モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

すいかのたび」 みんなの声

すいかのたび 作・絵:高畠 純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784871101882
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,040
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何故すいかが海に!?

    どうしてすいかじゃなきゃいけないのか…
    どうして川とかではなく海なのか…
    考えれば考えるほど、謎は深まるばかりですが、それが“高畠さんワールド”。

    “そこにすいかがある”
    ありのままを受け止める海の生き物たちの反応がいいですね!

    すいか目線の海のたび。
    のんびりしたカンジがいいです!!

    掲載日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか気持ちいい〜

    夏らしくて、なんだかとても気持ちのよい絵本です。
    子どもたちも、ちょうど畑で出来た大きなすいかを収穫したばかりだったので、そのすいかが旅に出たらこんなかんじなのかな?と想像しやすかったようで、終始ニコニコしながら読んでいました。
    すいかと一緒にプカプカと海を漂っているような気分になれるので、大人の癒しにも活躍してくれると思います。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • まったり・のんびり・・

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    高畠さんの本が大好きなので手に取りました。
    すいかがのんびりと海に漂流しています。そのたびの様子をほんわかと描いています。
    特別大きなおちがあるわけではありませんし、物語に起伏があるわけでもありません。

    しかし、このスイカのまったりした旅のテンポがいいなあと思いました。癒されたいときに大人が読みたい一冊だと思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆらゆら

    広い海に西瓜が、ただゆらゆらしているだけというのに本当は一番の贅沢かもしれないのかなあって思いました。海の魚たちが傍に来てくれるので寂しくないし、気楽でいいなあって思いました。ちょっと人間関係に疲れてしまった時にやりたいなあって思いました。高畠純さんの絵が好きです。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大海原でのちいさなすいか

    すいかは果物の中でも大きいと思いますが、

    大きな海の中では小さなものです。

    その海の中を旅するという内容です。

    ただこのすいかには顔とか表情がついていません。

    ポツンとういているだけです。

    いろんな生き物がおもしろいかかわりをしていきます。

    旅という感じではない気もしますが、

    海の中で最も大きいくじらがでてきてようやく旅に

    なっていく感じです。

    大きいもの同士の組み合わせがおもしろいです。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほわほわ〜!

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    スイカが海で浮いていて
    ラッコが来て、一休みしてまた去っていき
    たこがきてあざらしがきて
    クジラが現れて・・・

    最後はなんと一緒に旅をする!

    クジラさんバランス感覚いいんですね!

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな気持ちよさそう〜。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    海をプカプカ浮かんでいるすいか、次々やってくる海の生き物たち。
    すいかを枕にしたり、ちょっと休憩する場所として乗っかってみたり、とびこみの台にしたり、みんながみんなとっても幸せそうで、使われているすいかも心なしかうれしそう。
    最後には、旅の連れまでできちゃって、思わず、すいかに良かったねと声をかけたくなりました。

    のーんびり、ゆーったりした気分になれる絵本です。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわか〜

    寝かしつけの時にいいかなって思いました。ホンワカな感じが絵と文から伝わってきました。ベッドで子供に読んであげたのですが、読んでいる自分もとっても眠たくなっちゃいました。海にスイカが浮いているって言う設定が何とも面白かったです。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えすぎた。

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    大人が読むと考えさせられる絵本です。

    すいかが海の上でぷかぷか浮いてるとらっこがひとやすみ。
    らっこが行ってしまうと次はたこがぺたりとはりつく。
    そんな繰り返しで、最後はくじらがきて
    今度は何するのかすいかはわくわくしています。

    すいかは何の例えなのか?
    出会いと別れの繰り返し。
    与えることと受けること。
    きっと意味があるはず。
    また、この絵本のサイズの中で
    海はとても広いということも伝わってきました。
    らっこが小さくなっているから。

    娘たちはもちろん余計なことは考えずに聞いていました。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度か読み返してみると、味が出でくる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    単純で、高畠さんらしい面白い絵本でした。
    発売当初から気になっていたのですが、売れきれが早くなかなか手に入らず、やっと読みました。
    想像していたより、小柄なサイズの絵本です。
    (ハンドブックまで小さくはありませんが)パッと見紙の大きさはB6くらい。
    スイカを見つけてしばらく一緒にいる海の生き物たちが、それぞれとてもかわいかったです。特に、どこを見ているのか見当がつかないたこと、最後にやってきた大きな黒いクジラ!存在感があってよかったです。
    短いお話ですが、読み返しても全然飽きないです。むしろ何度か繰り返して読んだほうがそれまで気付かなかった動物たちの表情に気付けたりとか、絵や文から受ける余韻を面白く感じられるようになりました。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット