もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ」 みんなの声

よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ 文:シェリー・ダスキー・リンカー
絵:トム・リヒテンヘルド
訳:福本 友美子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月30日
ISBN:9784893259912
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,783
みんなの声 総数 10
「よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物たちの夢の蒸気機関車

    みみをすましてごらん せんろが かたかたなっている 
    詩的な始まり  絵がすごく迫力があって いい
    鉄道用語も丁寧にかかれrていて 親切だな〜

    動物たちがすごく楽しんでいて  機関車にいろんなものを積み込みます
    あそびどうぐ ポッピング  余裕のある動物たちの 働きぶりが絶妙です自分の役割をしっかり タンク車には ぞうの鼻から ペンキが濯がれておもしろい
    ゴンドラ車は流石 子ども心をとらえてるな〜
    長物車のかわいい寝姿  動くベットとはおもしろいな〜

    へ〜車掌車  キリンさんが車掌なんだね かわいくて ニンマリします

    ゆっくりおやすみ お休み前の絵本は  いい気持ちで 子ども達の眠りを誘いそうですね

    しーっ・・・・・   おやすみ・・・・・ ゆっくりおやすみ!

    絵もステキでしたし  本当に夢の汽車でした
    スケール大きいな〜 
    ラスト   あら?   きかんしゃのおもちゃ   またまた やられました

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜空にたなびくけむりが雄大です

    乗り物好きの孫娘にどうかな?と思って、図書館で借りてみました。
    一番最初のページの長い長い車両の列と、大きくのびて行く、機関車の煙は夜空にたなびいて、雄大に見えます。
    次々といろいろな動物がでてきて、車両に摘みこむ様はアニメの世界のようで、生き生きとしています。
    最後のページに「しーっ、、、と言う お休みのメッセージと子供部屋のベッドを見て、お休みの本なのだなあ、、と気付きました。


    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力がある

    「おやすみはたらくくるまたち」の第二弾、ということで読んでみました。
    「はたらくくるまたち」より文字が多いなぁ、という印象です。
    これでは目がさえてしまうかも?
    特に電車好きならなおさら・・・。

    それにしても、車両が一列に並んでいるさまはなかなか迫力があります。
    すごく雄大な感じ。
    このまま夢の世界につれていってくれそう!

    最後に部屋で眠っている男の子が描かれているのですが・・・息子は自分だと思っているようです。(笑)

    掲載日:2016/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃのチャチャチャの世界?!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    寝かしつけによさそうな本です。
    でも、乗り物好きの息子には楽しい気分になってしまって、寝ることはなかったですが。
    たくさんの貨車にいろんな動物が乗っていて、移動動物園?サーカス?と想像を膨らませながら、話は進みます。
    最後のページで、なるほどー!と納得。
    そして、童謡のおもちゃのチャチャチャや、
    ディズニーの映画のような世界がこの子供の部屋でもくりひろげられてるんだなーとわくわくして、また最初から読みたくなるのです。
    2度目以降読んでいくと、またちがった印象で挿絵を見ることができます。
    イキイキしている動物たちがとても可愛らしいです。夢が広がる絵本です。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみなさいの本

    寝かしつけにちょうど良い本を探していて購入しました。
    夜のおはなしなので、絵柄は暗め、でも出てくる動物たちは元気に動き回っていて、文章もリズミカルで楽しい絵本です。
    寝かしつけには苦労していましたが、最後の「ゆっくりおやすみ」のページを見たら寝るという習慣をつけることができてよかったです。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実と幻想のあいだ

    『おやすみ、はたらくくるまたち』を読んで息子が大喜びだったので、続編のこちらも読むのを楽しみにしていました。
    前作はくるまでしたが、今回はでんしゃ。電車にもはたらくくるまはたくさんあります。
    実際のでんしゃなのですが、乗っているのが動物やきょうりゅうなので、なんだかちょうど現実と幻想のあいだにいるような、不思議な感覚で読みました。
    息子もこちらも「ぜったい買う!」と言うので、購入決定です。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳

    幻想的でとても綺麗なイラストで、
    夜寝る前に読むのにピッタリです。

    貨車、ゆうがい車、タンク車、れいぞう車、ゴンドラ車、
    しゃうん車・・・・・・いろんな車両が出てくるので、
    汽車好きな子は喜びそうです。

    たまたまテレビでタンク列車というのが出てきた頃に読んだので、
    タンク車が出てきて喜んでいました。

    掲載日:2014/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いけど、少し詰め込みすぎかな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    この作品のイメージはディズニーのアニメを見ているような感じでした。
    特にイラストを担当されているのが[アヒルだってば!ウサギでしょ!」のイラストレータさんなので、この絵本に登場する動物たちの1つ1つの動きはどれもコミカルで楽しかったです。

    確かに機関車の話だし、機関車にはいろいろな種類の貨車があって、色々な形状のものが運べるんだ。ということが分かる作品でしたが、
    なんというか、登場する動物たちが個性的で面白すぎるせいもあり、機関車の持つべキ魅力のようなものは、あまり感じることができませんでした。
    ……ちょっと詰め込み過ぎかな〜。
    ただ全体の言葉のリズムはいいし、1ページ1ページの世界が楽しいので、楽しければOKという人にはお薦めです。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの機関車

    このお話は動物たちが切り盛りする機関車のお話でした。それぞれの動物が自分の特徴を生かした道具運びをして大活躍でした。日本では見ないタイプの機関車だったのでうちの子は「かっこいい〜!」って言いながら動物たちの機関車を見て楽しんでいました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳7か月の息子が図書館で自ら選びました。

    蒸気機関車にいろいろな形態の貨車がついていて、
    それに動物たちがいろいろ荷物を乗せ込み、最後に動物たちが寝ていくというストーリー。
    夜なので青を基調とした落ち着いた暗めの色彩だけれど、かわいらしい絵が魅力です(だんだんこちらも眠くなってきます。)。

    『おやすみ、はたらくくるまたち』の第二弾だったんですね。
    今回は構成がちょっとちがって、「しー、おやすみ」の台詞が少なかったのがちょっと残念でしたけれど。
    恐竜も登場するなどファンタジー色が強くなったと感じましたが、
    これは、こどものおもちゃの汽車だったんですね。

    息子のくいつきはよく、最初に3回読まされました。

    掲載日:2013/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット