おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

サボテンマルティ 大あらしがやってくる」 みんなの声

サボテンマルティ 大あらしがやってくる 作・絵:川端誠
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784892387784
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,670
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 男の子向きかな

    次男が図書館で選んできた絵本です。
    絵も可愛いのですが、この本の主人公のマルティが、勇敢でやさしくて、とても次男には気に入ったようです。

    ドキドキハラハラのストーリー展開なので、4歳の子が読んでいても飽きません。

    掲載日:2014/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • サボテンがしもやけになった こんなはじまりからしておもしろいお話しです
    川端 誠さんの絵がおもしろく お話しもなかなかドラマティックでわくわくしながら楽しめました

    人間に知られていないところで サボテンたちがお互いに嵐から助けあったステキな仲間のお話しでした  「バンザーイ!!」

    サボテンシリーズがあるのですね
    読んでみたいです

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • サボテンが主人公!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    私がサボテンが大好きなので目に留まって借りてきましたら
    落語絵本で有名な川端さんの絵本でした!

    サボテンが人知れず、嵐から身を守るお話に「えー、ありえない」
    というつっこみを密かに入れつつ、楽しく読みました。
    サボテンは、人の言葉がわかるといわれる不思議な植物です。
    部屋にあるだけで和みますが、そんなサボテンが絵本の主役とは驚きです。
    このお話のように、人間の知らない間に会話してるかと想像すると楽しいです。

    他の方のレビューを見ると、最初にサボテンがしもやけになっていたのには、
    前シリーズから続く理由があるようなので、ぜひ他のシリーズも読んでみたいです。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとの知らない出来事

    南の島の植物園で一時静養するサボテンのマルティたち。
    滞在中に大あらしが到来!
    温室の外にいるサボテンたちを守ろうと、マルティたちが奮闘するお話です。
    自分たちは安全でも、仲間が犠牲になるのを黙って見ていられない!
    無茶を承知で、頑張る温室のサボテンたちの姿がステキでした。

    嵐が過ぎ去って、人間たちが見たものは・・・とっても不思議な光景。
    ここまで読んできた私達は、ふふふ・・・というカンジですが、
    実は、世間を騒がす不思議な事象にも、こういう理由が潜んでいるのかもしれないな〜と思うと、ますます、ふふふふ・・・というカンジでした♪

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちを助ける

    4歳5ヶ月の息子に読んでやりました。前作のマルティのお話が好きだった息子にまた続きをとせがまれました。今度は、大嵐がやってくる。以前、ともだちのサボテンは大ダメージだったことから、みんなで温室の中に入って被害を受けないようにと助け合います。おかげで、みんな元気で無事。過去の経験を教訓に、みんなで助け合うってとてもステキ。まだ、息子くらいだと、過去の体験に基づいて○○をしようとか、しないようにしようなんてなかなか学ばないというか、記憶がないというか。そういうことをひとつひとつ考えてくれればな、と思いましたね。息子はマルティの強さに感激していたみたいですが・・・。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早く別のやつ〜

    この絵本を読んであげた後に、別のシリーズもあるのを教えてあげたら「早く次のやつが読みた〜い!!」って言ってリクエストされました。サボテンのチクチクな感じが気にいっていて、そのサボテンがしゃべったりするので面白いんだそうです。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • サボテンマルティの活躍

    サボテンマルティの活躍やみんなの一致団結で大嵐の中でも無傷だった

    サボテンのオプンティアたちによかったねって思いました。

    マルティだけ吹き飛ばされたのですが、シュロノキの葉にひっかかって

    いて笑えました。仲間のサボテンたちの喜ぶ顔が上手く画けているなあ

    って思いました。サボテンの種類も学べました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間に知られずに

    ちょうどこのサボテンシリーズが3冊同時に借りられました。前作でしもやけになったということがわかっているので、話にスムーズに入れました。

    毎回そうですが、人間に知られずに、サボテンたちが一仕事しているのが、おもしろいです。

    あらしを前にしての緊迫感やサボテンたちの表情が見ていて楽しめました。

    オプンティアの歌声ってどんな感じでしょう。サボテンたちが種類をこえて仲良しなのが微笑ましく感じます。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • さぼてん怖い

    私がさぼてんが好きで絵もかわいいからと図書館で借りてきたのですが、まだ触れたことも見たこともないのに他の本でサボテンは痛いと覚えていたらしく、怖いから嫌と。。。
    読んでみたら、おもしろかったようで夢中でした。
    サボテンにいろんな名前があるのが知らなかったのでカタカナを読むのに苦労しました。
    みんなで力をあわせて大嵐に立ち向かい、マルティはとばされちゃったけどなんとか乗り越えてという話でしたが、二人の子に団結するすばらしさなど伝わっているとうれしいですね

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • サボテン・ワールド

    絵本では、サボテンまで主人公になっちゃうんですね。その自由な発想につい手に。
    マルティをはじめ、みんなの協力で嵐をやりすごすのが痛快です。
    カルネギア・ギガンティアさんの枝は残念でしたが、このあと職員さん達がこの事態にどうケリをつけたのか、後日談を聞いてみたい話でもありますね。

    でもこれ、前作がいくつかあるのですよね。
    南の島しょくぶつえんで療養するしもやけになったサボテン達のエピソードも、一冊になっているようですし、最初から読んでサボテンの世界を味わってみたい。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット