だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜」 みんなの声

商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜 文:ミーナ・ジャバアービン
絵:ブルース・ホワットリー
訳:青山 南
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年01月27日
ISBN:9784895728331
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  表紙絵のオウムの羽色の鮮やかさに目を奪われ手に取りました。
     絵を担当したのは、「ダンスのすきなジョセフィーヌ」のブルース・ホワットリーさん。
     サブタイトルの“ペルシャのおはなし”にさらに興味を持ち開きました。
     
     かつてインドの森を自由に飛んでいたオウム。
     今はペルシャの大商人に飼われています。
     オウムが良い客引きとなって、店の繁盛を助けていたので、小さいかごの中「インドにかえりた〜い♪」と歌っても、商人は決して手放そうとはしません。
     ぶらんこが3つも付いた大きな金のかごに移されようが、オウムの望郷の念はつのるばかり、・・・。

     インドへ商品の買い付けに行く前の商人に「土産は何がいいか?」とたずねられ、オウムが望んだものは、・・・。

     賢いオウムたちの知恵に最後は呆然です。
     そういうことだったのかぁ〜、と読後しみじみしてしまいました。
     商人の人間本意な姿と、ペルシャとインドと場所を隔てたオウムたちの連帯感が対照的です。

     巻末を読み、13世紀のペルシャ語文学史上最大の神秘主義詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩が出典とか。
     これを諳んじ物語として幼い作者ジャバアービンさんに語ってくれたのがお父様というのにも感動です。
     
     色彩がはっきりしていて、遠目でも十分楽しめそうです。
     機知のきいたお話なので、中学年以上のお話会で読むのが良いかな。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 8歳には難しかったかな・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    ペルシャの商人と、インドのオウムのお話。
    異文化に触れる絵本を8歳の息子と読みたくて、
    図書館から借りてきました。

    鮮やかな色彩で描かれたイスラム社会。
    と、舞台は商人が旅をするインドへと移ります。
    美しく描かれた絵に惹き付けられつつも、
    話はなかなかコミカルで、眼からうろこがおちる展開に。

    8歳の息子は一度読んだだけでは理解できず、
    再度読み直した上で解説も加えてみました。

    イスラム社会の話しは、
    「ナスレディン」もそうだけど、なかなか頭を使うお話が多いなぁ
    という印象を受けました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブランコが3つも付いた金のかごの中で暮らすより、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    広い森で自由に歌ったり飛んだりして暮らす方がいいよね!死んだふりをした森のオウムたちは賢いと言えましょう。飼われていたオウムも死んだふりで商人の元から飛び立つ事が出来、めでたしめでたし!ペルシャのお話、素晴らしい。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • オウムの言葉が切ないです

    図書館で見つけて、イラストがとても色鮮やかで
    キレイだったので借りてきました。

    オウムの機転がとても良くてビックリ!
    逃げ出したオウムが無事にインドに戻れることを祈るばかり。
    オウムの言葉を聞いて
    ケージに入れられペットとして飼われている動物を
    なんだか可哀相に思いました。
    人間もそうですが住み慣れた場所や仲間がいるところが
    やっぱり良いですよね〜

    小学校低学年からとなっていますが
    内容が奥深いので高学年くらいでもいいかもしれません。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死んだふり……!?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    元々のお話が13世紀に生きていたの詩人の詩だそうで、
    作者が子どもの頃に父親から聞いていたお話を自分流にまとめあげたそうです。
    所変われば…こんな不思議な物語もあるんですね〜。
    「自由」を得るための秘策を異国の友だちに伝授する方法がすごかった!
    あれは死んだふりだったんですね。
    オウムって頭いいんだな〜(^.^)

    少しばかり頭をひねる内容なので、低学年のお子さんたちには難しそうです。
    お薦めするなら小学校高学年以上、中学生・高校生のお子さんたちに。
    色彩が鮮やかで、文化的な建物、衣装などがとても見応えがあります。そこを見るだけでも楽しい人には楽しいと思います。
    「アラビアンナイト」の物語とか、中近東のお話が好きな人にはお薦め。
    読めば読むほど味わいが出てきそうな素敵な作品です。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか切ない

    オウムがいる商人は、商売が上手くいっています。
    お客さんが、オウムを見たくて店に入ってくれるからです。

    でも、オウムの気持ちはふるさとへと向いていたのですね。

    オウムの気持ちを考えると、切なくなりました。
    そして、仲間からのメッセージの意味がわかったときには、ぱっと気持ちが晴れ渡ったかのようです。

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういうメッセージだったのですね

     図書館でこの本と出会い、絵もタイトルも見て、すぐ読んでみたくなりました。色彩豊かな大きな絵と、字が囲われていて読みやすく、読み聞かせにピッタリかと思いました。

     商人に飼われているインコは美しく、歌も歌うし、言葉もしゃべるのでお客を呼びました。そのため商売は繁盛していましたが、インコは故郷インドの森に帰りたいと歌っています。でも商人が帰すはずはありません。
     ある日、インコのおかげで大もうけをした商人は褒美にぶらんこが3つもついた今までより大きなかごにインコを移しました。でもこれはインコにとって褒美だったのでしょうか・・・
     インドに買い付けに行く商人に土産を問われたインコは森の仲間へのメッセージを託すのです。
    さて、このメッセージを聞いた森の仲間たちがとった行動とは?そしてどうなるのでしょうか・・・

     鳥の仲間同士のこのメッセージと行動に「やったね、大成功!!」と思いました。でもこの商人も褒美を与えたり、家族同様お土産を問うたりして、インコを自分なりに(商売のために)大事にしていたように思います。ただインコの本当の思いには目を瞑っていたのでしょうね。少し分かる気もします。

    読みきかせ対象は3,4年生以上ってところでしょうか?少し難しいかな・・・

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い

    まず、とってもエキゾチックな絵に
    目を惹かれました。
    この絵を見るだけで、どんなお話か読んでみたくなります。

    ペルシャの商人に飼われているオウムは、
    ブランコが3つもある金のかごにすんでいます。
    商人には「素敵なところ」の金のかごですが、
    オウムにとっては、インドの空を自由に飛ぶ方が幸せ。

    何が幸せかって人によって違うという事を
    改めて考えさせられました。

    そして、このオウムとインドのオウムの連係プレイの
    見事さ!
    オチが分かった時は「あっぱれ!」と言いたくなりました。

    5歳の娘には、ちょっと難しかったかと思いますが
    異国のお話を楽しんでいました。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラン(ペルシャ)生まれの作者は 子供の頃お父さんから 商人とオウムの話しを語りでよく聞いていたのですね(聞いてみたいですね)
    絵本の良さは絵が話をします
    語りは 耳で聞くので 心でお話しを想像できます

    この絵本はオウムの色彩といい インド暮らしなどもよく書かれていてステキな絵本です
    インドの森から連れてこられたオウムは金持ちの商人の鳥かごの中でお客を呼びこみ 大繁盛させます
    商人がインドへ買い付けに行くとき オウムにも「おみやげがほいしか」こう聞くのです
    オウムはずっとインドに帰りたいと思っていました
    仲間のオウムにであったら 伝えてほしい・・・・・・・・・・・・

    森のみんなともう一度とびたい、森のかおりをすいたい

    オウムの本心 商人は 金の鳥かごに入れて幸せなオウムだと思っているのですが・・・・
    身勝手な考え方なのですね

    オウムたちは人間より一枚上手の賢さでした!

    どんな行動をとったかは お話しを読んでください。

    なるほど   商人は「いったいわたしがなにをした? おまえが死んだのはわたしのせいか?」
    この言葉・・・
      
    オウムは、インドに帰りたいという願いが叶うでしょうか?

    絵本の絵も楽しみながら読みました すばらしいオウムの色彩 見事です。


    語りでも聞いてみたいです!  

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • オウムのメッセージ

     金のカゴの中に飼われているオウムが、商人にたくして、森にすむオウムにメッセージをとどけます。

     オウムの賢さに、びっくりします。森のオウムの、暗号のようなメッセージを、ちゃんと感じ取ったカゴのなかのオウム。ペルシアの知恵なんだろうな、と思いました。

     このお話のもとは、詩なんだそうです。詩でも、読んでみたいです。
     はっきりした色で、きれいに描かれた絵が楽しいです。人物も、いきいきしてよかったです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット