もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ピーン」 みんなの声

ピーン 作・絵:古賀充
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年05月
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,108
みんなの声 総数 9
「ピーン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルな本でした。

    • ハイボンさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、女の子2歳

    「クシャクシャ」「ピーン、○○です。」「クシャクシャ」「ピーン、○○です。」この流れがとてもよく、親のテンポで楽しく読めます。
    また、子供にとっても、使っている言葉が少なく何度も繰り返されるため、記憶に残りやすいようです。本を読んでやろうかと言うと「ピーン!」と言って自分で持ってきたりします。子供にとっては結構お気に入りになっています。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • シンプルで分かりやすい

    クシャクシャのものが、ピーンと のばされる…
    この繰り返しなのですが、おもしろいです。
    のばしたら何になるのかな?と、小さなお子さんでも楽しめると思います。
    シンプルな切り絵なので、とても分かりやすく、ページもスッキリとしています。
    文字は最小限なので、読み聞かせにも良いと思います。
    想像力を広げてくれる一冊です。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • へ〜っ!

    これは、なかなか新鮮!
    今までになかったカンジです。

    クシャクシャの紙を、ピーンと伸ばす。
    まったく違うものに変身するわけではなく、ヨレヨレの紙をアイロンで伸ばしたというカンジ。

    ページをめくるたび、背筋が伸びる気がしました。

    シンプルですが、へ〜っ!と思った一冊です。

    掲載日:2014/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピーン

    とてもシンプルな絵本で、「くしゃくしゃ」と「ぴーん」という言葉が印象的(というかほぼその言葉だけなのですが・・・)な絵本です。
    なんとも、読んでる時の音が楽しいのか、子供は「くしゃくしゃ」「ぴーん」と真似してました。

    文字もすごく少ないので、絵本読み始めのお子様向けかもしれません。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力

    クシャクシャだったりしぼんだ状態からピーンってなった状態を想像する絵本でした。うちの子は正解と違った見え方をしていたりいて、子供の感性みたいなものが感じれてよかったです。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん

    幼稚園の定期購読でもらって帰って来ました。

    娘にははまらなかったらしく、一回読んで「面白くないやん?」と本棚の肥やしになってしまいました。娘は物語のある絵本が好きだからかな?

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピーンごっこ

    くしゃくしゃなものが
    ピーンとして、見えてくる。
    単純だけど楽しいです。
    ハンカチをくしゃくしゃにして
    ピーンって言いながら、子供と遊びます。
    洋服もピーン、
    靴下もピーンって。
    声をかけながらすると楽しいです。

    掲載日:2011/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • クシャクシャが…

    クシャクシャなシャツがピーンとなるお話です。

    今までクシャクシャだった物がピーンとなるだけで、こんなにも気分がいいのか!ということに気付かせてくれる絵本でした。
    あっぱれ!という印象を受けました。

    子ども達に是非、読み聞かせてあげたい絵本です☆

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて子供が自分で読んだ本

    • こてりゅうさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    切り絵の本。
    「クシャクシャ」 の次のページは 「ピーン ○○です」
    という単純な言葉の繰り返し。
    この繰り返しが心地いい。

    それがハマッタのか
    うちの子が初めて自分で読んだ。
    ただカタカナは読めないので ○○です の所は自分で考えて読んでいた。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット