大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ちいちゃんのさんぽ 」 みんなの声

ちいちゃんのさんぽ 作・絵:しみず みちを
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784593561018
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,506
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 女の子のほのぼの絵本

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    主人公の女の子、ちいちゃんはちょうど娘とおなじくらいの
    年頃なのかな?

    音のなるサンダルを履いて、
    ねこがきて犬がきて、
    みんなでおさんぽ。
    とってもほのぼのとした絵本です。

    途中ちょっとしたハプニングもすぐに解決。
    起承転結がしっかりしていて、
    とってもおすすめです。

    ちいちゃん、まだまだシリーズがあるようなので、
    他の絵本も娘といっしょに読んでみようと思いました。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子を守ろうとする親の気持ちは、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    犬も猫も同じですね。みいこのお母さんところたのお父さんの、ちいちゃんを威嚇する表情が怖いです。ちいちゃんとみいこちゃん、ころたが一緒にビスケットを食べている場面で我が子も「美味しいね、パクパクパク」と一緒になって食べていました。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなお子様にも!

    我が家には私が子供の頃に読んでいた同シリーズの「ちいちゃんとじゅうごや」があります。
    その時のちいちゃんより若干こちらの絵本のちいちゃんは小さい年頃の気がしました。
    このシリーズ,絵も素朴で温かみがあり,親子でほのぼの安心して読める絵本ですね!
    文章の長さ的にも2歳くらいから十分楽しめるシリーズだと思いますが,こちらはもう少し小さなお子様にも楽しめそうですね。
    「おさんぽ」小さなお子様にも共感しながら読める絵本だと思いました!

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりも

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    以前、ちいちゃんのまめまきの本を読んでこちらにも興味を持って読んでみました。
    楽しく動物たちとお散歩するちいちゃん。
    のどかでいいなー、幸せそう、と思っていたら猫や犬の親が現れて…。
    びっくりするところもありましたが安心できるお話でした。
    猫も犬も親はやはり親で子どもが大切なんだなーと思えて良かったです。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりお散歩

    最近の日課は、娘とお散歩をすることなので、
    この絵本も楽しく読むことができました。
    犬とねこと一緒にお散歩するなんて、素敵!!
    犬とねこのパパとママが怒って登場するところは
    ちょっとだけこわかったですが、おもしろく
    楽しく読むことができました。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい絵本

    昭和のにおいのする本…と言ってよいでしょう。

    ぴいぴいサンダル履いてお散歩、ねこのみーこといぬのころたが一緒に
    お友達になって遊びます。

    これといって特別な何かをするわけではないちいちゃんのお散歩ですが、日常のお散歩ってこういうものなんですよね。歌を歌ったり、草を摘んだり、お腹がすいたらちょこっと持ってきたおやつを一緒につまむ。子どもの目線にたって描かれているような、だからこそ子どもが夢中になれる。

    息子はこの本を読んだ後、お散歩していると、ちいちゃんの「らららんるるるん」と歌いはじめました。ちいちゃんのお散歩と自分のお散歩の風景が重なったのかな、と思います。
    私が子どもの頃は、こんな本を読んでいたのかな、と懐かしい気持ちになれるような、やさしい絵本です。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさい!

    ちいちゃんシリーズのはじめの本!
    びっくりしたのが、みいちゃんもころちゃんも小さい!
    あまり擬人化されていないので
    驚きました。
    これから出される本は、二本足でたったり、
    ちいちゃんと同じくらいの背丈で友達のような感じだったのに
    最初は猫ちゃん、犬ちゃんという感じです。

    こうやって仲良しになったんですね。
    ちいちゃんだいすき、っていう言葉がすきです。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    ちいさな女の子がぽわっと登場して、ちいさな犬や猫がやってくる。
    こういったほのぼのした物語は大好きな娘です。動物も好きだし。
    ちいちゃんだちいちゃんだと言いながら、ひとりでも読んでいたりします。
    子どもがほのぼのした空気の中にいるのをみると親である私も
    ゆったりとした気持ちになれて、「ほのぼのしていられる時間や環境」を
    守ってあげなければならないなあなどと思います。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずは散歩で知り合う

    2歳の息子に読んでやりました。最近長めのストーリーの絵本を好むようになってきたので、物足りないかと思ったのですが、そうでもありませんでした。

    リズミカルなかけ声が楽しいですし、どんどん仲間が増えていき、しかも親が出てきて誤解されたりするハプニングもあり、集中して聞いていました。

    ただ、登場人物が多いので、誰がどの台詞を言っているのか混乱しがちです。聞いている息子も、よく理解していない様子でした。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいちゃんシリーズは、いいですよう

    これって多分、ちいちゃんシリーズの1冊目なんでしょうね。
    みいちゃん(ネコ)・コロちゃん(イヌ)との出会い編ってとこ。

    ちいちゃんシリーズは、私と子どもには、すっかりお馴染みで、
    大好きなシリーズです♪このシリーズは、もしかすると今の絵本
    ナビママさんたちが産まれるより前の本ですが、本当に面白いです。

    この本は、今まで何冊もシリーズを読み続けてきたので、ちょっと
    前後しましたが、反応は良かったです!

    ただ、我が家では、みいちゃん・コロちゃんのことを
    「にゃー、わんわん」と読み続けてきたツケが回ってきました!
    みいちゃん・コロちゃんのパパやママが出てきたのだ!
    パパやママなのに「うちのにゃーをっ!」「うちのわんわんをっ!」
    って・・・(汗)。でも、今更名前がありましたとも言えず・・・。
    みなさーん、名前はきちんと読みましょう!
    とほほ…。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット