しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

ひなとてんぐ」 みんなの声

ひなとてんぐ 作・絵:瀬川 康男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784494002375
評価スコア 4.18
評価ランキング 17,394
みんなの声 総数 10
「ひなとてんぐ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あらら

    シリーズの「ひな」を読んだ後に、こちらを読みました。
    ひなの変わらない無邪気な姿に、目を細めてしまいますね。
    このお話の中では、天狗が登場します。
    すっかり、ひなに言われるがままの天狗も、なんだかかわいかったです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天狗と遊ぶ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    『ひな』の続編。
    無邪気な子犬、ひなが主人公です。
    前回はカエルや女の子と出会ったひなですが、今回はなんと、天狗との掛け合いです。
    天狗は「たろう」と名乗り、ひなと遊び始めます。
    ひなは、天狗の頭巾(ときん)、袈裟、衣、袴を次々と貸してもらい、
    あろうことか、噛み付いたり引きずり回して、粉々にしてしまいます。
    すっかり丸裸になってからの展開も面白いです。
    小さい子ならではの無邪気さと、それに振り回される大男の対比が面白いですね。
    日本古来の存在感を持つ天狗について、
    子どもたちに関心を持ってもらうのにもいいかもしれませんね。
    独特の色彩が愉快でした。

    掲載日:2013/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な絵

    斬新な絵とちょっと聞いたことのある「ひなとてんぐ」というタイトルに迷わず選んで借りてきました。『ときん』や『けさ』など今の子供にはなじみのない言葉が出てきたので、説明しながら進みました。4歳娘はどんどん裸になっていく天狗がとても可哀想だったようです。「かわいそう、かわいそう」と何回も言っていました。
    1作目の『ひな』も読んでみたいなと思いました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 瀬川 康男さんの絵本はおもしろいです(絵もきれいで楽しい)

    「ねこだかのう いぬだかのう かわいいこだのう」てんぐの言葉がおもしろくて ここから笑ってしまいました

    「おにかなあ ばけものかなあ へんなひとだなあ」お互いにおもしろい存在ですね

    あそんであげよう ひなが言うのですがめちゃくちゃ じゃれていて 甘えん坊で  天狗を丸裸にするところ(天狗さんには悪いけれども・・)
     おもしろくて 笑ってしまいました
    てんぐの じゅもんも なかなか おもしろい 
    声だしてとなえたら、自然と 笑えてきます

    ひなは てんぐを友達だと思って あそんでいたのですね
    でも・・・
    てんぐもよくつきあってあげたな〜(さらばじゃ また ひなのところに 遊びに来てくれるのかしら?)
    なかなか 笑える絵本でした

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉が素敵

    瀬川康男さんの斬新な絵が気に入り、最近よく探して借りてきます。

    息子は最近、鬼やおばけが好きで、天狗にも関心があるようだったので、これを読んでみました。前編の『ひな』と一緒に借りたのですが、息子は断然こちらの方が気に入った様子でした。

    『ひな』の方は、ひなのかわいさが描かれていたのですが、こちらでは、天狗とのやりとりが面白く、最後の終わり方もスパッと気持ちよいです。言葉遣いもリズミカルで繰り返しが心地良いです。

    お勧めです。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひなの我がままが可愛い!

    優しい天狗は、子犬のひなの無邪気さとなんでも欲しがる我がままな

    ひなが可愛かったんだろうと思いました。

    肌かんぼうにされても怒らない天狗さんが、とても大人でとても優しい

    と思いました。

    今回も絵がとても素敵です。

    天狗さんの衣装がとても素敵に描かれています。

    天狗のたろうは、孫と遊んでいるみたいで目を細めて微笑んでいそう

    です。

    やっぱり、無邪気なひなってとても可愛いです。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 瀬川さん

    瀬川康男さんの作品だったのでこの絵本を選びました。天狗の着ている着物の模様が独特でとても美しいので目を見張りました。主人公とのやり取りがとても楽しかったです。自分の大切な物をすんなりと差し出す天狗はとてもかっこ良かったです。普段あまり使用しない着物にまつわる言葉を自然と覚えられるのが良いと思いました。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呪文

    子犬が天狗にトキンやケサ等を借りては、ビリビリにしてしまうお話です。

    子犬に言われて嫌とは断わりきれない所が天狗の優しさのように感じました。
    ましてや、呪文で新しい服が出来るなんて面白いなぁと思いました。

    独特なイラストの色彩とタッチで、一風変わった絵本のような印象を受けました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひなって無邪気で可愛いけど、ひどいよね。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    瀬川さんの絵は、ものすごく個性的で、インパクトがあって好きです。
    この絵本は実はシリーズの2作目だったんですね〜。最後まで読んでやっと気づきました。(今度1作目の『こいぬのひな』も、ぜひ読んでみたいです。
    好奇心旺盛な、子犬のひなは、天狗のたろうに出会い、一緒に遊ぶことになります。
    といっても、ひなが一方的に天狗の持っているものを欲しがり、さんざん振り回して遊んで、頭巾も袈裟も衣も、袴までもみ〜んなだめにしてしまうという、天狗にとってもは散々なお話でした。でも、面白かった。
    きっと、天狗もひなの、無心さが純粋で可愛くて、持ち物をぼろぼろにされているというのに、断りきれずに次々貸してしまったんだろうな。
    天狗のたろうとひなの、ちょっと不思議な関係がとてもよかったです。

    掲載日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人ですわ

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    瀬川康男さんの「ひな」第2弾です。
    今度のひなは、てんぐと遊ぶのですが、前作同様、絵が素晴らしいです。てんぐもひなもダイナミックで、こんな天狗や犬は他にはいないでしょう。
    ひなはてんぐが身に着けているものを欲しがっては、次々に壊してしまい、とうとうてんぐを丸裸にしてしまいます。ひなに悪気はまるでなく、てんぐも決して怒ったりせず、ひなの要求に「うん、うん」と鷹揚に対応します。
    ひなは、てんぐが丸裸になって初めて、大変なことをしてしまったことに気付くのですが、そこは、てんぐが本当に上手に丸く収めてくれるのです。
    好奇心のままに突き進む幼児と、ゆったりと相手をする大人の関係がそこにはあります。
    てんぐの落ち着いた対応に、「う〜ん」とうなり、「大人ですわ〜」と感心してしまいました。
    繰り返しのお話なので、1,2歳からでも充分楽しめます。

    掲載日:2006/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット