しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

すてきなあまやどり」 みんなの声

すてきなあまやどり 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年5月
ISBN:9784198616892
評価スコア 4.74
評価ランキング 882
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 対象年齢でなくても。

    5歳の息子に読みました。
    年齢的には、もう少し早く読んであげればよかったな・・・と思いました。

    でも、早口で読んでみたら、それなりに楽しんでくれ、
    見開きのページでは自分でめくりたい、と言ってきました。
    5歳くらいになると、仕掛け絵本などを読む機会が減るから
    新鮮だったのかもしれません。

    最後の「あー、それでぬれちゃったんだ・・・」というタネ明かしには
    ニタニタとしていました。
    5歳児にとっては大満足ではなかったようですが、
    筋が単純なだけに、ゆっくりと読み聞かせの時を楽しむ♪ということに
    特化できたように思います。

    たまには、年齢とずれた本を読んであげるのも面白いと思いました。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぶたくんがぬれた理由の衝撃

    にわか雨の後。ずぶぬれでやってきたぶたくん。
    雨に降られたのかと思いきや、雨宿りをしていたと言う。
    ではなんでぬれてるの??

    最後の最後まで裏切られる展開!
    ぶたくんがぬれた理由の衝撃。
    ぶたくんがぬれる瞬間の表情。
    クスッとくる絵本です。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 可愛いブタさん

    バレリー・ゴルバチョフさんの絵が好きで借りてきました。

    雨宿りしたのに、びしょぬれのブタさん。その理由は「木が小さかったから」でもなく、
    「他に雨宿りの人がいたから木からはみでたから」でもないんです。
    最後に「こんな理由だったのね」と、何だか心が温かくなりました。
    雨も悪くないなーと思わせてくれる絵本です。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 外で遊べない日にどうぞ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    タイトルでいっている通り、とっても「すてきあまやどり」のお話でした!!
    動物たちがだんだん増えてくるところも楽しいし、大きな木の下でたくさんの動物たちが雨宿りしている姿も、すごくいいな〜と、思いました。
    ブタくんがヤギくんの前でのリラックスしている様子を見ると、
    二人の友情のつながりの強さが感じられるのも素敵だな〜と、思いました。

    絵も可愛らしくて、見やすいので、4,5歳くらいからの幼児から小学校中学年くらいまで楽しめると思います。
    この絵本は、雨で外で遊べない日などに子どもたちに読んであげたい1冊です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後が肝心なんです!

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。ゴルバチョフさんのイラストがなんとなく好きで読んでやりました。ぶたさんが雨上がりにびしょびしょで帰ってきました。雨宿りしなかったの?と聞くと、ちゃんとしたそうな。でも、雨宿りしていた木に、沢山のいろいろな動物も雨宿りしにきました。きっと小さな木であぶれてしまったのか?と心配すると、とても大きな木なのでみんなちゃんと雨宿りできたそうな。じゃあ、なんでびしょぬれなの?雨が上がった後、歩いていたら水溜りに間違って入ってしまったそうな・・・。

    なんだかくすっと笑えるお話でした。息子も最後のおちでおかしい!とけらけら笑っていました。たくさんのいろいろな動物が雨宿りにくるシーンでは、動物をいっしょに数えることができるので、数を覚え始めたお子さんにも読んであげられる本ですよ。そして、こういうおちを楽しめるお子さんはもちろん。ゴルバチョフさんのこういう気の利いたおちが好きです!

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨宿りのわけを話したかったのね

    ぶたくんは花束をもって ずぶぬれになって走ってきます。のんびり新聞読んでいたやぎさんが 「どうして あまやどりを しなかったんだい?」

    あまやどりしていた様子を話すの 
    ねずみが 一匹木のしたにはいってきたの話を聞きながらもやぎさんとブタさんは とっても 幸せそう・・・

    ソファに横たわるぶたくんの幸せそうな顔と やぎくんの優しい顔がいい

    あまやどりにやってきた ちょこまかねずみが1ぴき、はりねずみが二匹、あれ?(算数の数遊びのよう)
    どんどん 数が増えていくの 子供にはよく分かるお話ですね

    ぞうが 十匹 みんなであまやどりしているのが かわいくいみんなの目が上向いているのがおもしろい!(あめ やんでくれないかな〜)

    なぜ ずぶぬれになったかが とても ステキデスね!
    ぶたくんの ぬれた洋服を かわかしているのが すごくロマンチックな光景ですね!

    しあわせなぶたくんとやぎくんですね

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 梅雨の季節に読むとぴったり!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    雨の季節のうっとうしさを一掃するように、気持ちが晴れやかになる絵本です。
    いろんな種類のたくさんの動物が登場してきて、いったいどんな展開になっていくんだろうと、想像するだけで楽しくなってきます。ページも観音開きになっているところがあって、ここを見ていると、迫力を感じるとともに、拍手もしたいような喜びにつつまれます。
    友達への優しさを感じ、そして、友達がいて幸せだなあという喜びも感じることができるすてきな絵本だと思いました。
    バレリー・ゴルバチョフさん、心をプラスに動かす作品を多く書かれておられるようですね。ほかの作品も読んでみたいです。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨の日の決定版

    とっても可愛い絵本です。
    絵もお話も全部かわいい!

    ブタさんがたくさんの動物と一緒にあまやどりをする話で、
    新しい動物の登場にも胸がわくわくします。

    そして最後の豚さんの一言が極めつけ!
    胸がキュンとしちゃいます♪

    ぜひ一度ご賞味あれ(笑)

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • スケールの大きいはなし〜♪

    ブタくんは、大きな木の下で雨やどりしたはずなのに、
    なぜかびしょぬれ。ヤギさんにそのわけを説明していくうち、
    どんどんエスカレートしていく。
    いろんな動物が出てきて楽しいです。
    (どんな動物が何匹出てくるかは、見てのお楽しみ)

    見開きページがさらに左右に開き、ドーンと雨やどり
    している絵が、圧巻です。
    うちの子供は、数を数えて、「1匹足りない」などと、
    細かいこと言うので、「影に隠れてるんだよ」と言い訳
    しておきました(笑)

    長雨が続く日に読んだら、楽しい気分になりそう。

    掲載日:2005/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨の日の楽しいお話

    絵の雰囲気がとても素敵です。
    急な雨が降った後、ずぶぬれでやってきた友達が
    雨宿りのいきさつを話してくれます。
    ずらっと並んだ雨宿りのメンバーを、もう一度ゆっくりと
    数えてみるのも楽しいかもしれません。
    1から10まで一人ずつ数えてみたり。
    何よりも会話が楽しいです。
    雨の日の楽しいお話です。

    掲載日:2017/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット