すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

いたずらこねこ」 みんなの声

いたずらこねこ 作・絵:ポール・ガルドン
訳:中井 貴惠
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784593504336
評価スコア 4.37
評価ランキング 10,097
みんなの声 総数 18
「いたずらこねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 孫娘の愛蔵本

     今6歳の孫娘に、3歳のころ購入した一冊。
     幾度と読ませられ、ひとりでも繰り返し手にしてきました。

     失敗しておこられ、いいことをして褒められるメリハリのきいたストーリーと、それにマッチしたユーモラスで鮮やかな絵柄。
     文は短く、活字が大きく、自分で読んで楽しむ入門書としても最適かもしれません。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみをつかまえに・・・

    この絵本は、なんだかシュールな感じの絵本です。
    ミトンをなくしたこねこたちは、おかあさんからミートパイを
    お預けされてしまうし、おばかさんって言われてしまうし・・・。
    私はなんだかせつない気持ちになってしまう絵本なのですが、
    娘はなぜか好きみたいです・・・。
    最後は、ねずみをつかまえにいく・・・という感じで終わるのも
    なんだかこわかったです。
    おとなと子どもの感じ方は違いますね・・・。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懲りないこねこ

    6歳4歳の娘たちに借りました。きっとどこのおうちでも見られるであろう、いたずら好きな子供たちとお母さんとのやりとりが描かれています。ただ出てくるのは、ねこの子供たちとお母さんなんですが。

    「わかるわかるー」と思いながら読みました。私もこんな風に怒ること沢山です。でも娘たちは「ミトン大好きだもんねー」と言っていました。何だかハッとしました。子供の好奇心を摘み取らないようにしなきゃなーと気づかせてくれました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい挿絵

    色鮮やかで、ユーモアたっぷりのポール・ガルトンの挿絵が楽しい絵本です。
    大事なミトンをなくした3びきのこねこたち。せっかく見つけたのに汚しちゃって・・・おかあさんに怒られたり、褒められたり、賑やかです。
    3びきのこねこたちの表情が豊かで、なんだかとても楽しい気分になります。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのお母さん 子育て上手ね

    ミトンをなくした いたずらこねこの表情がなんとも いいんです!
    そして ねこのお母さんの子育て上手に 拍手です

    こねこがミトンなくした  「なんですって! おばかさんね」
    大好きなパイはおあずけ  いたずらこねこのなんともいえない表情がいいんです

    そして 子育て上手なお母さんは「おりこうね」 褒めるのもじょうず
    このメリハリのある 子育て ホントに 良いお母さん!
    こねこたちは 上手に自立していくの  なんて 子育て上手な お母さんねこなんでしょう

    そして 落ち   こきみいいんです!(見つけましたよ ネズミ)
    これは子どもたちが喜びそうな 絵本です 是非読んであげたいです
    そして 子どもたちなら ネズミ見つけるよ(ふふふ・・)

    ポール・ガルドンの絵 すごく 楽しいです

    楽しい絵本に出会えました

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポよく読みやすい

    どのページも子猫の仕草が可愛い、素敵な1冊でした。
    お母さんとのやり取りもテンポがよく、あっという間に読み終えちゃうので、読み聞かせしたあと子供が何度も自分で読んでいました。読みやすいようです。
    特に「いやだぁ いやだぁ みゃぁ みゃぁ みゃぁ」のセリフが気に入ったようで楽しそうに読んでいたのが印象的でした。

    掲載日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアクション最高☆

    「おばかさんね」とか、
    「なくしたなら、おあずけ」とか、
    「マザーグース」の表現て、あまり好きではないです。

    でも、とにかく こねこ達の表情がバツグン☆
    ママねこ の大げさ感もハマる〜♪
    娘も、この大げさ感、結構気に入ってました!

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情がいきいきと

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    マザーグースをもとに描かれた絵本ですが、マザーグースを知らなくても、十分楽しめました。
    猫たちの表情がいきいきとしていて、ことばとともに、鳴き声まで響いてくるようです。
    また、お母さん猫に子猫たちがしかられたりほめられたりするようすが、人間の親子のそれと同じで、自分たちの日常をみているようで、親近感をもちました。
    お母さん猫がつくったパイがとってもおいしそう!おあずけされたらなおさら食べたくなる子猫の気持ちが、痛いほどよくわかりました。
    テンポよく読めるので、読む側も聞く側も気持ちが爽快な気持ちになれると思います。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいいたずらっこ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    マザーグースなのですね。知らずに読みましたが、リズムが良くて楽しい絵本でした。
    いたずらして怒られちゃったけど、でも一生懸命考えていいことして褒められて、でもやっぱりまた怒られちゃって・・・。子どもってこういうことの繰り返しですよね。めげないところが何ともかわいらしいこねこちゃんたちです。
    ページの片隅に隠れているねずみは私よりも子どもが先に見つけて教えてくれました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供らしさ

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    ダイナミックな子ネコの絵が印象的でした。
    三匹の子ネコとお母さんネコとの会話がとてもユーモラスで
    「ミトンなくしちゃった」で怒られて
    探したミトンでほめられてなど、
    そんな繰り返される会話の中に子供らしさや
    それを見守るお母さんネコの気持ちが沢山見えました。
    最後のねずみを探しに行こうとするシーンは
    まさにいたずら子ネコという顔でワクワクしてしまいました。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット