モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件」 みんなの声

恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件 作:B.B.カルホーン
絵:太田 大八
訳:千葉 茂樹
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年12月
ISBN:9784338146012
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 化石、恐竜が好きなお子さんに

    訳が千葉茂樹さん、恐竜の化石が出てくるということで、息子が高学年になった頃の本としていいのではないかと購入して家にあった本です。

    もうそろそろ息子が一人で先に読み始めるのではないか?と期待したものの、なかなかそんな気配もなく、読み聞かせを始めると思いの外手ごたえがありました。

    恐竜の化石は出てくるのものの、チャットやコンピューターの検索がでてきたりするところは今時の設定です。

    何でも手に入る環境だったニューヨークからワイオミング州の発掘現場に来てしまった戸惑い、母親が単身インドへ行ってしまったことから起こる父とのすれ違いなど。

    物の感じ方が高学年の男の子が抱きそうな思いだなあと読んでいて思いました。

    息子もそんなところにも親近感がわいたこともあるのでしょう。フェントンが実験と実証をしていこうとする姿は大人の私が読んでいてもわくわくするものでした。

    化石とか恐竜とかが好きなお子さん、女の子でもこういう科学系要素のある読物が好きなお子さんだとシリーズを一気に読みたくなるのではないかと思います。

    やっぱり千葉茂樹さん訳の本にはずれはないと、買っておいてよかったと思えた本でした。

    図書館では閉架であったのがとても残念。絵は太田大八さん。装丁が一見地味そうで、子ども一人では手に取らないかもしれないので、内容を知った大人が薦めてやりたい本です。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット