たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

さる☆るるる Special」 みんなの声

さる☆るるる Special 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1998年
ISBN:9784871100205
評価スコア 3.83
評価ランキング 28,930
みんなの声 総数 11
「さる☆るるる Special」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • オーディション

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    さるの親子のオーディションのお話。
    3歳と5歳の子に読みましたが、他のこのシリーズに比べてちょっと難しかったかな。
    意味がちょっとわかりづらかったです。
    私自身も他のこのシリーズのほうが好みでした。
    さる ○○さる、といった感じで話が進みますが、ちょっと辛そうだなと思うところもありました。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さるママ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    「さる・るるる」第3弾です。
    さあ、どんなSpecialでしょうか。
    冒頭から、何やら夢中のさるママ。
    数ページ次進むと、子どもにおめかしさせてオーディションを受けさせている模様。
    いわゆる、ステージママですね。
    でも、どうやら、予選落ち。
    親子の絶妙な表情の違いも読み取りましょうね。
    そう、だからこそ、「さる」。
    またやられました。
    これは親にとってもちょっと考えさせられます。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • さるシリーズで一番好きです

    さるシリーズ三作もっていますが、これが私の一番好きな本です。ショッピングで服を買い、そのままオーディションに行き・・・といった内容で、他のシリーズのさると違って、女性のさるですが、女性の性格が良くあらわれていて好きです(*^_^*)うちの息子も意味はよくわかっていないようですが、さるシリーズが好きで、ばく くくくも購入しました。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    さる〜さる、の言葉遊びです。
    私は、なるほどーと思って読んでいましたが、子供にほチョット・・・
    「おぶさる」「まさる」など、普段うちでは使っていない言葉がたくさん出てきたので、この本の面白さが解らなかったようです。
    一つ、一つの言葉で「おぶさるって何?」と、説明を求められながら読みました。
    言葉を多く知っている子には、面白い本でしょう。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • オーディションを知らないとわかりにくい

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    『さる・るるる』ファンで、『さる・るるる』と『さる・るるる one more』と同時にこの絵本も読んでいますが、オーディションを受けに行くという話なので、オーディションを知らない子供達(2歳と4歳)には内容が分かりづらいようです。それでもリズム良く読めるので星4つにしておきます。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもとちがう?

    「さる・るるる」が気に入って「さる☆るるる Special」も読んでみることにしました。

    さる と るるる の間が「☆」なだけに何だかいつもと違うな〜
    おさるさん オシャレしてるの? それともいつもと違うおさるさん? 息子と悩んでます・・・・・

    シリーズの中でこの本はちょっと言葉が難しいかな・・・と思いました。楽しさはそのままだけど・・・

    単純だけど奥が深いと思います。
    真似っこして「る」がつく言葉やほかの言葉でも遊んでます。
    そうすることで語彙が増えていく気がします。

    この本に出会えてよかったと思います。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味太郎さん

    五味太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。以前にも”さる☆るるる”を読んだ事があったので親近感が湧きました。”さる”という言葉に注目して語尾を統一してストーリーを展開していくのが良かったです。言葉の魅力と不思議さと楽しさをそれぞれの場面で十分に生かしている所はさすが五味太郎さんだと感心しました。言葉に対してもっと真摯な気持ちで向き合いたくなる絵本です。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回は親子で

    『さる・るるる』シリーズの第3弾です。

    今回は親子の様子が描かれています。
    親子のやりとりだったり、気持ちのズレをユーモアに描いていて、面白いなぁと思いました。
    さすが、第3弾だけあって、内容的には少し高度な気がしましたが、幼児さんくらいからなら楽しめるのではないでしょうか。

    言葉遊びに興味を持ち始めた子ども達に、是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママざるとコざるのやり取りが楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    五味太郎さんのさるシリーズの第3弾。
    「さる・るるる」、「さる・うるる One More」とは、主人公も違っていて別ものになっています。

    今回の主人公は、ママざるとそれにつきあわされるコざるで、オーディションを受けるという設定です。
    何せ、「リハーサル」というのが笑えます。

    前回までの単純な言葉遊びというよりも、そのストーリーを大いに楽しむという趣になっています。
    特に、ママざるの思惑通りにならなくて、オーディションに落ちてしまうと、「ふてくさる」とかになるのですが、最後は手をつないで「さる・さる・さる」になっていて、とてもほのぼのさせてくれる作品です。

    子供よりも大人の方が楽しめる作品かも知れません。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • オーディション編

    • PIROさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    さる、オーディションを受けるの巻ってところでしょうか。
    さるの親子がオーディションに向けて衣装を買いに行ったり
    会場へ向かったり、オーディションのリハーサルがあったりと一通りの流れが、さる★○○るでお話が進みます。
    ○○るという言葉がこんなにあるとは。
    大人の方が楽しめるかもしれません。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット