しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ベンジーのふねのたび」 みんなの声

ベンジーのふねのたび 作・絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:わたなべ しげお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784834007800
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,294
みんなの声 総数 21
「ベンジーのふねのたび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 船の旅にでたくなるかも

     なんか見たことあるイラストだな〜と思ったら「どろんこハリー」と同じ作者の絵本なんですね。
     ほのぼのとしたイラストで、元気な犬と犬を大事に飼っている家族の様子が描かれています。
    うちの子供は船が大好きで、まだ一回も乗ったことはないのですが、この絵本を読んで、船の旅がしたくなったみたいです。

    掲載日:2014/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベンジーはしあわせもの♪

    あっ!また、ハリーの人の作品見っけ!
    読んだことあったかな?

    しっかり家族の一員のベンジー

    でも、船旅はだめだって・・・
    さみしそうで
    残念そうで
    かわいそうな雰囲気が

    ところが、大変!!
    大冒険が始まっちゃいます

    ねこのジンジャーとの関係がおもしろいし
    船の人達のやさしさが
    とっても素敵♪

    ベンジーが船が好きな本当の理由を
    知ったら
    どんなにかみんなびっくりするでしょうね

    家族みんななかよしで
    一緒に楽しむのが羨ましいです
    お土産の船を大切にしているのも
    とっても素敵♪

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ベンジー」シリーズ

    「どろんこハリー」が大好きな我が家の子供達。

    同じ作者さんの「ベンジー」シリーズ、初めて読みました。

    「ハリー」と、よく似ていますが、「ベンジー」は、耳が長くて、しっぽが短い茶色のワンちゃんでした。

    ベンジーが船に乗った時は、どうなるのかな〜とドキドキしましたが、お友達も出来て、とっても楽しい旅に。

    他のシリーズも読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい犬のおはなし

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    娘が年中か年長の頃、読みました。
    絵がとてもかわいいです。
    我が家は、幼稚園のときによんであげましたが、もう少し
    小さなお子さんでも楽しめると思います。
    いつも家族と一緒のベンジー。家族が船で旅行することになりますが、
    船に動物を乗せられないため、おるすばんすることになりました。
    預けられたおばさんと港を散歩したときに大きな船を見て、大好きな
    家族が乗っていると思い、ひとりでとびのってしまいます。
    そこから、ベンジーの船の旅が始まります・・・
    子どもは、ベンジーになったつもりで一緒に冒険を楽しみます。
    船旅のあとは、ちゃんとまた同じ港にもどり、大好きな家族のもとへ
    帰るベンジー。
    家族は、ベンジーにちゃんとお土産を買ってきてくれていました。
    最後は、子どももほっと安心して嬉しくなるお話です。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 置いていかないでね

    古本市で置いてあったので買いました。
    絵がかわいいなとおもっていて
    読んでみるととても楽しいです。
    いつのまにか船に乗り込んで
    船の旅をしていしまうなんて。
    アニメみたいに面白い物語。

    最後は飼い主と一緒に船の旅。
    置いてけぼりなんていやですものねー。
    こちらもシリーズがあるみたいなので
    また読んでみたいな。

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 留守番はさみしい

    家族の夏の船旅に置いてけぼりにされたベンジーが、間違って他の船に乗ってしまい、大冒険する話です。

    色々な人や猫との出会いがあって、はらはらしますが、最後には無事に港に着き、家族のもとに帰ることができて安心です。

    ただ、息子にはまだ早いように感じました。事件はわかりやすいのですが、絵本の大きな関心がベンジーの心の動きにもあり、息子には、それを絵本から感じ取るのはまだ難しいようでした。もっと大きくなってから試してみたいと思います。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公

    表紙の絵に魅せられたのでこの絵本を選びました。主人公の表情が愛らしいのでうっとりしました。自分の気持ちに正直な主人公がかっこよかっったです。だめだと言われても行動して不可能を可能にしてしまうところがすごいと思いました。私も主人公のように強い意志を持ちたいと思いました。旅に出たくなりました。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    本屋さんで表紙を見て
    自分も小さい頃に読んだことある!と記憶がよみがえり手にとりました。
    本ってすごいですね。
    それまで全く覚えていなかったのに表紙だけで…

    けっこう長いお話ですが次々に場面が出てきてあきません。
    絵もどろんこハリーと一緒の方が書いたもので
    かわいらしくとっても好きです。

    やけに黒い固そうなハンバーグが印象に残っていて
    懐かしく思いながら息子に読み聞かせをしました。

    大好きな1冊です。
    男の子にも女の子にもお勧めです。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏にぴったり!

    船に乗ったことのない3歳の息子。
    この本で、ベンジーと一緒にお船の旅に出発です!

    甲板や、船長室、厨房、コックさん、マスト。
    描かれる風景は全て船の中。
    いつか本当に船に乗るときのために、しっかり予習ができました!

    そして、猫のジンジャーとの出会い。
    最初は追いかけられてばかりだったのが、
    最後にはベンジーの活躍で、
    ベンジーが去るときは見送りをしてくれるほどの仲に。

    ベンジー、お船に乗れただけじゃなくて、
    お友達もできてよかったね!

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラドキドキ

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    ベンジーが船に乗りこんだときは、どうなるのだろう??とドキドキしました。ストーリー展開がしっかりしていると思います。いっしょに冒険している気になれますよ!

    シリーズの他の本も読んでみたいです。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット