庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

いきのびる魔法ーいじめられている君へー」 みんなの声

いきのびる魔法ーいじめられている君へー 著:西原 理恵子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2013年01月28日
ISBN:9784091791801
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「いきのびる魔法ーいじめられている君へー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • にげていいよ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    西原先生の漫画絵本です。
    たしかに自殺するくらいならにげていいよ、と私も同意見です。
    しかし、そこまで人が追い込まれているのか分からずに安易にその人の逃げ道を私はふさいでいるかもしれないとも思いました。いざ、自分の子供がそんな立場になったとき、私はにげていいよと言えるかな?
    この本を読んで選択肢の一つとして登校拒否をしてもいい、逃げてもいいということに気付いて一人でも救われるといいなと思いました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人も考えさせられます。

    西原理恵子さんの漫画とはまた違う雰囲気です。
    子供はまだ小さいですが、ママが考えさせられました。
    子供が何歳ごろに読むかは、難しいです。
    またママが読み返しては、考えていきます。
    今回は図書館で借りました。
    学校の図書館にもこのような本があるのかな、あるといいですね。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 究極の伝言。

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、男の子10歳

    とても衝撃的でした。

    もっと…励ましたり、前向きになろうと一緒に寄り添ったり
    甘い、優しい絵本だと思っていました。

    現実をみつめないといけない。そして生きている。
    自分でできることは何なのか。
    現実的に考えて行動せよ!と。
    究極の伝言。
    溜め息がでました。

    そして、
    「うつくしいのはら」
    愕然としました。

    出版社からは、”傑作”と紹介されていたけど…。

    こころ揺さぶられました。
    あまりのショックで、
    息子達に読ませるのはどうなのかなぁ。
    イマイチ勧められずにいます。

    でも、これが現実なんだ。
    西原理恵子さんの想い…。受け止めきれないでいます。

    私たちはここまで突き詰めて考えなくても生きていける。
    幸せなんだな、と思いました。

    掲載日:2013/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい本だった!

    逃げていいよ、は、もはや世の常識となりつつある。
    逃げ方は歳相応に成長していかねばならないが、この世知辛い世の中、逃げる時は逃げなければならない。大人だってそうしている。
    常々子供には言っているが、こう言われて育つと、何が何でも逃げてはいけないと思うのかやたら頑張る子になってしまった。難しい。

    そんなところから戦争へ話が発展するとは思わなかった。
    まず戦死した兵士の絵が、いつもの西原風の絵ではあるが、それでもショッキングだった(別にエグくはないですよ)
    その兵士と話し、ついには貧困がループしていることに気付いた時の衝撃。
    読後呆然。あんぐり口を開けたまま頭だけがせわしく動いていた。

    厨二病真っ盛りの我が子を呼び、読んで読んでと薦めてみた。
    うさんくさそうに手にとって貪るように読み、すぐ二度見してやっぱり兵士のところで止まった。
    夢に出そうだと言いながら、何度も何度も読み返していた。
    これがいじめから逃げてもいいよだけなら、なによりもきれいごとを敬遠するYA世代は読まないだろう。そこが西原さんだな、真正面から切りこんできて気持ちよいと思った。
    しっかりヤングアダルトにも届いたようだ。本当はみんな、世の中の真実を知りたいのであって、きれいごとでは心の濁りは晴れません。

    理解されずしんどい子、正論にうんざりしている子、オススメです。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 説得力がある

    もしいじめられている子どもがいて、
    追い詰められていたら…、
    なんとかしてこの本と出合ってほしいと思いました。
    西原さん独特のやりかたで、
    ものすごくストレートなメッセージがつたわってきます。
    わかりやすく。
    絵本っていう形だから、漫画読んでるとも
    思われない。
    だから、出会ってほしい。
    生き延びてほしい。
    自分の子どもがいじめられないなんていう保証はない。
    だから、この本の存在を知っていることは
    親にとっても助けになるように思いました。
    でも、これ、親が手渡すのではなく、第3者が
    その子をきちんと見ていて、
    何も言わないで出会わせてくれたらうれしいな。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命を救う本

    この本を読んで、小中学生で、自殺するのをとどまる子どもが、一人でも減ってくれたらと、切に願う。

    誰からも孤立して、本当に追い詰められていたら、活字を読む気力だって乏しいかもしれない。そんな時に、直接心に届きやすいビジュアルは、きっと活字よりは有効だと思う。

    学校はいじめられてまで行くところじゃない、嘘をついて、学校に行くな、という冒頭の文があるから、学校の立場としては、図書館に入れにくいだろう。
    でもそんな学校や教師の思惑とは裏腹に、いじめによる自殺は後を絶たないのだ。
    この本が、本屋で、図書館で、コンビニで、より多くの追い詰められた子どもたちの目に止まることを、願って止まない。

    これはダイレクトに子どもの命を救う本だから。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どろんこハリー / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 2
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット