もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

いながき みはる

いながき みはる

稲垣美晴(いながき みはる)
東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。ヘルシンキ大学留学後、留学体験記『フィンランド語は猫の言葉』を著し、フィンランド文化紹介の先駆けとなる。東海大学文学部北欧学科で12年間教鞭をとった後、フィンランドに特化した出版社、猫の言葉社を設立。フィンランドの絵本の翻訳多数。

関連する著者

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

31件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

いながき みはるさんの作品のみんなの声

  • 北欧の香り

    子ウサギのヌップが、隣に引っ越してきたこぎつねのバルデマルと仲良しになります。 でも、お互いの両親は、心配して、仲良くしてはいけないと言って。。。 内容はどこかで聞いたお話みたい?と思ったのですが・・・続きを読む

  • クリスマスの準備期間

    わたしの妹が子どもだった頃に、 この作家さんの絵本に夢中になっているのを横目で見ていました。 妹いはく、「細かいところまで書き込まれているところに心惹かれた」 とのこと。なるほど・・・。 たし・・・続きを読む

  • 小さな妖精たち

    ヌンヌは、眠る人のお手伝い ホップは 起きる人のお手つだい  モックはなにをする子かな?ちょっとおこりんぼうのへそ曲がりのようです。 色合いと絵の形が、お国柄でしょうか。 とても洒落ていて素敵で・・・続きを読む

  • 人間臭い

    5歳の息子と読みました。 フィンランドの小人の話をたくさん集めたもの。 日本でいうと、座敷童と似ているのかな? ちょっと人間臭い(感情起伏の激しい)トントゥが、 生き生きと描かれていて、おもし・・・続きを読む

  • 一年中

    大人の私が読んでもわくわくしたので、クリスマスプレゼントを楽しみにしている子どもなら、一層楽しめると思います。 サンタクロースや小人たちの一年を描いている物語なので、「いまごろは……」と、一年中、い・・・続きを読む


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット