マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう!の試し読みができます!
作・絵: 西村 敏雄  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
読んでいるとお腹がグー!美味しいカレーが食べたくなる絵本です

ツリーハウス」 みんなの声

ツリーハウス 作:ロナルド・トルマン マライヤ・トルマン
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年06月26日
ISBN:9784890139316
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,745
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とにかく素敵な絵の世界

    文字がありません

    それにしても
    絵?エッチング?かな???
    とっても素敵な絵なんです

    くまさんが表紙では
    クジラに乗っていますが
    次には、泳いでツリーハウスに

    で、カヌーかな?に乗って
    茶色のくまさんが来たよ

    海?湖?だったのが・・・

    ツリーハウスの上では
    楽しそうな生活を
    それぞれ楽しんでいるし

    背景がいろいろ変わったり
    いろんなお友達が来たり
    自然な感じで進んでいきます

    それぞれ何をしているのか
    見るのも楽しいです

    季節も変わる・・・

    とにかく、絵だけで
    こんなに世界を楽しませてくれるなんて
    なんて素敵なんでしょう

    って、親子作品なんですって
    素晴らしいです

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 違う絵本の楽しみ方ができてよかった

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    バレンタインも近く、愛のある絵本が読みたいと思い、
    図書館で借りて読んでみました。

    「字がないね」
    と、子どもも不思議に思いながら、
    二人で静かに絵を眺めて読みました。

    お話がなくても、
    絵を見ているだけで素敵で、
    いろんな動物も出てきて
    子どももきょろきょろと画面を見つめ、
    私も久しぶりに静かに絵本をじっくり眺めました。

    字があると絵をあまり見ずに読み終わってしまうのですが、
    字がないと絵本の世界に親子で静かに入れて、
    また違う絵本の楽しみ方ができてよかったです。

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れる時間の色が美しい

    しろくまとくろくまと、ツリーハウスにやってくる動物や鳥たちが、動作も細かく愛らしく描かれている。
    大きさを制限された中での、奥行きやスケール感が素晴らしい。
    後半に出てくる空のシーンが、本当に素敵。
    こういう空には、絵本ではなかなか出会えない。

    娘が絵をお父さん銅版画を担当した合作。
    時間の経過が美しい色や銅版画の紙の質感で伝わってくる、とても芸術的な作品。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのお客さん

     シロクマがクジラのせなかにのっている場面から、お話がはじまります。シロクマは海の中のツリーハウスにつきました。
     ツリーハウスには、たくさんのおきゃくさんがやってきます。

     ページをめくるたびに、きれいな色のツリーハウスといろいろな動物たちがでてきます。文章のない絵本ですが、動物たちのにぎやかな声がきこえてきそう。

     季節がめぐって、おきゃくさんがみんな帰ってしまいました。シロクマとクロクマ2匹だけのツリーハウスも、しみじみしていいなと思いました。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 線、色合いが素敵です

    1年半前、某原画展で購入した絵本。
    これは、英語版でしたが、文章はないので、2歳11ヶ月の息子と見ました。

    ツリーハウスに住み込んだ白い熊と茶色い熊が主人公です。
    とにかく、絵がすてき。
    線と、ページごとにかわっていく色合い、そして、そこから読み取れる物語もいい。
    たくさんの動物たちも登場します。

    息子も興味深かったようです。
    自分を茶色い熊、私を白い熊と見立てて見ていました。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もおよばれされてみたい

    表紙からもうお話が始まっていました。
    シロクマがクジラに乗って、ツリーハウスにやってきます。そこへ茶色いクマもやってきて、ふたりで本を読んだりのんびり過ごします。
    すると今度はたくさんのフラミンゴが。パンダやその他いろんな動物もやってきます。
    文字のない絵本です。眺めているだけで、時間や季節がめぐるのが分かります。それはそれは美しい。そしてとても楽しそう。私もこんなツリーハウスにおよばれされてみたいです。
    親子でお気に入りの絵本となりました。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 集う

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    エッチングとイラストによる、文字の無い絵本。
    海の上に忽然と存在するツリーハウス。
    そこに、鯨に乗ってやってきたのがシロクマ。
    やがて、別のクマもやってきて、この2匹の暮らしを主軸に時間が流れていきます。
    やがて、水面がなくなったのでしょうか。
    フラミンゴやパンダ、サイ、鳥たちなどもやってきて、にぎやかになりますが、
    やがてみんな去っていき、また2匹の生活になるのです。
    いろいろな感じ方ができるような作品だと思います。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字のない絵本

    この絵本の絵はとっても素敵で見ていて癒されました。字のないタイプの絵本だったのですが、自分でセリフを考えなくても絵が何となく物語を語りかけてくるような、そんな絵本でした。動物たちの優しい感じが子供にとっていいな〜って思いました。

    掲載日:2012/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • シロクマがクジラにのってやってきます。
    そんな表紙が、実は物語の始まりだったのです。
    「海」の中になぜかツリーハウス。
    シロクマがたどり着いて、クマがやってきて生活を始めます。
    フラミンゴやパンダやいろんな仲間たちがやってきて、帰って行って、季節が廻ります。
    シロクマとクマは、この絵本を作ったお父さんと娘でしょうか。
    言葉はないのですが、なんだかとても温かいものが伝わってくるのです。

    不思議だけれど、物語というよりも、メロディといった方がぴったりする絵本。
    感じ方はそれそれだと思いますが、きっと裏切られることはないと思います。
    自分もこの世界に行ってみたいと思いました。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / 給食番長 / ペチューニアのうた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット