メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

ゆっきんぐさんの公開ページ

ゆっきんぐさんのプロフィール

ママ・40代・静岡県、男の子13歳 男の子11歳

自己紹介
絵本の楽しさは、幼稚園での読み聞かせボランティアを始めてから、ますます感じるようになりました。
長男が入学して、学校での読み聞かせにも、毎回苦戦しながら?参加しています。
この絵本ナビでも、素晴らしい絵本たちに出会えるのが楽しい毎日です。
そして、子供たちと楽しい時間を共有できるのが幸せです。
好きなもの
ものではないけど、松田聖子ちゃんが昔から大好き♪
息子たちが昔のナンバーを熱唱できるほど大好きです(笑)

ゆっきんぐさんの声

311件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 食べました!  掲載日:2012/12/5
オムライス ヘイ!
オムライス ヘイ! 作: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
武田さんの、このクッキングのシリーズ、子供たちも大好きです。

そういえば最近、チャーハンは作るけどオムライスやってなかったな〜と思い、読んでから妙に食べたくなって作りました!

本のなかの、卵をフライパンに入れてからのところがすごく好きです。
「しょうぶだぞ」「きんちょうだ!」まさにそうなんですよね。
成功した時の「てんさいだ!」よく自分でも思います(笑)

とても単純な絵本なのですが、お母さんも楽しめるかなって思います。
そして翌日図書館で息子が、子供向けのクッキング本を見つけて借りた
のが、また嬉しく思いました。絵本から、料理へ。そして一緒に作って達成感!こんな風にひろがるのは絵本の魔法?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私も増やしたい!(笑)  掲載日:2012/12/5
36人のパパ
36人のパパ 作・絵: イアン・リュック・アングルベール
訳: ひろはたえりこ

出版社: 小峰書店
我が家に娘はおりませんが、
休日のパパは、激しく息子たちに駆り出されてます。

パパが疲れていても、子供にはお構いなし!
だってうれしいもんね、パパがいると。
遊び相手だもんね(笑)

こんな風に、してほしい事につき一人づつ(時には数人)パパが増えてくれたら、私も家事とかいっぱい手伝ってほしい〜〜☆
と、想像していたら、だんだんなんだかちょっぴり嫌かも・・・なんて思ってしまいました(笑)

そんなにいらない!やっぱ、うるさいかも!なんて。

そしたらレビューに、36はフランス語?で「うるさい」とか、ちょっと悪い意味での「たくさん」という意味だとあって、すっごく納得できました!
パパ ごめんね!(笑)

最後はもう一度ページをめくりなおして、パパ大丈夫だったか確認してしまいました〜☆ 
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まさかの主役!  掲載日:2012/12/5
ふようどのふよこちゃん
ふようどのふよこちゃん 作・絵: 飯野 和好
出版社: 理論社
我が家の息子が、飯野さんの絵本が好きなので、
この絵本も借りてみました。

「おならうた」の大ファンなので、ふよこちゃんがプッとおなら
したとたん、「いもくって ぶ」などと歌い始めてしまいました(笑)

この絵本は、豊かな自然のありがたさを理解し始める頃に、すごく
響くのでは?と思います。
年長の息子には、多分メッセージはちゃんと伝わらなかったかも。
2年生の息子は、なんとなく感じたかな?

しかし まさか「腐葉土」が主役になるとは!
後書の、腐葉土をおにぎりのように握って、においをかいだというエピソードは、なんだかとても素敵なものでした。
息子たちは、お花を植える時や野菜を植える時に腐葉土を混ぜるくらいです。
自然のなかで、腐葉土の湿ったにおいがするのを感じる経験を、ぜひさせてあげたいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ネコさん・・・  掲載日:2012/12/4
ぶどう畑のアオさん
ぶどう畑のアオさん 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
年長の息子が幼稚園で読んでもらった本です。

馬場さんの絵本は 子供たちとっても好きですね。

個人的には、まず「アオさん」って名前と、表紙にちゃっかりいる
あの「ネコさん」!!
11匹のねこを匂わせる!?・・・すごい惹かれました。

この中でも、やっぱりネコさんはあのキャラです。
なんだかちょっぴりずるくて、賢くて、間抜けな感じで。
アオさんは、とっても落ち着いた感じでネコさんとは反対な感じ。

でも、最後に「オオカミさんも一緒に食べればいいのにな」って
優しい面を忘れない、素敵な絵本でした。

「今度はオオカミさんも誘ってあげよう」
って思ってるね!と、最後のページを見ながら息子が言っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっと長いかなぁ  掲載日:2012/11/15
あくたれラルフ
あくたれラルフ 作: ジャック・ガントス
絵: ニコール・ルーベル
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
「あくたれ」って言い方が、とってもピッタリです、ラルフ!

「いたずらラルフ」じゃ、多分手に取らなかったかも。
「あくたれ」って言葉にとてもインパクトがあります。
そしてそのあくたれぶりも、ホントにあくたれです。
子供はそんな思いもよらないわる〜い事に大笑いです。
でも笑いながらも時折ハラハラするような・・・

途中までは良かったのですが、終わりにかけてちょっと長い
なぁって正直思いました。
キレが良くないっていうところで☆1個減らしたかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あ〜〜!!!!  掲載日:2012/11/9
ざぼんじいさんのかきのき
ざぼんじいさんのかきのき 作: すとう あさえ
絵: 織茂 恭子

出版社: 岩崎書店
勢いで 自慢の柿の木を切ってしまった場面で
思わず私が「あ〜〜!!」と言ってしまいました。

ざぼんじいさん まあばあさん
名前もなんだか面白い二人です。
ざぼんじいさんの意地悪に、気付かないのか気付いているのか、
笑顔でオモシロアイディアに変えて楽しんじゃう まあばあさん。
だんだんエスカレートしていくざぼんじいさんに、内心ハラハラ
しながら大人の私は読み進めました。

今度新しい木に実がなったら、みんなで仲良く楽しく美味しく、
ざぼんじいさんの柿の木を楽しんで欲しいですね。

年長の息子のお気に入りの秋の絵本のようです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい んんん!?  掲載日:2012/11/9
ヒギンスさんととけい
ヒギンスさんととけい 作・絵: パット・ハッチンス
訳: たなかのぶひこ

出版社: ほるぷ出版
6年生の読み語りの時間に持参しました。

ヒギンスさんが、家じゅうの時計の時刻が違う!と、何度も確認するのですが・・・

読み進めていくうちに、6年生の目が泳いでいました。
「移動しているうちに、時間が進んでる」ことに気付いた子はどのくらいいたのかな?って感じで、その反応が楽しかったです。

小学校低学年から楽しめるかな?って思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 秋にピッタリですね  掲載日:2012/11/9
さつまのおいも
さつまのおいも 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
息子たちが読み聞かせで聴いて、とても好きな絵本です。

遅ればせながら私も読んでみました。

子供たち、大ウケ大笑い。

いも掘りが、子供たちとおいもたちとの綱引きだっていうところ
が、「なるほど!!!」とすごく気に入りました。
こういう発想って、素直にココロに入ってくる感じがして、きっと
子供たちがお芋掘りに行くときにウキウキするんじゃないかな〜と
気持ちが温かくなりました。

小学校低学年までは確実に?笑います。(笑)
ぜひ 秋にはお約束の1冊で読んで欲しいなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 表紙のステッカー  掲載日:2012/11/9
どうぶつにふくをきせてはいけません
どうぶつにふくをきせてはいけません 作: ジュディ・バレット
絵: ロン・バレット
訳: ふしみみさを

出版社: 朔北社
表紙に、「動物が動物のオシャレについて考える会」ってステッカーが貼られているんです。
しかも英語で 「NONSENSE BOOK」・・・ナンセンスなんです。

うちの柴はもちろん服なんて着せられたことないです。
でも実家で飼っていたパグには、金太郎みたいなのを着せてみた事が
あって、妙に滑稽で、かわいいんだけど「ごめん、変な事して」って
気持ちになったりしたのを思い出しました。

わんちゃんくらいなら、まぁいいのかな。

でもこの絵本に登場する動物たち・・・実際にないとは言えないオシャレもありました。それを実際見て、笑ったりしてる自分(人間)・・・
う〜〜〜ん・・・

と、色々考えちゃうんですが
着せられた服に困惑したりおかしな事になってる動物を、丁寧に描いて
あるのをみるだけでも素直に面白い(若干 切ない)です。
子供には 大ウケでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オモシロ怖い!  掲載日:2012/11/9
しにがみさん
しにがみさん 作・絵: 野村 たかあき
監修: 柳家 小三治

出版社: 教育画劇
小学校の読み聞かせの落語絵本を探していてみつけました。
全ページ試し読みできて嬉しかったです。

ラストのオチ・・・
絵もいいです。ヒャッと息を飲んでしまいました。
これ、うまくページをめくってあげないと、しらけちゃう!
面白いお話なのですが、怖いです。
自分が主人公だったら・・・

高学年に読む予定ですが、低学年の息子も好きそうです。
参考になりました。 0人

311件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • 旅する風
    旅する風
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    そよ風、海風、天空の風、絵本のなかを風がふきぬける…。新宮晋のポップアップ絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット