アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

こがねのあしのひよこ」 みんなの声

こがねのあしのひよこ 作・絵:秋野ゆきこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784834014747
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,561
みんなの声 総数 10
「こがねのあしのひよこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最強のひよこ

    アルゼンチン民話ということです。
    今までのヒヨコのイメージが、一気にくつがえるほどの衝撃的な強さを持ったヒヨコです。
    なにしろ、トラよりもライオンよりも強いのですから!!
    この意外性は、子供も引き付けられていましたね。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館で息子が手にとり借りてみました。先に読んだ私の妹が「けっこう怖い内容かも」と言ってきました。私も読んでみると、確かにこがねの足をとられたひよこがその足を取り返す道のりには驚きました。でもそれは、片足をとった王様のところで役に立つのです。

    いろいろ大きな恐怖が襲ってくるけれども、打ち負けなければそれは大きな自信となって助けてくれる、というメッセージに私には受け取れました。

    世界各国の民話を読んでみるのも、おもしろいですね。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気に感動

    アルゼンチン民話です。

    「昔 あるところに、貧しい年寄りの夫婦が・・・・・」に始まる話か

    ら、最後は貧しい夫婦の元に宝石を持ち帰りみんなで幸せに暮らしまし

    たと、ハッピーエンドに大満足の私です。

    弱者が、勇気を出して奪われたものは自分の力で取り戻すことにもやっ

    ぱり感動しました。ひよこさんを応援したくなるし、諦めない勇気に

    感動しました。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • たべられないのがふしぎでした。

    「ランパンパン」ににてるとおもいました。

    びっくりしたところは、ちっちゃいのに、きつねとかライオンとか大きいものを、ひとのみしちゃったからです。

    ぼくものまれるかもしれないとおもいます。

    ひつじのかおのえがおもしろかったです。

    ふしぎなところは、のみこんだどうぶつを出すところです。

    あんな小さいくちばしなのに、大きいものが出るのはふしぎです。

    ひよこが、さいしょきつねかライオンの

    どれかにたべられちゃうかとおもったけど、たべられないのがふしぎでした。

    掲載日:2009/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気や底力

    先に「かたあしのひよこ」を読みました。

    その後、「ランパンパン」を読んで似たような感じを持ちましたが、このお話もその流れをくむもののようです。

    小さいものが知恵を使って強者に立ち向かうまたはこらしめるというお話を私は好きなのですが、この話は正にこのパターンなので好きです。

    胸がすくし、この場合は、ひよこが飲み込むものの量が大きくてダイナミックなお話だと思います。

    こういう話を読む時に封建的な社会でも理不尽さに泣き寝入りばかりでなく、立ち向かおうとする庶民の気持ちや勇気や底力など感じます。

    息子もこのお話は好きなのでよく読んでいます。

    このあひるはとてもかわいらしいひよこなのですが、意志の強さを感じます。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶっとんだ話が好き

    NHKのテレビ絵本で『かたあしのひよこ』が放映されていました。そこでその本を市内の図書館で物色していたのですが、なくて『こがねのあしのひよこ』があったので借りることにしていました。

    同じような話ですが、『かたあしのひよこ』がスペイン民話であるのに対して『こがねのあしのひよこ』はアルゼンチン民話です。遠く離れた地域なのに同じような話ができるのだなぁと思いました。

    若い頃民俗学に興味があり、世界中の民話や神話をぜんぶ読んだら、人類はどこからきて、どう移動しているかわかるようになるかもしれないと恐れ多い夢のようなことを考えていたことがありました。

    今でも民話とか神話好きです。民話とか神話ってかなりぶっとんだ話があるのですよね。
    姪っ子が好きな話は、この『こがねのあしのひよこ』の他に『かたあしのひよこ』、『ガラスめだまときんのつののヤギ』、『三びきのやぎのがらがらどん』などが好きです。民話でどれもみな内容がぶっとんでいます。おばさんと姪っ子はぶっとんだ話が好きなのです。

    掲載日:2007/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館で読み聞かせのボランティアをしていますが、この本を読んでる時にそわそわしたり、ふざけたりする子は一人もいません。みんな固唾をのんで真剣に聞き入るのです。読んでいる私も、子供たちに促されてページをめくる感じです。この手応えはなんだろうと、不思議に思います。民話の持つ底力なのでしょうか。
    読み終えると子供たちはホッとした顔になり、うれしそうに拍手をしてくれます。ちっぽけだけれど特別なひよこと自分とを同一視して、その波瀾な冒険に共に立ち向かっているのかもしれません。晴々しい気持ちになれる一冊だと思います。

    掲載日:2007/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣き寝入りしません!!

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    こがねの足を王様に片方取られてしまったひよこちゃん。泣き寝入りなんてしません!!

    淡々と確実に驚くようなことをやってのけるヒヨコちゃんが、たくましくもあり、ちょっぴり恐ろしくもあり。ヒヨコちゃん、小さいけれど、なかなかの曲者です(笑)

    掲載日:2006/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穏やかな中に闘志を秘めたひよこちゃん

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    『かたあしのひよこ』(水谷章三:作)と同じ話です。でも、「かたあしの〜」はスペイン民話ですが、こちらのはアルゼンチン民話となっています。
    出てくる動物も多く、きつね、ライオン、とらが活躍します。(「かたあしの〜」は、オオカミ、ライオン)

    「かたあしの〜」は、挿絵が私の大好きな いとうひろしなので、かなり肩入れしているのですが、物語としては、こちらの方が丁寧です。おじいさん、おばあさんの家にひよこが生まれるところから始まり、再びおじいさん、おばあさんと幸せに暮らすページで終わっていて、納まりがいいですし、起承転結がきちんとしています。
    挿絵もきれいな色使いで、絵本としてとても完成された良いものだと思います。

    それにしても、ひよこちゃん、やっぱりかなりパワフルですね。こっちのひよこの方が血の気は少なく、穏やかな中にも強さを秘めている感じですが。
    自分の盗られたものは、きちんと自分で取り返しにいく、という毅然とした態度が素晴らしいですね!

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桃太郎アルゼンチン版?

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    アルゼンチン民話です。
    こがねとは金のことで、
    貧しい夫婦の家で飼っていためんどりがこがねの足をもったひよこを生んだところからお話が始まります。
    桃太郎のすご〜くかわったバージョン!という感じかな。
    このすご〜くかわった・・っていうのがミソなんですけどね。
    え?って思うことの連続ですから(笑)
    外国の民話って発想がとてもユニークですよね。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット