だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ゆきのうえのあしあと」 みんなの声

ゆきのうえのあしあと 作:ウォン・ハーバート・イー
訳:福本 友美子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784893257253
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,526
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ヒントが・・・!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    雪の上の足跡を追いかけていく主人公の女の子。
    だれの足跡かな?
    どうぶつさんじゃない?

    と、娘も絵本の中の女の子と一緒に、
    なぞの足跡を追いかけていきます。


    途中の手袋で「ハッ」と気付いた私でしたが、
    3歳の娘はもちろんそこはスルー。
    となりで覗き込んでいた長男には、
    あしあとの持ち主?が分かったようです。

    ちょっとしたヒントと、最後のおうちの様子がとっても温かくて、
    素敵な冬のお話を読めて嬉しい一冊でした。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の上の足跡をたどったら

    2歳10か月の息子に図書館で借りました。
    息子は雪が降るのを心待ちにしています。
    私はどんな動物がどんな足跡なのか、自分がちょっと知りたくて、
    借りてみました。

    こちらの本は期待したように動物の足跡がどれか、という内容のものではありませんでした。
    が、とても、かわいらしく、温かい絵の本でした。
    くま、きつね、カラス、リス、ウサギ、シカなどが出てきます。

    ある足跡をたどるストーリー。
    まあ、想定範囲内の結果が待っています。
    最後に家にかえって温かい飲み物とたべものを食べるのがホッとします。

    息子も、そこそこ興味がありそうに聞いていました。

    掲載日:2014/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふんわりかわいい絵本

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    とっても愛らしいお話です。
    のんびりしたお話で、ちょっと日本人にはわからない
    生活環境なので、読み聞かせよりご家庭で暖まりながら
    読みたいな〜と思う本でした。
    オレンジのコートにターコイズグリーンの手袋がかわいい!
    枝を持ちながらお散歩する姿もかわいい!
    雪のシーンの絵本なのに、あたたかさを感じる、
    ふんわりとしたお話とイラストの絵本です。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あしあとをたどる

    雪の上のあしあとって気になりますよね。
    私も、小さい頃、たどってあるいたり、おもしろい模様(ハートとか)の
    ついたあしあとを踏んで歩いたことなどを思い出しました。
    この絵本は、ちょっと『ぐりとぐらのおきゃくさま』みたい
    だなあとも♪
    たどりながら、また自分の家に帰ってきてしまう・・って、はたから
    見ているとぼんやりさんだなあって思ってしまいそうだけど、でも
    雪の中ならそういうことってきっとあると思う!どこか別の世界に
    紛れ込んでしまったような気持ちになりますもの。
    娘は読みながら早々にこのあしあとが誰のものなのかわかった
    ようです(私よりはやかった!)。私は「だれかさんのおとしもの」
    のところでようやくわかりました(笑)。
    あったかいお部屋でぬくぬくしながら読みましたが、この絵本の
    「わたし」みたいに雪の中を歩いていきたくもなりました。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしいおはなし。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    降り積もった雪の上を歩くのは、子どもも大人も楽しいですよね。
    (豪雪地帯の方には、あてはまりませんね。すみません。)

    ゆきのうえのあしあと。
    だれのかな?
    どこまでいくのかな?

    女の子が、あしあとを追いながら、
    (誰のだろう。)と一緒に考えて楽しめます。
    途中、いろんなどうぶつたちとあったり、
    冒険したりと、冬ならではの楽しみもいっぱい。

    さあ、だれのあしあとなんでしょう?

    最後のオチも、可愛らしく、思わず微笑んでしまいました。

    改めて、最初に戻って、2度読みすると…
    発見がいっぱいありました。

    まさに、「可愛らしい」がぴったりの冬のおはなしです。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれのかな?

    雪の上の足跡を辿って、「だれのかな? だれのかな?」想像を膨らま

    せて女の子と一緒にドキドキ感が楽しめました。

    最初から女の子についていってくれたカラスさんも最後までお供してく

    れて微笑ましく思いました。途中で、きつねさん、りすさん、うさぎさ

    ん、鹿さんも見守る中落し物の片方の手袋を見つけて、よかったね!

    おかあさんが編んでくれたマフラーとお揃いの手袋だから見つかってよ

    かったね!寒い雪の日でも、お散歩したくなります。

    とても温かいお話に癒されました。

    掲載日:2010/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結末にあらら

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    あしあとをたどって話は進みます。だれのあしあとなのか、読みすすめるにつれ、知りたいという気持ちが高まります。冬の森のようすがえがかれていて、寒さと静けさを感じることができます。
    だれのあしあとだったのか、それは読んでからのお楽しみですが、最後まで読んで、「え〜、そうなの?」と思い、思わずページをめくり返してしまいました。
    結論を知った後にもう一度読むと、主人公の女の子のかわいさが倍増します。
    あたたかいお部屋で読むのにぴったりな絵本だと思います。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪景色

    表紙の雪景色が美しかったのでこの絵本を選びました。主人公が自分一人でも自然を相手に楽しんで過ごす様子が良かったです。雪の寒さよりも主人公の優しい気持ちや笑顔の御蔭で温かい印象が強く感じられるのも作者の力量があるからだと思いました。主人公の軌跡をたどることで冬の自然界のありのままを感じられるのが勉強になりました。雪の日には主人公の様に外を散歩してみたくなる絵本です。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が温かいです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    誰も足跡をつけてない雪の上を歩くのも気持ちが良いけれど、足跡を見つけて想像しながらついていくのも楽しいでしょう。
    そんな楽しみが描いてある絵本です。

    温かみのある絵で、出てくる動物たちもかわいらしいです。
    女の子と一緒に、誰の足跡が想像してみませんか?
    意外な持ち主が分かりますよ。

    掲載日:2009/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっとりとした良い作品です

    雪が降り積もった朝、足跡をつけて歩いたことはないですか?
    この絵本はそんな女の子のお話です。

    足跡をつけながらいろんな想像をしたり、ちょっとした冒険をしたり・・・子供の頃の自分と重なって共感しました。

    最後のオチもかわいらしくて微笑んでしまいました。
    ただ息子は最後のオチがまだ理解できないよう。
    どうしてどうして?と読後聞いてきて毎回説明をしています。

    とてもかわいい冬らしいお話です。

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット