話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ウラジミル・レーベデフ(うらじみるれーべでふ)

ウラジミル・レーベデフ(うらじみるれーべでふ)

お気に入りの作家に追加する

ウラジミル・レーベデフさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

しずかなおはなし

しずかなおはなし

作:サムイル・マルシャーク  絵:ウラジミル・レーベデフ  訳:内田 莉莎子  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,210  
発行日:1963年12月  ISBN:9784834000177
三びきのくま

三びきのくま

作:レフ・トルストイ  絵:ウラジミル・レーベデフ  訳:内田 莉莎子  出版社:偕成社  税込価格:¥1,540  
発行日:1989年  ISBN:9784033282909

2件見つかりました

ウラジミル・レーベデフさんの作品のみんなの声

  • ハリネズミ家族の針のお話し

    静かに歌でも口ずさんでいるようなお話です。 ハリネズミの針はどうして付いているのでしょう。 こわいオオカミたちに襲われても、丸くなって身をまもる姿が印象的です。 オオカミが今のロシアのように思え・・・続きを読む

  • くまの絵がリアルです

    お馴染みの”三びきのくま”です。 表紙の三びきのくまが、リアルな絵なのですが、真ん中のくまの あかちゃんくまが、なんか可愛かったです。 おとうさんくまは、ミハイル・イワーノビッチ。・・・続きを読む

  • 伝わってくる

    いろんな作家さんが描かいているので、子どものころから、なじみのあるお話です。が、レーベデフの絵ははじめてだったので、新鮮でした。 ロシアに行ったことはないけど、雰囲気が伝わってきます。すばらしい絵で・・・続きを読む

  • 原作に近い本でしょうか

    この絵本で印象的なのは、三びきのくまさんの食器や家具が説明的に描かれていることでしょうか。 個性的に描かれていることに、不思議な面白みを感じました。 お話で印象的なのは、お父さん、お母さん、ぼうや・・・続きを読む

  • お父さん熊、怖い。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘の大好きなお話。 「このおはなしすきなんだ〜」と読み始めた娘でしたが、 なんか、お父さんクマもお母さんクマも、 リアルに怖い。 こぐまちゃんは小さい分、怖くはないけど、 でも怒っ・・・続きを読む


2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
     出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット