ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

チーター大セール」 みんなの声

チーター大セール 作・絵:高畠 那生
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784871101554
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,011
みんなの声 総数 34
「チーター大セール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 家族でハマってます

    図書館で借りて、家族でハマって買うことにした本です
    みょうちきりんな絵とシュールなお話、全体に流れるアンニュイな雰囲気
    それらが絶妙でとってもイイ!のです

    ヨーロッパの街角にありそうな、可愛い売店
    チーターのお店です。
    だけど、お客さんがあまり来ないお店。
    ある日やってきたご婦人が欲しいと言ったのは
    何とチーターの体のぶち模様!

    『びっくり!でもせっかくだからうることにした』
    あぁ、いいなーこの本
    このゆるーい感じのナンセンス大好き。

    3歳の息子も、ン歳の夫もハマリマシタ
    何か最近毎日これ読んでます。お薦めです

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    3
  • チーターがチーターじゃなくなる?

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、女の子3歳

    絵本ナビでレビューを見て読んでみようと思いました。
    絵が子どもっぽくなくて、何だか妙に味があります。内容とのミスマッチがいいかも知れません。

    チーターは、あるお客さんにもようを売ってと言われて・・・発想が面白いと思いました。
    チーターが変身するのが子どもには面白いようです。

    白いチーターはさすがに貧相かも。。。
    シールを貼って解決するのも不思議な感じです。やっぱり、チーターは普通が一番なんでしょうか?

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人もはまる1冊!

    私が絵本にはまったきっかけの1冊。
    絵も文も実にシュール!!
    で、この作家さん、オチが必ず納得の面白さ!!!
    チーターの模様やらなんやらを売っちゃうなんて大胆〜。
    日ごろ、子供に合わせて特に面白くもない絵本を
    読み聞かせている人、一度読んでほしい!
    自分がおもしろいと思うものが、子供も喜んで聞きますよ〜〜。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんじゃ・・これは

    高畠さんの本はいつもちょっとシュールな気さえするのに子供に大人気。
    この間「バナナじけん」が大うけだったので
    今度はこの本を読み聞かせで使ってみました。
    といっても、私はいつも半信半疑で・・・。

    5年生の娘に
    低学年用の読み聞かせ本として「どれがいい?」と聞くと
    この本を薦めてきました。
    「私、これ面白いと思うもん」とのこと。
    完全な子供向け(低学年)向けとは決め付けられない
    なにかツボを押す要素があるようです・・・。
    私はどの段階で、それを失ったのかなぞですが
    大爆笑になるほどの面白さがどこにあるのか、いまひとつピンときません・・。

    チーターの柄の取り外し・・このばかばかしさがいいのかなぁ。
    「えぇぇぇぇぇーー」という絶叫とともに
    教室はいつも楽しそうにざわめくのです(*^_^*)

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージとのギャップ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    息子より母の私が気に入った絵本です.

    おみせをやってるチーターのところに,
    「あなたのもようを売って」
    というお客さんが来ます.

    もようがほしいというお客もお客だけど,それを売ってしまうチーターって.その発想が斬新で面白い.

    そして最後には真っ白のチーターになってしまい,自分の体にシールを貼るチーター.

    やっぱりもようがないと嫌だったのね.それなら売らなきゃよかったのに...って思ってしまうけど,そんなチーター愛嬌があって憎めなくってとってもかわいい.

    私の中でチーターは,足が速くってスマートでかっこいいイメージでした.そんなチーターのイメージをぶち壊してくれるとても素敵な絵本でした.

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    『チーター大セール』って、何がセールなんだろう?と思っていたら…!
    チーターがお客さんに「くださいな」と言われたものは、
    なんと自分の黒いもよう!
    びっくりしながらも、「せっかくだからうることにしたと」いう所がもうツボでした(笑)。
    あ〜、このナンセンス、たまりません(笑)!!

    高畠那生さんの絵本は、いろんな所にいろんな絵が描かれているので
    隅々まで見てしまいます。
    この、ちょっとアヤシイ雰囲気も、なんかクセになるんですよねぇ(笑)。

    子供たちも、チーターよりチーターらしいおばさんに笑っていました。

    ナンセンス好きにはおススメ!の本だと思います(^^)♪

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小気味いい!

    今日で3歳になった息子に読みました。
    高畠さんの本は私が結構すきです。

    これはチーターが自分の黒い模様を売ってしまって …という話。
    あり得ないことなのに、ストーリーがどんどん展開していくところが小気味いいです。
    既成概念にとらわれなく、「こう来たかー」と感心します。
    絵もさらりとしたお洒落さ。
    ストーリーとマッチしています。

    息子も結構喜んで読んでいました。
    彼は「でっこりぼっこり」が高畠さんの中では好きなようですけれど。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハマらせてもらいました!!

    すっかりハマってしまった高畠那生さんワールド。

    この、「チーター大セール」も期待通り・・・
    いや、期待以上に、ハマらせてもらいました!!

    子供はもちろん、読み聞かせる大人も、
    この独特の世界観に魅了されてしまうと思います。

    ユーモアとアートが見事に融合していて、
    なんとも言えない魅力が詰まっている絵本です。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑っちゃいます♪

    本屋さんで目に飛び込んで来たこの題名!!
    思わず手にとってみると、絵がシュールで私のツボ!
    読んでみると本屋さんで一目もはばからず笑ってしまいました。

    息子は1才になったばかりだったのでまだまだはやいなーと思いながらも購入。
    一応息子に読んでみるとなんと最後のページまで集中して見るではないかー! まさにびっくり!
    それ以来毎日のように読んでと持ってくるので私もパパも暗記してしまい絵本見なくても読めてしまいます!

    6才の甥っ子は読んですぐに、シールを作りシールやさんをして遊んでいました◎

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大阪にいそう

    チーターがいるこんなお店も、チーターの模様を売って
    欲しいと言う女性も、チーターの黄色を売って欲しいと
    言う女性も、そして売ってしまうチーターも大阪あたりに
    本当にいるんじゃないかなあと思ってしまいました(笑)。
    いや、でも大阪のおばちゃんではないですが、私も
    チーターの模様は買いたいかも♪

    びっくり!な展開と、自由でのびやかな構図(物語も!)を
    娘と一緒に楽しみました。
    娘が一番気に入ったページは「さすがにこれでははずかしくて」
    のところ。ここだけを何度も読まされました(笑)。
    情けない登場人物(動物)が好きなのかもしれない、我が娘は。
    また、チーターが売れ残りのシールを貼っているところには
    多いに共感を覚えたようです。特にガイコツのシールが気になって
    気になって(笑。ガイコツが好きというよりはむしろちょっと苦手
    な方だから)。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / バムとケロのにちようび / よるくま / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット