宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

森田竜義

森田竜義

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ふきのとう

ふきのとう

作:甲斐 信枝  監修:森田竜義  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:2004年01月10日  ISBN:9784834019636

2件見つかりました

森田竜義さんの作品のみんなの声

  • 身近な植物を知る

    ふきのとうというと、春を告げる花としてよく聞きますが、実際にはあまり見たことがありません。 そんな植物をこうやって本で知ることが出来るのは、興味をもって、道歩きが出来るように思うので良いなと思います・・・続きを読む

  • 親子で読みたい1冊。

    「ふきのとう」、今の子供はあまり知らないかも知れませんね。 実際に親の私も、なかかな「ふきのとう」を使った料理をすることはなく。 日本らしい植物の1つなので、親子で読むのもいい絵本に思いました。・・・続きを読む

  • よくわかります

    ふきのとうについて、よく知らないので読んでみました。 細かいところまでリアルに描かれた絵にひきこまれました。 めすふき、おすふきがあること、地下茎のことなど、ふきのとうについて、よくわかります。と・・・続きを読む

  • 今日 お店でふきのとうが並んでいました 春を告げる ふきのとう  てんぷらにして食べると おいしい はるの 味がいっぱい 口に広がります 雪の下から見つけた ふきのとう  感動します かが・・・続きを読む

  • 春を知らせる花

    春先に見つけて天ぷらにするととても美味しいふきのとう。春を知らせてくれる花ですが、きちんと知らなかったなぁと、この絵本を読んで感じました。 雪の中から顔を出して、つぼみをつけて、花開く。そんなふきの・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

全ページためしよみ
年齢別絵本セット