すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おでかけのまえに」 みんなの声

おでかけのまえに 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008548
評価スコア 4.76
評価ランキング 581
みんなの声 総数 205
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

205件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 優しい気持ちになれる絵本です。

    イヤイヤ真っ盛りの息子。出かけるのも一苦労。
    朝から晩まで本当に疲れちゃう。成長の過程なんだってわかってはいるのに。
    この本は図書館で出会いました。読み聞かせるとなんだか親の私の方が、心がほぐれていくような、緊張していたからだが緩んでいくような、そんな優しい気持ちになれました。

    この絵本にでてくるあやこちゃんのおかあさん、おとうさんのように、心に余裕をもってこどもに寄り添って行きたいなと感じます。

    なんだか疲れてしまった時、息子に読み聞かせながら、改めて息子をいとおしく思える私にとって大切な絵本になりました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 愛しい…

    こちらのサイトの紹介ページを見て、すぐに借りました。
    紹介されていたページは、あやこちゃんがお弁当をぐちゃぐちゃに詰めていた場面です。
    それを見ただけで、3歳の娘と重ね合わせ、愛しい気持ちでいっぱいになりました。
    借りて読んでみると、やっぱり良かったです。
    忙しいお母さんの代わりにお弁当を詰めて、「見て、お弁当を詰めてあげたの」と得意げに言い、パジャマで手を拭くあやこちゃん。
    もう、一緒一緒!
    娘も、いくら注意しても、洋服で手を拭きます。
    みんなそうなんですね…。
    それにしても、お父さんのカメラが、壊れなくて良かった。
    カメラのひもを引っ張って、そのまま何かにぶつかって壊れちゃったらどうしようかとハラハラしながら読みました。
    娘と一緒に「あ〜あ」と言いながらページをめくり、「○○ちゃんと一緒だね」と言うと、娘も、「うん♪」とにやけて答えています。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • ありがとう。出会えてよかったです。

    仕事に復帰して、忙しくてイライラしていた時に出会った絵本です。


    そうそう、お出かけするときに限って子供ってやらかすのよね。と読みはじめて
    いたずらして後のあやこちゃんの表情が、満足げで、
    なんだかほほえましい気持ちになりました。


    いつもの私なら、きっとイライラしてしまっている その場面をみて
    なんだか優しい気持ちが込み上げてくるなんて

    この絵本を読んで、息子に優しい気持ちで接してあげられるようになりました。

    4歳近くになったいまでは、あーやちゃったね。と息子と一緒に笑い合ながら
    読むことができるようになりました。

    子育てに悩んでいる方に読んでほしい絵本です。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 娘のツボでした

    図書館から借りてきて読んだのですが、娘のツボでした。
    すごーく共感できるみたいです。あやこに(笑)。
    読んであげてもあんまり反応なくてその後も放置、という
    絵本もありますが、この絵本は違う!
    すぐに自分でも読んで絵も描いてその後また読んでと言って
    きました。
    自分の分身を見ているような気分だったのだろうなあ。
    おでかけの前の子どものこんな行動って、親としては
    とても迷惑な話ですが、子どもにとっちゃむしろいいことを
    しているって意識があるのでしょうね。
    あやこがおとうさんのばっぐをしめてあげようとする
    頁では毎回「やさしい子だね」と娘は言いますもの。
    うーん・・そういうわけじゃないのだけどなあ・・と
    心の中では思うのですが、もちろん娘に同意してあげて
    います(笑)。こういうところで同意してあげれば
    きちんとしたお手伝いのスキルも身につけてやさしい子の
    まま育っていってくれるかしら?

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • おとうさん、おかあさん、ご苦労様

    • ウィスターさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 男の子2歳、男の子1歳

    この絵本を読んだあとの、私たち夫婦の意見は「このお父さんとお母さん、優しいねえ」で一致しました。うちの子もそうですが、ばたばたしているときに限って子供って足を引っ張ってくれるんですよね。こちらも気持ちに余裕がなくなっているから、ついつい声を荒げたりしてしまいますが、子供の心理としてはこの絵本のあやこちゃんのように嬉しくって張りきってるだけ。親の方に受けた絵本でした。
    長男はしばらく「おてつだいはもうけっこうよ」と言うのがお気に入りでしたが、それはこっちのセリフだ!

    掲載日:2003/12/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子供が読む絵本…?

    おでかけ前の、わくわくする子供の行動や心理がよくかけている
    絵本だと思います。
    大人が読むと、あぁ、わかる、うちの子供もそう、と共感を持てるのですが、これって子供が読んでも楽しい絵本なのでしょうか…。
    うちの子供に読み聞かせても「ふーん」といった感じで、リアクションはいまいちでした。

    掲載日:2016/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 2歳にオススメ

    一歳の時に娘に読ませましたが、それなりに反応がありました。内容は、普段あるある2歳児といった感じです。ウチの娘は一歳の時の方がなんでも自分でやりたいピークだったので、私はこの本に共感しちゃいました。今は何もしたがらないので、またこんな時期がこないかなあと思っています。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 色々やってくれる子供に優しくなれました

    • やじみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子5歳

    子供が2歳のやんちゃ盛りに読みました。

    ピクニック前に勝手に先に外に出て、転んで泥だらけにしてきたら、私だったら「なにやってんのー!」と怒ってしまいそうです。
    でも、この絵本を読むと、ピクニックが楽しみで仕方がなかったあやこちゃんの気持ちがよくわかり、とても愛おしく感じます。
    「ころんじゃった…」としょんぼり帰ってくるあやこちゃんに、絵本の中のお母さんは何も言わず(というか何もセリフが書かれていない)着替えさせてあげ、みんなで楽しくピクニックに出かけていきます。
    そうだよね〜せっかく楽しいピクニックのために準備をしているのに、怒って台無しにするなんてもったいないよね。

    色々やらかしてはくれるけど、子供なりの思いがあり、それはとても可愛いものだということに気づかせてもらった絵本です。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラ、のち、ほっこり

    2歳の娘と読みました。
    同じ作者の『ちょっとだけ』という作品を読んでいたので、おりこうで頑張り屋の主人公かな?と思っていたら…
    頑張り屋さんが、成長して(別の女の子ですが、成長としては少し後?)、空回りしちゃっていました!!
    読んでいてハラハラが止まりませんでした。
    娘にあやこちゃんを重ねてしまいました。
    あーもーやめてーー!と、心で叫びました。
    最後はほっこりします。

    何より、このパパとママみたいな寛大な気持ちで、娘と接してあげようと思える絵本でした。
    こんな頑張り屋の空回りも、きっと大切な成長過程で、いつかは愛しいエピソードに変わるんだろうな、と、思えました。
    たまに読んで、心に据えたほうがいいかも?

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパとママがすごいです!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

    家族でピクニックにいく日の朝の、
    あやこちゃん(4歳くらい?)の興奮を描いた一冊です。
    2歳の娘と読みました。

    朝目覚めてカーテンを開けて、
    晴れてることに喜ぶあやこ。
    昨日から楽しみにしてたんだね〜。

    ここまではほほえましく読んでいたものの、
    次から次にあやこによって起こされる騒動には、
    あらあらあら〜ってカンジです。

    2歳の娘と全く同じ。
    どうして、じーっとしてられないんだろう・・・
    興奮しすぎてほんと「いらんことしい」な娘にも
    あやこ父母は怒ることなく対応。

    すごい〜! 
    なんていいパパママなんだろう!
    とても真似できません!

    私なんて娘と一緒に読んでるはしから、
    「アナタはこういうことしないでね」と言ってしまいました(笑)。

    せっかくお気に入りの服に着替えたあやこ、
    その服さえも汚してしまって、
    もうもうもう!ってカンジですが、
    結局お着替えしたあとの服のほうが、よく似合ってます。

    裏表紙の、家族でピクニックをしている絵を見てほっとしました。
    どうなることかと思ったけど、
    無事にピクニックにいけてよかったね!

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    1

205件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おによりつよいおれまーい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(205人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット