虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

ディドルさんの公開ページ

ディドルさんのプロフィール

ママ・40代・鹿児島県、男の子12歳 女の子10歳

ディドルさんの声

408件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 本当に長い旅!  投稿日:2015/06/03
センシュちゃんとウオットちゃん ながいたび
センシュちゃんとウオットちゃん ながいたび 作: 工藤 ノリコ
出版社: 小学館
9歳と7歳の子供達に読みました。
題名のとおり、長い旅で、四季の移り変わりを心ゆくまで楽しみました。
最終段階のお空の旅も夢いっぱいで、子供達は笑い転げながら、センシュちゃんの後を追って、一緒に旅をしてきたようです。
さすが、工藤ノリコさん、子供達の気持ちを掴む楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お話が沢山  投稿日:2015/06/03
センシュちゃんとウオットちゃんおやつのくに
センシュちゃんとウオットちゃんおやつのくに 作: 工藤 ノリコ
出版社: 小学館
9歳と7歳の子供達に読みました。
お話が沢山入っていて、センシュちゃんとウオットちゃんが大好きな子供たちですので、どれも楽しんで一気に全部読んでしまいました。
子供達は毎回センシュちゃんが何をするのかワクワク・ドキドキ。
全部を一気に読む時間がなくても、毎晩1話ずつ読み聞かせもできて、小さなお子さんにも喜ばれるかと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 庭をつくりたくなります!  投稿日:2015/06/03
庭をつくろう!
庭をつくろう! 著: ゲルダ・ミューラー
訳: ふしみ みさを

出版社: あすなろ書房
9歳と7歳の子供達に読みました。
長いお話だと思っていましたが、子供達は最後まで楽しんで聞いていました。
感想を聞いてみますと、娘は「私がキャロリーヌだったら、さくらんぼと苺と桃とブラックベリーを植えたい」と言い、息子は「ブルーベリーも」と言っていました。
手元に置いておきたい1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供達は苦笑していました  投稿日:2015/06/03
ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ
ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
9歳と7歳の子供達に読み聞かせました。
家族揃って、工藤ノリコさんのファンですので、読む前から楽しみにしていました。
9歳の息子は、ノラネコぐんだんの行動に、周囲の人たちが迷惑をこうむって可哀想、と苦笑していました。
楽しい絵本ですが、子供達はセンシュちゃんシリーズやピヨピヨシリーズの方が好きなようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛らしいピヨピヨ  投稿日:2015/06/03
ピヨピヨ はじめてのキャンプ
ピヨピヨ はじめてのキャンプ 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
9歳と7歳の子供達に読みました。
ピヨピヨシリーズが大好きな子供達ですので、この絵本もワクワクしながら読みました。自然が大好きな子供達ですから、ピヨピヨのキャンプに同行しているような気分で楽しんでいました。
ピヨピヨシリーズが増えて、とても嬉しいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供達と話し合うのに良い絵本  投稿日:2015/06/03
たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本
たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本 文: 間部 香代
絵: ナタリー・レテ

出版社: マッシュノート
「全ページためしよみ」を利用して、9歳と7歳の子供達に読みました。
なるほど、と考えさせられる絵本で、読み手の大人の方が気に入る絵本かと思います。
子供達は静かに聞いていましたが、じっくり感じて考えさせるには、読み聞かせより自分で読ませた方が良かったかも・・・と思いました。
今は売り切れで購入できませんが、入手できたら1ページ、1ページに時間をかけて話し合う時間を設けたいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 息子の大好きな絵本  投稿日:2015/05/24
ぼくがいっぱい
ぼくがいっぱい 作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店
9歳と7歳の子供たちに読みました。
内容がちょっと幼い子向けかな?と思っていたのですが、7歳の娘よりも9歳の息子のほうが大層喜んで、何度も読み聞かせしています。
娘もこの絵本が好きなのですが、主人公が男の子ということで、遠慮しているのかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 抱きしめることの大切さ  投稿日:2015/05/24
花のかみかざり
花のかみかざり 作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店
9歳と7歳の子供たちに読みました。
いもとようこさんの可愛い絵に惹かれ、可愛いお話だろうと読み進めていきますと、奥の深いお話で感動しました。
子供たちも心に残っているようで、時々読み聞かせにはこの絵本を取り出してきます。抱きしめることと抱きしめられることの大切さを再認識し、読み終わった後は3人で輪になって抱き合っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最高の絵本  投稿日:2015/05/24
いとしの犬ハチ
いとしの犬ハチ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
7歳と9歳の子供たちに読み聞かせしました。
最後の方は、読んでいる私も、聞いている子供たちも涙目になって、声を詰まらせながら最後まで読みました。読み終えてから、3人で抱き合って泣きました。
今まで数多くの絵本に触れてきましたが、3人同時に号泣したのはこれが初めてです。心揺さぶられるお話ですので、多くの方に読んでいただきたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣けました  投稿日:2015/05/24
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
7歳と9歳の子供たちに読み聞かせしました。
それでも一番感動していたのは私で、途中で涙が出そうになるのを堪えながら、声を震わせ、声を詰まらせながら、最後まで読みました。
子供たちは黙って聞いており、一言も感想は言いませんでしたが、しばらく身動きせずに考えているようでしたので、何か思うことはあったかと思います。
また年齢を重ねる度に読み聞かせしたい絵本です。
参考になりました。 0人

408件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット