しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いちにのさんぽ」 みんなの声

いちにのさんぽ 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784752001164
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,501
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 1〜2歳にぴったり!

    1〜2歳の小さなお子さんが歩けるようになってからの外遊びって,「さんぽ」がメインなことが多いと思います。我が家は子供が1〜2歳の頃はそうでした。
    リズミカルな文章に,この絵本を読んだ後は親子でお散歩ですね!

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散歩は元気にテンポよく

    とてもリズミカルで、明快な絵本です。
    散歩をしている子が、いろんなお友だちと出会って、次第に散歩仲間が増えていきます。
    メンバーには意外感もありますが、会うたび
    に挨拶をして、みんな友だちと思うと、当たり前でないほうが良いのかもしれません。
    初めは顔がページからはみ出していたのが、自分より大きな友だちが増えるたびに、子どもの姿が小さく描かれているのも、心憎いばかりです。
    お日さまと出会っておうちに帰る設定なのは、沈む夕陽をイメージしてのことでしょうか。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちに

    娘が一歳半の時に読み聞かせしました。いちに いちに いちにのさんぽ さんぽあるいて こんにちわ。このリズムに合わせて歩くように。そして、自分で声に出しながら歩いてました。1人のときも口ずさんでいます。我娘にはヒット絵本でした。読み聞かせの月齢がちょうどよかったのかなと思います。

    掲載日:2015/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの目線

    はっきりとした絵柄でとても見やすいです。
    子どもの目線から見たお散歩の様子が描かれています。子どもはこんな風に蟻を見ているのかな?と違った視線を感じることができました。
    もうすぐ3歳になる娘に読みましたが、ちょっと遅かったかな。
    歩き始めた1歳過ぎ〜1歳半頃に読んであげたらよかったなと思いました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しが心地よい

    「いちに いちにの さんぽ」の繰り返しが心地よい絵本です。

    女の子が散歩の途中で立ち止まっては、いろいろなものに声をかけます。

    小さな子は、自分も一緒にあるいているような気持ちになるではないかしら。

    小さな子のお散歩って時々立ち止まっては、いろんなものを見つけて話しかけたり遊んだりしていますよね。

    これを読んだらお散歩に出かけてもいいし、寝る前にこの絵本を読んで一日を思い返してみてもよさそうな絵本だと思います。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感があって楽しく読める

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳

    「いちにっ、いちにっ、いちにのさんぽっ。さ〜んぽあるいて こ
    んにちは♪」
    とリズムをつけて、楽しく読めました。

    わかりやすくて可愛い絵で、
    よく知っている動物が出てくるので親しみやすかったと思います。

    1歳の息子が気にいって、何度も読んでいました。

    掲載日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがいいですね

    いちにのさんぽのフレーズがくりかえしで使われています。このリズムがいいですね。
    絵も可愛くて子供も私も気に入っています。
    お散歩していくうちにどんどんとメンバーが増えていきます。みんなでいちにのさんぽをする様はたいへん可愛らしいです。
    しっかりあいさつをするので子供もあいさつを覚えてくれるかな。

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩けた方がいいかな?

    11か月の娘に読んでやりました。まだ、歩いていないので、お散歩していろんな動物(恐竜も!)に会うのはわからないのかもなーと思いました。歩き出すと、生き物との出会い(ありとか)が結構面白いとおもうので、歩き出してから読んであげた方がいいかもしれませんね。ちょっと恐竜がでてくるのはどうなの?と思いましたが、あまりふかく考えずに、シンプルさを楽しめる絵本だと思いました。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうたみたい♪

    この絵本は、おうたを歌っているみたいに
    楽しく読める絵本です。
    「いちに いちに いちにのさんぽ♪」
    って読んでいると、本当にお散歩に行きたく
    なります!
    いろんな動物たちと、こんにちはをしている
    ところもとってもかわいらしいんですよ♪
    お散歩中に、このフレーズを口ずさんで
    しまいました!!

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家ではあいさつの本でした!

    息子が1歳だった時に絵本の配本を受けていて、その時に送られ
    てきた絵本でした。とてもリズミカルな文で、絵もシンプルではっき
    りとしているので息子もとても気にいっていました。

    我が家では、「いちに、いちに、いちにのさんぽ。さんぽあるいて こ
    んにちは」のこんにちはの部分で、いつも頭を下げるようにしていまし
    た。我が家では、挨拶をすることのすがすがしさを体感させる絵本と
    しても魅力のある絵本でした。お薦めです。

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット