もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふたり」 みんなの声

ふたり 作・絵:瀬川 康男
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1981年
ISBN:9784572002648
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,182
みんなの声 総数 16
「ふたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大人もこっそりひとりで読みたくなる

    一緒にいるとけんかばかりしているけれど、いないとお互いに寂しく、結局いつもふたりでいるネコとねずみのおはなし。ふたりの様子を見ていると、我が家の長女と次女を見ているようで笑ってしまいました。当の本人たちは、この絵本を見ながら、「トムとジェリーみたい!」とうれしそうです。
    にやり、きらり、ばさり、にたり・・・と「り」のつく言葉遊びが楽しく、挿絵もユニークでおしゃれ。なぜだか動画を見ているような躍動感もあります。
    大人もこっそりと一人で読みたくなる絵本です。贈りものしたい絵本にランクインされているのにも、納得!です。

    掲載日:2012/08/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 動物の描写が素晴らしい。

    私は大好きな本でした。話もすべて○○りの3文字でストーリーが書かれています。よくある猫とネズミの追いかけっこですが、猫とネズミのコミカルで絶妙な表情や表現そして3文字の言葉がぴったりしていて楽しんで読んでいた1冊です。フルカラーじゃなく3色刷りなのも点描(なのかな?)のタッチがとてもよくわかり易いものになっていました。
    本当に細かいイラスト。
    こどもには強弱つけて面白く読んでいたのですが、1歳後半になり絵の好みが強くなり読もうとすると閉じるようになりました。
    イヤイヤ期に入ったみたいで、この時期が終わればまた読んだら一緒に楽しめるのでしょうか。

    最後の敵同士だけど疲れて寄り添って寝るシーンは、本当にほんわかとした陽だまりのようでとてもほっとできる一冊です。少し置いてまた読んであげたいと思っています。

    掲載日:2013/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味のある絵本

    いい感じに、味わいのある絵本ですね。
    文字の形にも動きがあって、絵の一部のように見えます。
    ネコもネズミも、動きがコミカルなので、本当に面白いです。
    2才の子供にも、その面白さが伝わっていて、笑っていました。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり仲良し!

    傍に喧嘩できる相手がいるってやっぱりいいなあって改めて思いました。仲がいいから喧嘩も出来るし、いつも傍にいてくれるのが最高なんだと思いました。居なくなって感じるより今を大切に生きていくのだと思いました。瀬川康男さんの絵が迫力もあって素晴しいと思いました。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    独特な絵が素敵で、飾っておきたいような絵本です。
    きらり、にやり、ひらり、等、短い文章と絵。
    トムとジェリーを思い出しました。
    息子は、ネコとネズミに興味を持っていましたが、まだ表情までは目がいかないよう。もう少し大きくなるにつれてお気に入りになるかもしれないなと思いました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲がよいのか悪いのか?

     見開きの右のページに猫とネズミの絵が,左のページに「にやり」「ひらり」など語尾が「り」の言葉が書かれています。

     猫やネズミは,松谷みよ子さんとの「いないいないばあ」と違い,細かく書き込まれたリトグラフです。
     でも,動きはダイナミックで,猫とネズミのやり取りが「にやり」等の言葉と合っていて,とても面白い!

     子供には,絵を見せながら,少し大げさに「にやり」「ばたり」と言いながら読んであげました。
     最後の「ふたり」は,猫とネズミが疲れて,一緒に寝ている絵になっていて,何だか読み終わって,心が暖かくなった気がします。
     
     小さなお子さんと楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい版画と言葉の韻

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    日本版「トムとジェリー」\(◎o◎)/!

    なぜ「ふたり」?
    2匹では、だめなんですね
    読むとわかります!

    それにしても
    なんて素敵な絵なんでしょ・・・
    「かっぱかぞえうた」同様
    「おわり」もねことねずみで
    描かれています

    猫好きには、たまりませんねぇ〜

    ほしいなぁ〜

    掲載日:2011/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本らしい

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    どんな話なのか、楽しみに開いたら…期待外れでした!
    文字が少ない、あっという間に終わる、登場人物(?)ふたり!

    この期待外れがなんとも心地よかったです。

    韻を踏んだ言葉、多くを語らなくても気持ちがよ〜くわかる。
    ダイナミックな動きから、穏やかな結末。

    絵本らしい絵本に出会いました。
    子供達も楽しめると思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたりは仲良し

    じゃれているのか、ケンカをしているのか、、、でも最後には二人で仲良くお昼寝しているのが、ほほえましいです。
    うちの子は、甲冑のようなネコの模様をおもしろがっていました。
    字のページも背景が変わっていって楽しかったです

    石版画ってどのような手法なんだろう、と気になりました。

    掲載日:2010/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を読む本です

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    幼稚園の図書室にあって、独特な絵に惹かれました。

    韻を踏むようになっていて
    にやり、ばたりなど りのつく言葉でリズムよく進みます。
    言葉は一ページにそれだけです。でも独特な石版画が多くを語ってます
    大人が見ても十分見ごたえあり、面白かったです。

    さいごの「ふたり」がよかったです。
    絵を読む本だと思います。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット