うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ベッドのしたにはなにがある?」 みんなの声

ベッドのしたにはなにがある? 作:マイク・マニング ブライタ・グランストローム
絵:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784566006508
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まさか

    ベッドの下になにがあるか、気になってみて、まさかまさか板をはがして探検するなんて、それで結局最後は地球の真ん中までいっちゃった!すごい壮大な冒険ですね。スケールが大きい!自分のベッドから地球までいっちゃうなんて驚きました。疑問を持つことの素晴らしさを感じました。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした科学絵本

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    兄弟の会話で「ベッドの下にはなにがある・・・?」
    と始まるお話は、ちょっとした科学絵本です
    どんどんと地下を掘り下げていく冒険でもあるので、子供も興味津津ですね

    恐竜の化石、宝石・・・地球の真ん中・・・・
    大人も一緒に勉強になりました

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブックトークで紹介するのにお薦め

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「ふしぎだな?知らないこといっぱい」シリーズの1冊です。
    “ベットの下”って、どこまで下に行くのかと思ったら、かなり深いところまで掘り下げてくれていました。

    こういうちょっとした身近な不思議や発見は、見たり触れたりした子どもたちは、好奇心の翼を大きくはばたかせてくれそうな気がします。
    絵ははっきり見やすく、説明も程よい長さで分かりやすいし、主な物語新工場の文字は大き目で描かれていますが、
    ちょこちょこと書かれている細かい説明文が多く、その部分の説明書きは小さ目な文字でまとめてあるので、読み聞かせとかに使うのは少し難しいものがあります。
    この本を紹介する時は、シリーズ全巻持って行ってそれぞれの面白さをブックトークして、あとは自分たちの(子どもたち)の興味で読んでもらうほうがいいかもしれません。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し大きくなってから

    3歳には、ちょーっと難しいか〜。って内容。
    でも、不思議なワクワク感は伝わったようで、
    読み終わったら、「ベットのしたにはなにがある?」と
    質問された。
    「ベットのしたには、○○と▲▲のへや」と
    超現実的な返事をする母。
    だって、、そのとおりだから…。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球がわかる

    自分が今いる地面のずっとずっとずっと下には
    どんなものがあるか、
    ずんずん進んでいくと地球の真ん中まで行ってしまいます。
    冗談じゃなしに本当のことなのでなおさら面白いです。
    読んだ後、
    「え〜〜〜!」と、驚く子ども。
    とても不思議な気分になります。

    これと対照的なのが
    かこさとし「ぼくのいまいるところ」と言う絵本です。
    こちらも合わせて借りました
    こっちは
    今いるところからどんどん空に向かってくお話で、
    宇宙の果てまでいってしまいます。

    どっちも大喜びでした。

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • へえ、そうなんだ?

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    「ベッドのしたにはなにがある?」というタイトルから、ごみとかほこりとか床しか思いつかなかったですが、なんとこの本は床の下、土の中、・・・・とどんどん地球の中心に向かってお話が続いていくのです。

    途中からは聞きなれない名称もたくさん出てきますが、小さな字で解説が書いてあるので、親も勉強になります。
    最後のほうは知らなすぎて
    「へえ、そうなんだ?」
    としか思わなくなってしまいましたが、最後の縦の見開きの絵がとても分かりやすくこのページに助けられた感じです。

    この本に出会うと出会わないとでは、地学に関する興味が少し違ってくるかも?と思わせる1冊です。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本で学ぶと楽しいよ♪

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    パパが読んでくれた絵本です♪

    ベッドの下に何がある?
    って聞かれて、あなたなら何て答えます?
    ん〜、うちの場合、ホコリとかゴミとか、小さいおもちゃだとか・・・?!
    まあ、この本でも「ベッドのしたにあるのはゆかいた、それからほこり。」とあるので、ホッ。
    でも、それだけじゃありません!
    本文より小さい字で、ほこりの正体が説明してあり、さらに「じゃあ ゆかいたのしたには なにがある?」と続いています。
    ゆかいたの下にあるのは、電気や水道などの管とネズミの巣。
    その下は・・・???

    どんどん掘り進むと、土の中はどうなっているのか?
    大人でも意外と知らないことも多いんじゃないでしょうか?
    教科書で勉強するのは嫌いでも、こんな絵本で勉強したら、とっても楽しいよ♪

    見開きを縦にして見る、ラストのページが圧巻です!

    掲載日:2004/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット