季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
森 環(もりたまき)

森 環(もりたまき)

お気に入りの作家に追加する

森 環さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

本屋のミミ、おでかけする!

本屋のミミ、おでかけする!

著:森 環  出版社:あかね書房  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2020年05月15日  ISBN:9784251011084
ぼくのドラゴン

ぼくのドラゴン

作:おのりえん  絵:森 環  出版社:理論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2018年02月  ISBN:9784652202517
靴屋のタスケさん

靴屋のタスケさん

作:角野 栄子  絵:森 環  出版社:偕成社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2017年06月26日  ISBN:9784035285205
  ためしよみ

3件見つかりました

森環さんの作品のみんなの声

  • 成長を応援したくなる1冊。

    地下の本屋さんで働く読書大好きな女の子のお話です。 この女の子ミミは、外に出るのが怖くて外に出たがらないのです。 しかしあることから外に出ることに。 主人公の成長を応援したくなる、そんな1冊です・・・続きを読む

  • 赤い靴

    角野栄子さんの作品というので、読もうと思いました。 靴屋のタスケさんと、おかっぱ頭の女の子の交流を描いたお話。 戦時中のお話なのですが、悲惨なシーンがあるわけではありません。 でも、ラストはとて・・・続きを読む

  • 戦争が奪うもの

    戦争が奪うもの。それはi命だけでなく平和な日常の小さな営みだ。赤い靴の話をわたしに語った時の「まだ平和な時だったな」が切なく響く。 戦争のむごたらしさ、悲惨さを詳細に克明に描いている訳では決して・・・続きを読む

  • 心に残る作品です。

    私は孫がいる おばあさんですが 戦後 高度成長期に生まれ育ち、 戦争のあった時代のことは 話を聞いたり テレビや本、新聞などで 伝え聞いた世代です。 この本は 絵童話、子供向けの本かもしれま・・・続きを読む

  • 戦争

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    9月2日、くつの日で絵本ナビさんで紹介されていたので読んでみました。 女の子と靴屋のタスケさんの交流のお話。 戦争が背景にあって、やがてタスケさんは…。 その後、女の子が成長して。 靴の音とか・・・続きを読む


2月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット