしまわなくっちゃ、と
冬にかけてやることが山積み!

そんなネガティブな気持ちを吹き飛ばしてくれます。

私も、このお母さんの優しさに包まれて嬉しくなります。
大人になっても楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 伝えたいことがつまってます  掲載日:2014/10/7
ぼくがラーメンたべてるとき
ぼくがラーメンたべてるとき 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 教育画劇
娘も大好きな長谷川義史さん。
普段は面白い絵本ばかりなのに
どうやらこの絵本は違うぞ?
と、最初は不思議そうでした。

テレビや新聞で観てもなかなか分からない
平和について、戦争について、
親子でじっくり話し合える機会が持てる絵本です。

私も、日本でずっと生活していて、それが当たり前になってて
平和のありがたみを忘れかけてるな、と
この絵本を読むたびに自分に言い聞かせてます。

平和を考える絵本は、表紙がこわいものが多いですが
これはかわいらしい長谷川さんの表紙ですから
違和感なく飾っておけます。
そのほうが、ひんぱんに読む機会が持てそうな気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長く楽しめます、大人向け  掲載日:2014/10/7
ピアノ調律師
ピアノ調律師 著: M.B.ゴフスタイン
訳: 末盛千枝子

出版社: 現代企画室
半分は自分のために購入しました。
仕事で知り合った方からおすすめされた絵本です。
「大人の人にこそ読んでほしい絵本」
まさにその通りで
車に積んで、忙しい仕事の合間に読んだりしています。

娘にももちろん読んで聞かせましたが
将来なりたい職業が日替わりの娘には
まだピンとこないようです。

テニスが好きだとして
テニスプレーヤーになる人もいれば
テニスコーチになる人もいるし
審判になる人もいれば
シューズのメーカーに勤務する人もいるし
テニスコートの管理人になる人もいれば
スポーツ用品店に就職する人も。

この主人公は、自分の好きなことを追求してて
本当に気持ちいいです。

色々な可能性を秘めたこれからの子ども達の
背中を押してくれる一冊です。

大人にとっても。
未来が見えず迷っているとき、踏み出す勇気をくれますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 中学生もハマる面白さ  掲載日:2014/10/7
りんごかもしれない
りんごかもしれない 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
中学生の娘に絵本なんて、と思うかも知れませんが
これだけはどうしても読んで聞かせたくて購入しました。
前から狙っていた絵本。
案の定、親子で大笑いの一冊になりました。

りんごを食べるたびに思い出します。

色々な角度から分析するのって、面白いですね。
当たり前と思わず、じっくり観察する主人公に
親子ですっかり夢中です。

「かもしれない」が口癖になっちゃいました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アイスクリームがツボです  掲載日:2009/5/21
ふたりはいつも
ふたりはいつも 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
ずっと図書館から借りてましたが、このたび遂に購入しました。
これでいつでも読める!と、娘は大喜びです。

5つのお話、どれも面白いのですが、娘が一番ゲラゲラ笑うのが
「アイスクリーム」です。

私がしみじみ思ったのが「おちば」。
「あなたのためを思ってやってあげたのよ」
「私って気がきくでしょ、優しいでしょ」
正直な話、誰でもつい、そういう気持ちになると思うんです。

がまくんとかえるくんから、またひとつ教わりました。

「かえるだし、絵のタッチがどうも苦手、、、」
という理由で、敬遠なさる方もいらっしゃるかと思いますが、
がまくんとかえるくんシリーズ、ぜひ手にとってみて下さい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今の時代にピッタリすぎる  掲載日:2009/4/6
リディアのガーデニング
リディアのガーデニング 作: サラ・スチュワート
絵: デイビッド・スモール
訳: 福本友美子

出版社: アスラン書房
ガーデニングが大好きなリディアが、
殺風景だったおじさんのお店(パン屋さん)を
色とりどりの花で、どんどん素敵に変えていくお話です。

お父さんの仕事が見つからなくて、家計が苦しいため、
リディアは一人、おじさんの家に行くことになります。

一人で駅に着いたときのリディアの気持ち。

お父さんに仕事が見つかって、また家族で暮らせることになりました。
駅をたつリディアと、見送りにきてくれたおじさん達。

どちらも泣けます!!

素敵な人ばかり登場する、あったかい絵本です。

今の日本にピッタリすぎるのもツライのですが、
まさに求められている絵本だと思います。

子供は、リディアが育てた花が咲き乱れているページが大好きで、
「さいしょは、散らかってて、、、こんなだったよね!」
と、ページをめくって比べっこしたり、
お父さん、お母さんと離れて暮らすことになったリディアに、
ただただびっくりしてました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマスに読むとまた格別  掲載日:2008/12/24
ビロードのうさぎ
ビロードのうさぎ 作: マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳: 酒井 駒子

出版社: ブロンズ新社
酒井さんの大ファンですので、迷わず購入しました。
うさぎが本当に愛らしいです。
やわらかさ、あったかさが伝わってくる感じがします。

クリスマスに読むとまた格別かも知れません。

長い年月をかけて、楽しめる絵本だと思います。
中学生、高校生、社会人になっても、思い出して
手にとってみたら、その都度、この絵本の
奥深さに気付けると思います。

なので、絶対に購入してみて下さい!!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素晴らしい絵本でした  掲載日:2008/12/23
いのちのまつり ヌチヌグスージ
いのちのまつり ヌチヌグスージ 作: 草場一壽
絵: 平安座資尚

出版社: サンマーク出版
購入して大正解でした。本当に素晴らしい絵本です。

生命の大切さを伝える絵本は、他にも沢山ありますが、
こんなに分かりやすく表現してくれて、本当に感謝してます。
長い年月をかけて、じっくりと味わうつもりです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハンカチをお忘れなく〜〜!  掲載日:2008/2/26
おじいちゃんの ごくらくごくらく
おじいちゃんの ごくらくごくらく 作: 西本 鶏介
絵: 長谷川 義史

出版社: 鈴木出版
タイトルどおり、おじいちゃんが、お風呂でつぶやく
「ごくらくごくらく」が登場するお話です、、、が!!

ラストは悲しい結末が!!!

ハンカチをお忘れなく〜〜〜!!!

ごくごくありふれた日常の出来事が、実はとっても
ありがたいこと、素敵なこと、、、なんですよね。
もっと、一日一日を大切に、当たり前だと思わず、
感謝の気持ちを忘れずに、ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も読んでね  掲載日:2008/2/26
はっぴぃさん
はっぴぃさん 作・絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社
1度目は、ただただ文字を追うことで精一杯かも知れません。
それはそれで、楽しい絵本です。
登場する2人に、自分との共通点を重ねながら、、、

お時間がありましたら、何度も何度も繰り返し読んで、
じっくりじ〜っくり、すみからすみまでご覧になってみて下さい。

驚かれることと思います。

そこで、子どもとあれこれ話しながら、色々なことを考えたり
想像したりして、絵本の世界を楽しみましょう〜!

荒井良二さんの作品は、これだからやめられませ〜ん!
参考になりました。 0人

245件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット