十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あくたれラルフ」 みんなの声

あくたれラルフ 作:ジャック・ガントス
絵:ニコール・ルーベル
訳:石井 桃子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938267
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,255
みんなの声 総数 50
「あくたれラルフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • いたずら息子と一緒に読みたい絵本!

    • まゆくらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    この絵本を知るまで恥ずかしながら「あくたれ」という言葉の意味を知りませんでした。
    なので、年長の息子も「あくたれ」という言葉の意味がわからないかも?と思ったのですが、特に言葉の意味は質問されませんでした。
    きっとお話の流れでなんとなく、どんな意味の言葉なのかわかったのでしょう。
    子供ってすごいなぁと思いました。

    この絵本は息子はほとんどもってこないのですが、私は時々息子が寝る前にこの絵本をリクエストします。
    それは、息子がワガママを強く言った日などです。

    ひどいいたずらをして、まるで息子そのものだと思いながら読みますが、きっと息子本人も自分とラルクを重ねて聞いているのではと思いました。

    最後の方にラルクが家族に抱きしめられるページがあるのですが
    そこを見るととても幸せな気持ちになります。

    いたずらをしても大好き。しょうもないことをしても大好き。
    無条件でラルクのことが好きだということがよく伝わってくるので
    子供は聞いていてとても幸せな気持ちになると思います。

    思わず「○○くん(息子の名前)とラルクはそっくりね」と言いたくなるのですが、あえてぐっとこらえます。
    この絵本の感想を親が言ってしまうと、この絵本のよさが半減してしまう気がするので・・・

    読み終わった後にお休みのキスをしたら、なんだかいつもより嬉しそうな感じでした。
    『あくたれラルク』を読んだあとだからかな?と思いました。

    最近子供のいらずらにイライラするというお父さんお母さんの心もこの絵本を読むことで癒される気がしました。
    いたずらっ子のいる家にお勧めです。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • ママの為に

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    本の紹介を見て興味を持ち、読みました。
    そろそろ反抗期が始まり、怒ってばっかりな時に、ラルフのことを
    思い出します。
    いたずらばかり、本当にあくたれなラルフ。
    でも、ラルフの家族はそんなラルフにあきれたり、怒ったりしても
    愛想はつかしません。
    どんなにあくたれでも、自分のことを好きでいてくれる、そんな親になりたいと感じる本です。
    誰でも、あくたれな気持ちになり、その感情をうまくコントロールできずに家族に八つ当たりしてしまうような時が一度や二度はあると思います。そんな時、家族がラルフの家族のようであったら幸せだろうなと感じました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • うちではあまりよくない反応でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この絵本、結構みなさんに評価が高くてびっくりです。
    決して悪くはありませんし、邦訳が石井桃子さんなので、文章自体は読みやすいですが、
    私もうちの子も今イチでした。
    ラルフのだだっこぶりにも、う〜んでしたが、猫が悪さしたくらいで、捨ててっちゃうなんて!飼い主の風上にも置けない!!
    (後で、探して、また一緒に暮らしますけどね)

    全体的に話もだらだらと長かったような気がします。
    もうちょっと完結だったり、
    ラルフが勝手に家を飛び出して、すたれて帰ってきても、愛情をもって迎える。とかいう話だったらよかったのにな。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもを愛するすべての人へ

    • ラルフのママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    とにかく大好きです!!
    絵本のすばらしさが凝縮された作品だと思います。
    子どもがその物語の主人公になりきって普段やりたいけど怒られちゃうから出来ないようないたずらを空想の世界で体験する。
    もしも、実際にやってみて怒られても、それでも最後にはみ〜んな受け入れて愛してくれる存在がいること。
    愛してくれる人の困ることはしないようにしよう。と、ちょっぴり成長したけれどそれでもどうしても止められないいたずら心。
    最後のページまで子どもの本質を見事に描いていて私の中で最高の1冊です!!

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • よい

    お話が面白い。
    そして絵がまたいいです、
    ラルフの憎たらしさがよくでています!!

    前半ラルフのあくたれ具合に、
    読者も一緒にたまらなくなってきます。
    でもそこでラルフに試練が与えられ、
    存分にしごかれ痛い目に遭います。
    この展開は読者も読んでいて気持ちよいはずです。(笑)
    さらにその後寂しく哀れになったラルフの描写もいいです。
    簡単にハッピーエンドにはならないのです。

    そしてラストの1Pも効いていました。


    単純に優しくかわいいだけじゃない。
    リアリティーを持たせつつも、
    愛も籠っている、
    良い作品だと思いました。

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 憎らしい

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、男の子8歳

    ラルフの顔ったら、見事にあくたれ!
    あまりの悪事の多さに、ちょっと嫌悪感…。
    そこまで悪さしても、怒らない飼い主達?
    私は、我慢できません。
    ひどい〜。ひどすぎる!

    そこまで思い込めるのは、
    逆におもしろいから?
    ちょっとわからなくなりました。

    飼い主達の心の広さに脱帽です。
    最後まで憎らしいラルフでした。

    こんな風に思っても、
    『あくたれラルフのたんじょうび』
    読んでみたいと思ってしまいます。
    コワイもの見たさからかしら。
    +−ゼロで、☆3つです。

    掲載日:2011/05/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛されていることに気づいて☆

    「あくたれ」と訳した、いしいももこさんはすごいな☆
    確かに、いたずらややんちゃを遙かに通り越した「あくたれ」ですもの。
    「あくたれ」という響きに惹かれました。

    どんなにあくたれても、セイラはラルフが大好き、愛しています。
    それはまるで母親が反抗期の子どもを見ているような感じなのかしら。

    ラルフが改心するのにはとっても辛い環境がまっています。
    そんな中で、やっと自分が愛されていたことに気づくのです。

    きっと、子どもの成長と同じですね。
    社会に出て荒波を受けて初めて家族のありがたさが分かる、愛されているんだという自分自身の存在価値に気づく・・・・。

    難しく考えるといろいろ想像しますが、子どもといっしょに読むときには、めいっぱい悪たれている自分を想像して愉快になってもよし、やっぱりあくたれるのはよそうと考えさせるのもよし、・・・。

    おすすめです。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 悪い顔!

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    悪いことしているときのラルフの顔ったら!
    「わっるいやっちゃなー」と思わず言いたくなります。

    そして、ラルフがどんなにハチャメチャなことをしても、
    愛してくれているセイラの存在は、読む方にも安心を与えてくれます。
    ついつい我が子とラルフを重ねて考えてしまうのだけど、お願いだから
    程々にしてねーとつい思ってしまいます。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • あるある?

    『ROTTEN RALPH』が原題。
    ROTTENの意味がなかなかなところを、あくたれ、と訳したところに唸ります。
    悪たれ猫、ラルフの様子が綴られます。
    表紙からもうすごい猫相でしょう?
    もちろん、素行も相当なもの。
    ということで、とうとう飼い主からもあきれられて、サーカスに置き去りにされてしまうのですね。
    当然ひどい目にあって脱走するのですが、
    飼い主には温かく迎えられるという、安心の展開ですが、
    オチは健在です。
    多少けばけばしい画風が、案外シリアスな内容をポップに収めている印象です。
    子どものいたずらというキーワードで、共感できるかもしれませんね。
    幼稚園児ぐらいからでしょうか。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらがひどい…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    海外の絵本だからでしょうか。
    ラルフのいたづらが、本当にひどい。。
    読んでいて、えぇぇぇ〜となりました。
    あくたれという表現もいまいちなじまず、読んでいて違和感。
    でも、子どもは絵の感じや、「ラルフあかんなぁ。」といいながら見るのが好きみたいで、繰り返し読んでいました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット