うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

鬼の子ダボラ」 みんなの声

鬼の子ダボラ 作:高橋忠治
絵:村上 勉
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\903+税
発行日:1992年
ISBN:9784333015900
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「鬼の子ダボラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しい鬼、ダボラ

    このお話は、鬼のお父さんがおばあさんに自分の子供を育ててくれるよう頼んだお話でした。おばあさんだけでなく、村の人々もみんなこの鬼の子、ダボラの事が大好きで大事に育てて、ダボラもとっても優しくしてくれるみんなが大好きだったのです。その微笑ましい様子が読んでいてステキな気持ちになりました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいダボラ

    おしげばばさに大切に可愛がられて育った鬼のダボラは、優しい人間の心を持った若者に育ったと思いました。ばばさは、ダボラが、可愛くて可愛くて、自分は食わなんでも、ダボラには「たあんとくうて、はよ
    大きうなれよ」は、親そのものだと思いました。親はそうやっていつの時代も一緒なんだと思いました。そんなに可愛がって愛おしいダボラを約束どおり追い出すことはとても辛く悲しかったと思います。かくれんぼをしながら、ダボラが溢した涙の後がずうーととがくし山まで続いているのでやっぱり涙が出てしまいます。一番嬉しいのは、ハッピーエンドに終わってとても気持ちが温かいままでいれることです。爽やかでとても幸せになれます。「とがくし山に 咲くは こぶしの花よ わたしゃ十八 こぶしの花よ・・・・・」おしげばばさの歌った歌にいつまでも微笑んでいる私です!

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼が出てきてもほのぼの

    鬼の話というと「島ひきおに」「おにのこづな」「泣いた赤鬼」など悲しかったり切なかったりするお話が多いので、これもそんな話かもと思いながら読んだのですが、違っていました。

    とがくし山から来た鬼が、おしげばばさに、小さな鬼の子を託します。13歳になったら、追い出してくれと付け加えます。
    村人もおしげばばさも、鬼の子ダボラにを好意的に育てます。

    13歳になって急に大きくなったダボラ。ばばさと別れるのに、鬼ごっこをしながら別れて行くのが、鬼ながらかわいらしく思いました。

    ダボラは、悪い鬼として捕らえられそうになります。この辺でやっぱり鬼と人間は分かり合えなくて、辛い結末?と想像しましたが、誰も傷つくことのない平和的な解決には、拍手を送りたいほどでした。

    創作民話絵本シリーズなのだそうですが、鬼が出てきてもほのぼのとした話もあるのだと、とても印象に残りました。読後感が爽やかで良かったです。

    佐藤さとる作品をよく手がけている村上勉の絵なので、鬼といってもどこかユーモラスでかわいらしく思えました。
    高橋忠治の作品は初めてでしたが、他の作品も読んでみたくなりました。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がほんわかします

    • なずなさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    『鬼』とタイトルについているので、悪者の鬼の話しを想像したのですが、違ってました。鬼の子ダボラが、おばあさんに預けられ、育てられるのですが、とっても小さいダボラは村中の人気者。しかし、預けられた時の約束で、13年後には山へ帰らなければなりません。山でダボラが吹く笛に、侍たちが反感を持ち、ダボラ退治に来るのですが・・・。つい感情移入してしまい、子どもたちに何度も読みました。悲しい最後にならないところが、とっても気に入って、大好きな一冊になりました。

    掲載日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット