たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

しらゆきひめ」 みんなの声

しらゆきひめ 作:立原 えりか
絵:いわさき ちひろ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784062667838
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
「しらゆきひめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 挿絵が最高です

    「白雪姫」というと某アメリカアニメを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。極彩色のミュージカルのイメージです。

    原作はあまりにも有名なドイツ グリム兄弟の童話です。

     海外留学経験のある人たちによく聞くお話ですがドイツ人は自国の文化を「とても暗い」と認識しているそうです。

    この童話も、大変美しいですが冒頭から「死」のイメージが漂っています。
    白雪姫はその誕生の前に、母親が流した血によって「美しさ」を願われるのです。

    雪の白、黒檀の黒、血の赤。

    この色のコントラストはとても印象的できれいです。

    実はわたし、鏡のシーンよりも7人のこびとたちよりもこの冒頭が好きです。母親の愛情がはっきりと伝わってきます。

    全体的に原作にとても忠実だと思います。

    そして、いわさきちひろさんの挿絵は「ドイツ童話」の持つ「影」の部分まで表現されていると思います。

    少し不安定で繊細な線描、淡い色遣い、はかなげなお姫様。

    アメリカナイズされていない、美しい「しらゆきひめ」が楽しめます。

    おすすめです。

    掲載日:2006/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当に美しい絵!

    4歳幼稚園年少さんの娘に「しらゆきひめ」の絵本を読ませたく,親の私が色々吟味して欲しかったのがこちらの「しらゆきひめ」絵本。
    ただ品切れ状態でなかなか購入できずで,先日図書館に行き娘と一緒に読んでみました。

    とにかく,いわさきちひろさんの描く絵が本当に美しくてうっとりしてしまいました!
    亡くなられたしらゆきひめの実母であるおきさきさまの絵から始まり,本当に終始みとれてしまいました。
    お話も原作に近いように感じました。
    4歳の娘には少々長かったようにも感じましたが,大人も魅了する本当に素敵な「しらゆきひめ」の絵本でした!!
    手元に置いておきたいな〜という思いを改めて感じました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 透明感

     しらゆきひめはおなじみのお話で、たくさんの絵本があります。ちひろさんのしらゆきひめは、繊細な線と透明感のある色が美しいです。しらゆきひめだからでしょうか、白色の使いかたがきれいだなと思いました。
     継母の表情は迫力があります。

     このお話は、絵本によって少しずつ内容が違っていますが、読み比べるのも楽しいです。
     美しさと怖さ、昔話には奥深さがあるなと思いました。

    掲載日:2013/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい白雪姫ならこの絵本

    しらゆきひめの絵本は数多くあります。
    その中でこのいわさきちひろさんのイラストの絵本は美しいと思いました。
    ディズニープリンセスとは違いますが、私のしらゆきひめのイメージはこのしらゆきひめです!
    大人でも気に入る素敵なイラストだと思います。
    ラストが子供向けというとちょっと…という人がいるかもしれませんが私はこのほうが好きです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵

    いわさきちひろの絵なので選びました。

    名作で御馴染みのしらゆきひめですが、この絵本は、美しい絵に惹かれ

    ます。文も絵も気にいってます。

    表紙の絵だけでも美しさに見惚れてしまっていつまでも眺めていたい私

    でした。ちひろ美術館に孫を連れていきたくなりました。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖さと美しさ

    女の子の好きなお姫様物語。
    でも、ただかわいくて幸せな話ではありません。
    恐怖感のある場面もあり、怖さと美しさの両方があるように思います。

    なにより素晴らしいのは、いわさきちひろさんの絵です。
    「しらゆきひめ」の本はほかにもありますが、この絵に惹かれて手にしたほどです。

    期待通り、白雪姫は愛らしく、継母は不気味な恐ろしさを、絵からも感じることができました。

    定番のお話だからこそ、絵の素晴らしいものに出会いたいものです。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまたま、実家にあったものを娘が引っ張り出してきました。楽しむというのには、まだまだ早いです。

    でも、いつか読んであげたいです。絵も文も、とってもきれいです。アニメ化された白雪姫のイメージが強いですが、個人的にはこちらの白雪姫のほうが、きれい。美しさが伝わってきます。想像の余地もあって、素敵です。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちひろワールド

    『しらゆきひめ』はあまりにも有名な童話です。
    それに、ディズニー映画のイメージが強すぎるので、いわさきさんの『しらゆきひめ』には少し違和感を覚えつつ手に取りました。
    本当のお母さんのすがすがしさと、継母の醜さ、白雪姫の可憐さがとても素敵です。
    ちひろさんの描く登場人物は、無色の使い方といい、筆のタッチといい、不思議な感じがします。
    なぜって、白雪姫は総天然色ではっきりくっきりと思い描けるほど、自分の中でイメージが出来上がっているからなんですけど。
    ちひろワールドだと思いました。

    『しらゆきひめ』はあまりに有名な童話なのですが、いくつかの『しらゆきひめ』を読んでみると、グリム童話の原型が、作家によって様々にアレンジされていて、雰囲気を異にしていることを感じました。
    この絵本は立原えりかワールド。
    きわめてメルヘンタッチだと思います。

    でも、白雪姫のお話って、心象風景、やり取りのディテールがもっと詳細に描かれと、とても奥深いお話になると思いました。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 風合いのある絵本

    • ほんともさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳、女の子0歳

    「しらゆきひめ」のお話は世の中に溢れていますが、いわさきちひろさんの描かれる風合いのある繊細な絵に惹かれて手に取りました。思ったとおり、とても素敵。読み終えて、優しい安堵感に包まれました。

    ディズニープリンセスもとても可愛くて大好きだし、何より子供受けするとは思いますが、こういう「おひめさま」も子供に見せていきたいと思いました。

    掲載日:2006/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット